改善の見られたピストンズ戦【NBA_Pacers】

2021年02月12日 18:06

ジェラミ・グラント対ジャスティン・ホリデーの
なんとなく似ている対決が楽しみだった今日のピストンズ戦。

ラムとマクダーモットを入れ替えたスターターを試すビヨークレン。
1Qからマクダーモットがよく動き、ドマスの逃げポストプレイがなくなりました。
出だしは得点が決められませんでしたが、徐々に修正され、
前半は52−52で終了。

今日もオフェンスリバウンドを取られそこからの失点が多くありましたが、
前の試合に比べてオフェンスが偏らず、3Qで突き放しにかかります。
ゴガがローテ外となったのは残念でしたが、ラムはドマスが占有しなくなった
ペイント内へのアタックからポイントを重ね、残り7分半で95−78と二桁リード。

ディフェンスを厳しく当たれていましたし、その後も危なげなく勝利。

アイソレーションの場面はありましたが、ここ数試合のように
ボールを止めている印象がだいぶなくなりました。

ブログドンとマコネルを同時に使う時間が多いのも
今のINDにとっては良さそうです。

DETはジョシュ・ジャクソンのアグレッシブなオフェンス、
アイザイア・スチュワートのインサイドでの強さが目立ちました。
個人的にファンであるデロン・ライトはあまり目立たず。
思いがけずフリーになったにも関わらずシュートを打たずに
パスの出し先を探していたのは残念でした。

IND 111 - 95 DET
ドマス 38min、26pts(9/14)、8reb、8ast、3stl
マクダーモット 30min、9pts(4/10)
ターナー 24min、14pts(6/9)、8reb
ブログドン 37min、18pts(8/19)、9reb、4ast
ジャスティン 36min、11pts(4/11)、3reb、4ast
 マコネル 32min、7pts、6reb、7ast
 ラム 28min、17pts(6/7)、5reb

ルバート凱旋のネッツ戦【NBA_Pacers】

2021年02月12日 17:59

史上最低とも言える前半だった昨日のネッツ戦。
腎臓のガン治療からの回復待ちのカリス・ルバートが
トレード後初めてチームに帯同。
古巣のブルックリンへの訪問が今日の一番のホットな出来事だったかもしれません。

自分だけでなく、ブログドンやドマスのアテンプトが多すぎることに
不安になるINDファン。ドマスのポストプレイからのパスや、
ボールや人が動いて点を取るのが楽しかったオフェンスが減り、
ドマスのポストプレイからのフェイダウェイや、打たされる3PTで
他のプレイヤーがボールを触る機会やシュートを打つ機会が激減。

それでもセカンドユニットになると動きが見られるという
なんとももどかしい試合でありました。そんな中でも
ゴガがロールプレイヤーとして目覚め始めるなど、良い面もありました。

一生懸命試合を観戦したわけではないのであまり感想が出ません。

IND 94 - 104 BKN
ドマス 35min、18pts(7/20)、9reb、4ast
ターナー 26min、3pts(1/4)、3reb
ブログドン 35min、15pts(5/17)、5reb、6ast
ラム 25min、3pts(1/5)、5ast
ジャスティン 32min、12pts(4/8)、4reb
 マクダーモット 20min、12pts(5/10)、4reb
 ゴガ 13min、4pts、5reb、3blk
 マコネル 26min、13pts(6/11)、7reb、4ast



New