現地2021年初ゲームのニックス戦【NBA_Pacer】

2021年01月03日 12:15

ウォレンの欠場となり、
アーロンがそのままスターターに入り込んだ形で現地の新年スタート。

負けない試合、勝てる試合をできなかったペイサーズが負け。
終始インサイドを圧倒され、まだまだチャンスがあるところでのターンオーバー、
シュートセレクションミス。

ブログドンの3PTがパーフェクトで決まっていた時間、ジャスティンも当たり、
10点ビハインドから一気に立て直せた第3Qもその勢いを継続できず。

確率はあまり良くありませんが、3PTの50本試投も19本成功も
フランチャイズ記録とのこと。良いのか悪いのかわかりませんが、
外れたものをもう少し拾えれば話は違ってくるのかもしれません。

ディフェンスでもターナーがブロックに飛んで相手にリバウンドと
プットバックを決められるシーンが多かったです。
途中で対応を変えても良かったような。

オラディポはFGが全く入らなかったところからFTで稼ぎ、
最終的に16ポイントまで伸ばしたのは良かったですが、
チームとして3PT構成よりも、やはりボールを動かして
インサイドで得点がメインで良い気がします。
30本も外すなら確率の高いリム付近で打ってもらいたいです。

とはいえ、今日はニックスが良かったと思います。

RJバレット、この人はここまで3PTga3/24と聞いていたのですが、
今日いきなり3/3で25pts。で、その決めた3/3は開幕戦のペイサーズ戦。
BLFで7/8、その他は全外し。ニューテレンス・ロス誕生です。
そんなにインディアナでプレイしたいならFAで来ればいいじゃない。

そして、最近パスが来ないことがネタになっていたオースティン・リバース。
6/9で15pts。ここまでこれに気づいてなかったチームメイトは何をやっていたのか。
というか今日いきなり台本にないことをやってこないでください。話が違う。

特殊な髪型をやめて触れることの無くなっていたエルフリッド・ペイトンも
良いアタックを見せて19pts。連続で3ポイントプレイを持って行かれた辺りを
防げていれば、という試合内容でした。

ランドルとロビンソンはいうまでもなく。
ターナーとドマスでやりたいことをやられてしまいました。

なんかニックスの応援みたいになっていますが。

NYK 106 - 102 IND
ターナー 32min、17pts、4reb
ドマス 39min、13pts、13reb、4ast
ブログドン 41min、33pts、3reb、7ast
アーロン 26min、0pt
オラディポ 37min、16pts、7reb、3ast
 ジャスティン 28min、12pts



New