各チームのロスター再調整【NBA】

2020年06月30日 15:24

シーズン再開に向けて各チームのロスター調整の時期となりました。
まず選手個人がフロリダキャンパスに参加するかどうかの締め切り(現地6/24)があり、
その次にチームのロスター確定の締め切り(現地7/1)があります。

BKN
 Tyler Johnsonと合意
 Theo Pinson ウェイブ
 Spencer Dinwiddie 新型コロナウイルス陽性
 DeAndre Jordan 新型コロナウイルス陽性、再開シーズン不参加
 Justin Anderson 契約
 Wilson Chandler 再開シーズン不参加

CLE
 Andre Drummond 20-21シーズンの28.75Mのプレイヤーオプション行使
 Jordan Bell 2年契約
 Dean Wade 2way契約から複数年契約へ移行

DAL
 Trey Burke シーズン終了までの契約で合意
 Willie Cauley-Stein 再開シーズン不参加

DEN
 Nikola Jokic 新型コロナウイルス陽性 セルビア滞在で渡米延期

HOU
 David Nwaba 2年契約に合意

IND
 Victor Oladipo 再開シーズンは怪我の様子を見て決める
 Justin Holiday 再開シーズンに出場するか考え中
 Gerald Green 獲得の噂
 Malcolm Brogdon 新型コロナウイルス陽性

MIA
 Derrick Jones Jr 新型コロナウイルス陽性

MEM
 Anthony Tolliver 残りのシーズン契約に合意

LAC
 Joakim Noah 2年契約

LAL
 Avery Bradley 再開シーズン不参加
 JR Smith 残りのシーズン契約へ

PHI
 Ryan Broekhoff 契約へ

POR
 Trevor Aliza 再開シーズン不参加
 Jaylen Adams アリーザの代わりに契約の可能性

SAC
 Corey Brewer 残りのシーズン契約に合意
 Jabari Parker 新型コロナウイルス陽性
 Alex Len 新型コロナウイルス陽性
 Buddy Hield 新型コロナウイルス陽性

SAS
 Tyler Zeller 残りのシーズン契約に合意
WAS
 Davis Bertans 再開シーズン不参加

再開シーズンのスケジュール確定【NBA_Pacers】

2020年06月28日 21:56

およそ1ヶ月後に再開する19−20シーズンの
8試合のスケジュールが確定しました。
全て現地時間です。

8/1 PHI 19:00
8/3 WAS 16:00
8/4 ORL 18:00
8/6 PHX 16:00
8/8 LAL 18:00
8/10 MIA 20:00
8/12 HOU 16:00
8/14 MIA 未定

連戦が1回でレイカーズ戦がTNT放送、ロケッツ戦がNBA TVでの
放送予定とのこと。FSIでの放送の方が嬉しいので6試合も
デナリさん&クインコンビで見られるのが嬉しいです。

ルイス・スコラ、ヴァレーゼと契約で現役続行

2020年06月27日 03:52

引退も視野に入れていたというルイス・スコラが
イタリアのパラカネストロ・ヴァレーゼと合意したとのこと。

正式発表はまだですが、これは朗報です。

現役を続行しただけでなく、東京オリンピック参加が
大きく影響しているようです。

本来であれば1ヶ月後に東京オリンピックが開催されるはずだったのですが、
なんとか来年実施してもらえれば嬉しいです。

何はともあれ、まだスコラがプレイするところを見らえるというのは
嬉しいです。Bリーグでのスコラも見てみたかったですが贅沢は言いません。

おそらくラストイヤーになるであろうスコラのこの1年。
最後はオリンピック金メダルで有終の美を飾ってもらいたいです。

Vamos Luifa!

短縮シーズンに始まり短縮シーズンに終わるビンス・カーター【NBA】

2020年06月26日 13:51

自分がNBAを本格的に見始めた98−99シーズンの
ルーキーだったビンス・カーター。
最初はダンクのすごい人という印象が強すぎたけど
こんなに息の長い選手になるとは思いもしませんでした。

ロックアウトの影響で50試合の短縮シーズンに
デビューを果たしたカーター。ラプターズ、ネッツ、マジック、
サンズ、マブス、グリズリーズ、キングスを経て最後はホークス。
22シーズンという長い旅路に終止符が打たれました。

ホークスがプレイオフ圏内であればまだその姿を見ることが
できたというのは残念でなりませんが、
90年代、00年代、10年代、20年代という4つの年代をまたいで
プレイを続けた偉大なプレイヤーとなりました。

カーターはアメリカ代表としてさいたまスーパーアリーナで
来日した時に観戦できたのと、2001年12月19日
インディアナでペイサーズ対ラプターズでその姿を見ることができました。

102対90でTORが勝利した試合で、
カーターは45分に出場し、23pts、3reb、6astの活躍でした。

当時のTORにはアントニオ・デイビスもいて、
この試合では出場しませんでしたがあのオラジュワンとデル・カリーも
所属しておりました。

1998年ドラフトは個人的にも思い入れが強く、
ジェイソン・ウィリアムス、ダーク・ノビツキー、マイク・ビビー、
ポール・ピアースというスターが多く誕生した組でもありました。
最高額さんなんていうあだ名のついたラシャード・ルイスも
この年のドラフトだったようです。すっかり忘れていましたが。

ビンス・カーター、お疲れ様でした。
規格外のダンクと衝撃を与えてくれてありがとうございました。

ブログドンがコロナウイルスに感染【NBA_Pacers】

2020年06月25日 08:05

昨日はヨキッチがコロナウイルスに感染していた事が明らかになりましたが、
ペイサーズのマルコム・ブログドンも陽性と発表されました。
何事もなく復活できることを願うのみです。

