久しぶりの試合はウォリアーズ戦【NBA_Pacers】

2021年02月25日 10:49

約1週間のお休み明けのホームでウォリアーズ戦。
ペイサーズからは誰もオールスターに選出されなかったので
大型連休が続くことになりそうです。

開始6分はステフのシュートが決まらず、助けられるものの、
ディフェンスを崩されてからの失点が多い印象。
ジャスティンとターナーの3PTが決まりますが、マクダーモットは決められず。
ターナーが早々に2ファウルとなりますがそのままコートに残りました。
残り4分、ついにステフの3PTが決まり、ドマスがチャージングで2ファウル。
二つともオフェンスでのファウルはちょっと厳しい感じ。

INDリードからGSWリードに変わり、コートに入ったマコネルのハッスルが目立ちます。
1Qからゴガが投入されますが、GSWがリードを広げ、23−16。
そのゴガ、ワイズマンを飛ばし、イージーバスケかと思ったらベイズモアにブロックされ
得点ならず。惜しいプレイでした。

最後はマコネルのインバウンズ泥棒から時間をキープして
うまく合わせで入ってきたサムナーのレイアップで2点を追加し、25−22で1Q終了。
最後の2ポゼッションは良いオフェンスができました。


2Q、マコネルのパスからドマスとマクダーモットが連続でFTを獲得。
4本決まって25−26と逆転。1Q終わりから8−0のラン。
ドマスのFT中心に得点を重ね、残り8分でペナルティとなります。
ワイズマン相手だと積極的に攻めていくドマスがファウルをよく引き出しました。。
アーロンの3PTで40−40とすると、マコネルのパスをドマスがうまくキャッチして
そのままレイアップ。危ういプレイでしたが見事に決めました。

しばらくGSWリードの時間が続きましたが、ブログドンの2連続レイアップで50−53。
ステフのFTで1点リードとなりますが、ターナーが体を当てながらシュートをねじ込みアンド1。
GSWはステフのフローターで点を重ね、56−58の2点リードで前半終了。

[久しぶりの試合はウォリアーズ戦【NBA_Pacers】]の続きを読む


New