傷心のブレイザーズ戦【NBA_Pacers】

2021年01月15日 19:10

オラディポがトレードされ、傷心の中迎えるはずだったブレイザーズ戦。
トレードはオフィシャルにはなっておらず、オラディポも会場にいないという
謎の状況のまま試合が始まりました。

ブログドン、サムナー、ジャスティン、ドマス、ターナーの5人でスタート。
ブログドンが連続3PTを決める中、大きくそれるパスミスを2つしたドマス。
やはりオラディポがいなくなることへのメンタルへの影響があったのでしょうか。

その後はミスも減り、インサイドでガツガツ戦ってくれていました。
サムナーが速いオフェンスでタフなレイアップを決めたり、
前の試合はステフ、今日はリラードと相手エースに対してディフェンスを
よく頑張りました。

リラードとマッカラムにしては結構外してくれた日でしたが、
決める時のあっさり決める感じが怖かったです。
前半で大量リードしていても全く安心のできない感じ。
カーメロが完璧なパスフェイクでブログドンをどかして3PTを
決めたシーンはさすがでした。

ブログドンが3PTだけでなく、リバースレイアップを2本も見せたり、
ターナーもダブルダブル+4ブロック、ジャスティンの3/4の3PTと
層の厚さで戦いきることができました。

パパになったマコネルも抜け目ないディフェンスからチャンスを作ったり、
チームハイの8アシストでチームに貢献。

2007年以来初となるポートランドでの勝利を手にしました。

IND 111 - 87 POR
ドマス 38min、23pts、15reb、5ast
ターナー 37min、11pts、10reb、4blk
ブログドン 35min、25pts、5reb、7ast、3stl
サムナー 20min、7pts、3reb
ジャスティン 25min、11pts、3reb
 マクダーモット 25min、16pts、3reb、3ast



New