ブログドン
「調子も良いし、経過も良好だ。
 (許可がでたら)シーズン再開とプレイオフの為にオーランドに
 行ってチームメイトに合流するつもりだ。」

ヨキッチ以外にもサンズや他の西のチームにも感染者が出たという
ニュースもありましたが、再開に向けての検査でもっと増えてくるかもしれません。

チームとしても何かあった時の為のロスター再構築が
必要になってくるかもしれません。

INDはジェラルド・グリーンに興味を持っているという話がありましたが、
ここでもう一回ランスとかないですかね。。。

ジョージ君再来【NBA_Pacers】

2020年06月24日 10:51

何度目か分からないこれ関連の記事。
元インディアナ・ペイサーズのスーパースター、次世代スーパーエース、
ミスターNBA、ミスターインディアナ(これくらい言っておけば満足ですか?)
のポール・ジョージさんがまたペイサーズに対して何か言っているそうです。

最早記事の内容を確認する気も起こりませんが、
ADの様なPFのスーパースターを読んでくれれば僕は・・・
という内容で合ってますかね?

どういった経緯で今回の記事が出て来たのか分かりませんが、
まだ言う?

今のLACで満足しているんではないですか?
今更あの時フロントは勝とうとしてなかったとか言われても
あなた移籍先のOKCで再契約したのにそれすらもふいにしたじゃないですか。

そもそも「僕ちゃんPFやりたくない。マイルズ(CJ)兄ちゃんやって。」
って職場放棄した上に「俺が勝たせる」ではなくて
「強い相棒がいてくれたら勝てる」ってそりゃないわ。

そんなに未練たらたらなら戻って来れば?
と思ったけどあれこれ喋られて迷惑掛かりそうなので他で頑張って。

プレイヤーとしては今も一流だけど、今はもう魅力を感じない選手。
でもインディアナにいた頃に君はとても輝いていたよ。
OKCファンの為にもLACファンの為にもあまり口を開かない方がいいと思う。

INDファンは今のペイサーズに満足丼です。

ペイサーズファンを辞める時【NBA_Pacers】

2020年06月19日 12:24

コロナウィルスの影響でシーズンが中断され数ヶ月。
本来であればNBAファイナルが終了し、ドラフトに向けてのワークアウトなどが
開始されている頃。
昨年の今頃はサンズからTJウォレンをトレードで獲得していたり、
オフシーズンでありながら色んな情報が行き交っていました。

しかし今シーズンは何もないままNBAから離れる時間が増え、
ほとんど情報収集もしない数ヶ月がありました。

シーズン再開の見込みが出始め、実際に動き始めると
また、ワクワクし始めました。

その時に思ったのが何を持ってペイサーズファンなのかと言う事。

ファンとなったきっかけは紛れもなくレジー・ミラーの影響。
かれこれ20年になるそうですが、ミラー引退後の数年はNBAから離れていたのも事実。
ダニー・グレンジャー苦労時代にまた再開し始めた訳ですが、
レジーがいなくなってからまた再燃した個のペイサーズ愛はどこまで続くのでしょうか。

考えられるファンを辞める事になる要因。
1.好きな選手がチームを去った時、引退した時
 上にも書いた通り、レジー引退後に一度観るのを辞めているので半分正解。
 しかし、その後ダニー、PGが去ってもペイサーズファンを辞める事はなく、
 むしろ毎年好き度が上昇していっている状態。
 その為、今のお気に入りのオラディポが去ってもペイサーズファンを辞める事はなさそう。
 ゴガもまた然り。

2.フロントやコーチ陣が変わった時
 インディアナのボス、ドニー・ウォルシュはGMの座を離れても
 試合を観に来てくれているし、ラリー・バードが社長でなくなっても
 そこまで影響はない状態。
 オーナーのサイモン氏がチームを手放した時も、チームが存続するのであれば
 寂しさこそあれ、ファンを辞める程の問題とはならなさそう。

3.プレイヤー・チームメイトが不祥事を起こした時
 程度にもよりますが、乱闘で優勝を狙えるシーズンを壊されても
 ファンが続いているので大丈夫そう。お薬に関してもプレイヤーに対して
 ガッカリする事はあってもチームのファンを辞める事にはならないと思う。
 チームぐるみで禁止薬物を摂取して優勝しようとしてたとかだと可能性あり。

4.あまりにも優勝できない場合
 現在進行形なので可能性なし

5.インディアナポリスから移転した場合
 一番可能性があるのはこれかもしれません。
 数年前に一度移転の可能性みたいなものが浮上しました。
 その時はひやりとしましたが、当面の間大丈夫なのではないでしょうか。
 2回しか訪れた事はありませんし、日本からの行きにくさは観戦難易度を
 大きく上げている問題はありますが、それでもインディアナにペイサーズが
 あるという事を一番重要視しているのかもしれません。

何故チームのファンを続けているのか。
自分にとっては鳥の刷り込み効果の様に、「レジーがそこでプレイしていたから」
なのかもしれません。

こうなってくると「試合をしていた会場」はどこまで重要視されるのでしょうか。
レジーがキャリアの大半を過ごして来たマーケットスクエアアリーナはもはや爆破され
残っていませんが、現在のホーム、バンカーズフィールドハウスからどこかへ移転した場合、
ファンを辞めるきっかけとなるのか。

これはその時にならないと分かりませんが、移転先がインディアナ州であれば
特に影響しない気がします。

急に熱が冷める可能性も0ではありませんが、
どうすればペイサーズファンとしての終わりが来るのか。

本当に生きている限りずっとペイサーズファンでいられるのか。
ふと、そんな事が気になってしまいました。

 


New