INDプレイヤーの海外挑戦意識【NBA_Pacers】

2011年07月22日 15:48

数名のペイサーズのプレイヤーがシーズン開幕までロックアウトが
続いた場合、海外でプレイする可能性があることを示したようです。

5名のINDプレイヤーを扱うエージェントのマーク氏は
海外への積極的な機会について語っているとのこと。
しかしNBAのシーズンが通常通り始まる事を望んでいるようです。

マーク氏が担当しているのは、ダニー・グレンジャー、
ポール・ジョージ、ブランドン・ラッシュ、ダンテ・ジョーンズ
ジェームズ・ポージーの5人。

ダニーとダンテはロックアウトがいつ終わるか分からないため、
海外でのプレイに理解を示しています。
ラッシュについては今の所興味はないようです。

ダンテ
「良い国で、良い球団組織であれば試してみるかもしれない。
 良い経験になるだろうし、バスケットボールをすることができるからね。
 それが唯一の理由だよ。」

ロイ・ヒバートとA.J.プライスも海外でプレイすることに
違和感はない様子。

ヒバート
「現時点での優先事項はアメリカに留まることだよ。ただ、シーズンが
 なくなったり、多くの試合が削られてしまうようであればエージェントが
 海外に行く準備を進めてくるだろうね。」

ペイサーズはロックアウト中の為、プレイヤーに対する
意志決定にあれこれ言える状態ではありません。

ネッツのデロン・ウィリアムスがトルコリーグへ参加、
コービーや、ドワイト・ハワード等も海外でのプレイを
視野に入れているようです。

マイク・ダンリービー、ジェフ・フォスター、ダレン・コリソン
の3名についてはアメリカ国外でのプレイは考えていない模様。
どうなりますかね・・・
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1003-252a3865
    この記事へのトラックバック


    New