試合終了:ぼやぁぁぁぁん凱旋のジャズ戦【NBA_Pacers】

2021年02月08日 03:37

ドマス、ドマス、ラム、ターナーの3PTが決まり、
6−12でジャズがタイムアウト。ジャズも元ペイサーズのボヤン・ボグダノビッチが
見事に3PTを決めてきました。

どちらも良いディフェンスを見せますが、ジャズの方が厳しいディフェンスをしている印象。
特にドマスはインサイドで何もさせてもらえません。
外の入らなくなったINDはすぐに14−14に追いつかれ、クラークソンの3PTで
17−14と逆転されてタイムアウト。

ラムの3PTで同点にすると、ドノバン・ミッチェルの3PT。
リーグ最強の3PTチーム対リーグ最弱の被3PTチームの力量が分かりやすく出ます。

そして元INDのジョージ・ニヤンにも3PTを決められ、
ドライブを試みるもののなかなか得点に結びつかないIND。
ゴベアだけではなく、チームのディフェンスが固いUTA。

前の試合素晴らしかったゴガ・ビターゼもローテ入り。
早速3PTを放ちますがミス。ゴベアとのリバウンド争いには勝ちました。

25−20で1Q終了。この点差で済んだのが奇跡的でした。


2Q、マコネルのリム付近のショットで2点決めると、ゴベアのダンク。
マクダーモットがカウントのチャンスを得ますが、FTはミス。
流れからのオフェンスが増え、ゴガのダンクで1点差に迫りますが、
フェイバースのアンド1で33−29。
アーロンからの難しいパスからタフレイアップを決めるゴガ。
与えられる時間も増え、着実に成長を見せていきます。

タイムアウト明け、UTAのインバウンドをスティールし、
ブログドンからゴール下のターナーへパスを通しFT獲得。
これを2本決めて33−33。

ミッチェルが個人技で2点を取ると、マクダーモットがレイアップ。
ブログドンもドライブからレイアップをねじ込んで35-37と逆転。

ターナーがゴール下で強さを見せ4点取ると、ラムtoドマスの
イージーバスケットで37−43とリードを広げます。
ミッチェルのパスミスからマクダーモットが3PTを狙いますがこれは決まらず。
ドライブに対してはきっちり守りを見せますが、キックアウトの3PTを連発される
INDのディフェンス。この時間はUTAのミスが続き、リードを保ちます。

ブログドンのパスミスからミッチェルの3PTで42−43。
ロイス・オニールの3PTが決まり、8−0のランで逆転されます。
ここはラムがミドルを決めて45−45。
セカンドチャンスからマクダーモットが2点追加しますが、
ゴベアが楽にダンクを決め再び同点。
最後はオニールの3PTが外れ、ボヤンのプットバックがミスしたところで
47−47で前半終了。

前半スタッツ
ドマス 9pts、5reb
ターナー 9pts、5reb
ブログドン 4pts、5ast
ラム 10pts
ジャスティン 0pt、3reb
ゴガ 4pts、2reb、1blk

[試合終了:ぼやぁぁぁぁん凱旋のジャズ戦【NBA_Pacers】]の続きを読む


New