強くて長いペリカンズ戦【NBA_Pacers】

2021年02月06日 10:14

今日はアダムス、ザイオン、イングラムのフロントコートが脅威のペリカンズとの対戦。

ラムの3PTで試合開始。
2連続でレイアップを許すという緩い立ち上がりになりましたが、
ドマスのオフェンスリバウンドからターナーがザイオンのファウルを引き出します。

ラムがラッキーなバンク3を決めたり、プットバックを決めたりと
バックス戦から吹っ切れた様子。ターナーもザイオンをブロックし、
今日はオフェンスリバウンドをよく取れています。
アダムスのダンクにターナーがチャレンジしチャージングを奪うナイスD。

フェイダウェイを会得したドマスが16−16の同点弾を決めますが、
イングラムの3PTが決まり、3点ビハインド。
内容は決して悪くないのですが、NOPが一歩先を行く展開。

イングラムのレイアップで5点差にされたところでジャスティンが3PTを決めますが、
ザイオンの3ポイントプレイ失敗からのセカンドチャンスでダンクを決められ25−19。

ザイオンはキャリア1,000ポイントを突破し、ペイサーズは彼への
答えが見つからないまま、ベンチで休憩に入られました。

ターナーのポイントで25−23まで詰めると、マコネルのレイアップで同点。
イングラムの3PTが外れ、ジャスティンがファウルをもらいFTを決めて1点リード。
イングラムのFT、ラムのフローターと決め合い、マコネルが2点を決めて27−30。


2Q、レディックのタフ3PT、ハートのレイアップで逆転されると、マコネルがレイアップで34−34。
NOPが3PTを連続で決め、リードを広げますが、INDもドマスの強さと
マクダーモットの3PTで42−41まで追い上げることに成功。

しかし徐々にNOPがリードを広げ、ジャスティンの3PTは一向に決まらず。
2QのFGが64%対26%の割についていけていた方ですが、イングラムが
更に2点追加で9点ビハインド。

ブログドンのレイアップも外れ、ターナーはチャージングで3ファウル。
ゴガが投入されます。
ゴガがザイオンのダンクをブロックという奇跡が起きますが、
57−48で9点ビハインドのまま前半が終わりました。

GBZ.png
前半スタッツ
ドマス 7pts(3/11)、4reb
ターナー 9pts、6reb
ブログドン 5pts、3ast
ラム 14pts、4reb
ジャスティン 4pts
 マコネル 6pts、3ast
 ゴガ 1blk


[強くて長いペリカンズ戦【NBA_Pacers】]の続きを読む


New