オールスター前最終戦 - バックス戦【NBA_Pacers】

2020年02月13日 14:27

ヤニスがお子さん誕生でお休みだったバックス戦。
彼がいなくても5勝0敗と強さに変わりはない今シーズンのMIL。

試合開始直後、オラディポがロペスからテイクチャージ。
オラディポからのアシストでドマスが決めるという、攻守で
いきなり存在感を見せるオラディポ。

すると、ウォレンが6連続得点。
ディフェンスからのファストブレイクが出たり、その後もINDがどんどん
点を重ねて11-26となりました。前半残り4分の時点でスターターが全員得点。
ターナーはアグレッシブに攻めたり、ディフェンスを避けてのロングミドルを
決めたりおろおろしている感じはありませんでした。

セカンドユニットの時間に移行すると、ジャスティン、マクダーモットが
連続で3PTを決め、ラムも2点を追加。20-34という幸先の良いスタートを切りました。

第2Qから終盤にかけてはまだ観れていないので割愛。

気付いた時には4点差まで詰められていましたが、
ブログドンがラムとウォレンの2本の3PTをアシスト。
更に自らFTを2本決め、ミドルも追加で86-100とリード。

残り6分あったので全く安心できませんでしたが、
MILの追い上げを何とかかわしていくIND。

残り1分半には再び9点差まで詰め寄ってきましたが、
相手のトラップディフェンスの裏を上手く突いて
ウォレンが得点を重ね続けます。

思った以上に粘られましたが、111-118で無事勝利。
オールスター休暇前に連敗を6で止める事に成功。

今日は何と言ってもFG16/19で35ptsをたたき出したウォレン。
7rebに加え、4stlも素晴らしかったです。
厳しい状況でのフローターはもはや彼の代名詞。

ターナーは14pts、10rebとクラッチタイムのブロックを
含む2blk。

ブログドンも17ptsに加え、13astで終盤よくパスを捌いてくれました。
ラムがベンチから13pts、オラディポは29分で13ptsと得点はそこまで
伸びてきていませんが、FGは5/7と大分改善されています。

ヤニス不在ではありましたが、第1Qの最初以外MILに一度も
リードを奪われることなく勝利。最後はもしかしてまた、、、という
想像もしましたが、ドマスも気分良くオールスターにおでかけできる事でしょう。

MIL 111 - 118 IND

6連敗 - ネッツ戦【NBA_Pacers】

2020年02月13日 13:19

勝てそうだったのに最後の最後で取りこぼし。
決めたディンウィディーは偉い。

最後2回チャンスがあったのに決められなかったINDが悪い。

2回のチャンスというか、残り3.8秒、
まだファウルに余裕のあったBKNという場面でのINDのインバウンドの場面。

トップでオラディポが持ち、ドライブを仕掛けた所でファウル。

残り2.7秒に減り、もう一度インバウンドから。
ドマスが受取り、ブログドンに渡して3PTを打ったものの、
ディフェンスを振り切れてない為、ブロックに寄ってきていて
完全な状態でシュートを打たせて貰えず。

