Thadが恋しいブルズ戦【NBA_Pacers】

2021年02月16日 10:12

アウェイで2連勝、ホームに戻ってのブルズ戦。
現地インディアナは大雪の為、ファンを入れずに無観客で行われています。

マクダーモットが右膝の痛みで欠場、マコネル隊長がスターターとして出場。
ジャンプボールに勝ち、最初にボールをコントロールしたのは
ブログドンではなく、隊長でした。

マコネルがコービー・ホワイトにつき、8秒バイオレーション。
しかしオフェンスではドマスがペイント内で連続ミス。
マコネルからドマスのパスが流れてターンオーバーとなりますが、
ターナーがブロックで救います。その後、スティールからのオフェンスが
ありましたが、ドマスがゴール下からまたもやミス。
その後もトラベリングと精彩を欠くドマスですが、チームとしての
ディフェンスは成功し、ターナーの3PTで7−9と逆転。
再びドマスで攻め、リム付近のショットをミス。

Thadが決めるとようやくドマスもFG成功。
ラッキーなことにブルズもシュートを外して付き合ってくれていますが、
ターナーが2ファウルでゴガが残り3分半から登場。
しかしすぐにドマスと交代。久しぶりに早いタイミングでサムナーも出てきました。

ブルズのシュートミスとファウルの多さに助けられ、なんとか24−21で1Q終了
Thadが要所要所で良いプレイを見せていました。


2Q、バレンタインに3PTを決められ、再びドマスのミス。
ここが決まるだけで展開が変わってくるのですが、厳しい。
続くオフェンスもパスミスとなり、29−21と走られます。

ウェンデル・カーターJr相手に全く押し込めないドマス。
今シーズンはプレイタイムも長いですし、疲労のピークなのでしょうか。
ラムとの合わせのレイアップは決め、マコネルのレイアップで31−27。
しかしオフェンスが続かず38−30。

ドマスとターナーを交代し、レイアップとドローファウルで4点獲得。
ブログドンのプルアップとターナーのFTで40−38と追い上げに成功。
一瞬休ませてコートに戻ったドマスがついにアンド1を決めて40−41と逆転。
ブログドンがうまいことパスを出しました。
ドマスとターナーが良いディフェンスを見せますが、CHIの連続3PTで46−41。
ブログドンが2点を決めますが、ドマスのスピンムーブ中に肘が当たりフレグラント扱い。
ラビーンのアタックをブロックして、通常であればジャンプボールになるところを
流されてラビーンがそのままレイアップを決め、49−44で前半終了。

前半スタッツ  ドマス 9pts(3/10)、4reb
 ターナー 9pts(2/5)、4blk
 マコネル 7pts(3/3)
 ブログドン 9pts(4/10)、8reb、3ast
 ジャスティン 3pts(1/4)、3reb

[Thadが恋しいブルズ戦【NBA_Pacers】]の続きを読む


New