ロードトリップ最終戦のクリッパーズ戦【NBA_Pacers】

2021年01月18日 17:11

サンズ戦が延期になった為、5試合だったはずのロードトリップも
4試合で終了。最後の相手はLAクリッパーズでした。

ペイサーズはターナーが右手の痛みで欠場、オラディポもいなくなり、
ウォレン、ラム、サンプソンが負傷や痛みで欠場。

ブログドン、サムナー、マクダーモット、ジャスティン、ドマスという
本来のベンチメンバー3人がスターターとして出場となりました。

マクダーモットがシーズンハイ、そしてチームハイの23ptsと頑張ってくれましたが、
ただでさえ強敵のLACの3PTが大当たりした第3Qに突き放されました。

4Qにもスターターを戻す時間がありましたが、ゴガがシーズンデビューで
16分に出場、ボウエンやキャシアスにもプレイタイムが回ってきました。

それでもドマスとブログドンは34分、ジャスティンは35分に出場。
これ以上怪我人を出さないためにも、もう少し若手に時間を
あげてしまっても良かったかもしれません。

ゴガは5ptsに2stl、1blkでしたが、もう一つスティールに絡んでるシーンがありました。
ルーキーのキャシアス・スタンリーはブロックされましたが、高さのあるダンクを
試みたり、味方からの高すぎるパスをなんとかアリウープも持ち込もうと頑張りましたが
無得点で終わりました。しかし、サムナーもキャシーもリムアタックを
続けていて良かったです。容易に3PTを打って外すのは見ていて楽しくないですからね。

LACはレナードやジョージのうまさを見せつつ、モリスとDET時代からの天敵ケナードが
ベンチからそれぞれ20ptsと層の厚さも見せつけられました。

リバウンドも52−33と大敗。13スティールは見事でしたが、
自分たちも16TOとミスが多かったです。

IND 96 - 129 LAC
ドマス 34min、19pts、14reb、6ast
マクダーモット 32min、23pts
ブログドン 34min、16pts、8ast
サムナー 21min、9pts、3reb、3stl
ジャスティン 35min、15pts、3reb、3stl



New