何とも煮え切らない終わり方で6連敗となりました。

ドマスは4度目のトリプルダブルを達成。
この前初めて達成したのに急に覚醒したようです。

BKN 106 - 105 IND

ウォレン復帰のペリカンズ戦【NBA_Pacers】

2020年02月09日 12:08

脳震盪からウォレンが復帰
連戦の為オラディポ休養
ホリデー3兄弟勢揃い
ランスインディアナに観戦に来る

特にランスへはトリビュート映像が流れるという
激レアな所が1番の見どころでした。

ファンは見守るだけ。

NOP 124 - 117 IND

リベンジマッチ - ラプターズ戦【NBA_Pacers】

2020年02月08日 12:38

先日のアウェイに続いて今度はホームでラプターズ戦。
オラディポが今シーズンホームで初のスターターとなり、
出だしから復調した様子。

しかし簡単に得点を重ねていくTOR。
3PTもよく決められていきますが、ついていくIND。

今度こそ倒せるかと思いましたが、
終盤に力の差が出て敗北。
4連敗。6試合で5敗という厳しい状況となります。

明日はペリカンズ戦がありますが、オラディポは連戦は避けるので
欠場。脳震盪のウォレンが戻れるかどうかが鍵になりそうです。

TOR 115 - 106 IND

19-20シーズントレード情報【NBA】

2020年02月06日 13:19

今年はほぼ動きがなく静かですが、気付いた時に 追加していこうと思います。

ジャズ - キャブス
 UTA Jordan Clarkson
 CLE Dante Exum / 22年2巡目 / 23年2巡目
-----
ホークス - ウルブズ
 ATL Jeff Teague / Treveon Graham
 MIN Allen Crabbe
-----
ブレイザーズ - キングス
 POR  Trevor Ariza / Wenyen Gabriel / Caleb Swanigan
 SAC  Kent Bazemore / Anthony Tolliver / 2巡目 2つ
-----
サンダー - マブス
 OKC  Justin Patton
 DAL  Isaiah Roby / Cash
-----
ウォリアーズ - マブス
 DAL  Willie Cauley-Stein
 GSW  20年2巡目
-----
ロケッツ - ウルブズ - ホークス - ナゲッツ
 HOU Robert Covington / Jordan Bell / 24年2巡目
 MIN Malik Beasley / Juancho Hernangomez
    Evan Turner / Jarred Vanderbilt / 20年1巡目
 ATL Clint Capela / Nene
 DEN Shabazz Napier / Keita Bates-Diop
    Noah Vonleh / Gerald Green / 20年1巡目(HOU)
-----
ホークス - キングス
 ATL Dewayne Dedmon / 20年、21年2巡目
 SAC Jabari Parker / Alex Len
-----
シクサーズ - ウォリアーズ
 PHI Alec Burks / Glenn Robinson III
 GSW 20年2巡目 / 21年2巡目 / 22年2巡目
-----
ヒート - グリズリーズ - ウルブズ
 MIA Andre Iguodala / Jae Crowder / Solomon Hill
 MEM Justise Winslow / Dion Waiters / Gorgui Dieng
 MIN James Johnson -----
クリッパーズ - ホークス
 LAC 22年2巡目
 ATL Derrick Walton Jr.
-----
ロケッツ - グリズリーズ
 HOU Bruno Cabocle / 2巡目
 MEM Jordan Bell / 2巡目
-----
ホークス - ブレイザーズ
 ATL Skal Labissiere / Cash
 POR 24年2巡目
-----
マジック - シクサーズ
 ORL James Ennis III
 PHI 20年2巡目
-----
ウルブズ - ウォリアーズ
 MIN D'Angelo Russell / Jacob Evans / Omari Spellman
 GSW Andrew Wiggins / 21年1巡目(Top3プロテクト) / 21年2巡目
-----
キャブス - ピストンズ
 CLE Andre Drummond
 DET John Henson / Brandon Knight / 23年2巡目
-----
クリッパーズ - ニックス - ウィザーズ
 LAC Marucus Morris / Isaiah Thomas
 NYK Maurice Harkless / 20年1巡目 / 21年2巡目 / 21年1巡目スワップ
 WAS Jerome Robinson
-----
ナゲッツ - ウィザーズ
 DEN Jordan McRae
 WAS Shabazz Napier
 

適材適所 - ラプターズ戦【NBA_Pacers】

2020年02月06日 12:12

復帰4試合目にしてオラディポがスターター復帰。
ドマスとの合わせで最初の得点を取るなど、幸先の良いスタートを
切りましたが、TORペース。

セカンドユニットのおかげでリードを作りましたが、
第3Qの出だしに失敗し、ゲームクロージングにも失敗。

TORのディフェンスが良いのもありましたが、
タフというより恥ずかしい敗戦でした。

ジャスティンとマクダーモットは最高の仕事をしましたし、
ドマスのTDとブログドンの得点は良かったのですが、二人で11TO。
チームでも18TOと酷い有様。

残り3分で二桁リードしていたのに
そこから2-14で逆転負け。
スーパージェットコースターゲームでした。
ブログドン最後は打ってよ・・・

レフリーが仕事をしない両者にとっても酷い試合でしたが、
こういう試合を取るのが流石のチャンピオンチーム。

オラディポはまだまだですが、やはりスターターの方が
やりやすそうです。今はまだクロージングのディフェンスで
無理にオラディポを使う必要がないようにも見えますが、
ウォレンの不在というのは結構響くようです。

オラディポが持って残り5秒位でドマスへパスっていうのが
何度かありましたけど、即シュートにいけるパスならいいのですが、
そこからポストプレイはじめるのであれば、もう少し早く渡さないと。

自分が打つ事に執着しないというのは良いのですが、
もうちょっとスムーズにチームオフェンスに絡めていけると
良い気がします。

IND 118 - 119 TOR

オラディポ復帰3戦目 - マブス戦【NBA_Pacers】

2020年02月05日 10:45

前の試合でようやく全員揃ったと思ったら
ウォレンの脳震盪でスターティングSFが離脱。
彼の穴を埋めるのはかなり厳しかった、というマブス戦。

DALもドンチッチが不在でしたが、ポルジンギスが奮闘。
試合前にドマスと笑顔で会話したかと思えば、ジャンプボールで
ボールよりも早く飛んでしまい、ターナーと笑い合うなど、
いい人感が満載でしたが、ゲームに関しては鬼でした。

ドンチッチが抜けても良い試合をしているという話は
聞いていましたが、ポルジンギスとかTHJが脇役に徹していられて
いざという時はドンチッチの代わりにいつでもいける、
という戦い方は素晴らしい。

INDもオラディポ不在時にウォレンやドマス、ブログドンが
やってくれていたような戦い方をしています。
更にDALは3PTが得意。

オラディポのシュートタッチが戻らないなか、点差的には
よく戦ったかなと思いますが、ディフェンスでもうちょっと
自分達のペースを掴みたい所です。

DAL 112 - 103 IND

オラディポですが、ベンチからのスタート、短い時間での戦い方に
苦戦している模様。こういったセカンドユニット事情を知ることで
チームメイトに対する想いも変わってくるのかもしれません。

また24分から28分程度まで制限時間を増やせるかもしれないという話と、
オールスター前にスターターに復帰する可能性も0ではなさそうという
嬉しい話も出ているようです。



New