ダニーがイライラしている【NBA_Pacers】

2011年08月11日 10:50

ペイサーズのダニー・グレンジャーは
NBAのロックアウトについて不満があるそうです。
PPP.png
自身のバスケットボールキャンプも終わり、
彼自身とペイサーズについてのインタビューに答えたようです。

彼にとってお金はあまり重要な問題ではなく(と言っても1000万ドル以上
貰っているからでしょうけど)、元々ロックアウトの可能性は
分かっていたので、お金を浪費しなかったそうです。

シーズンのほとんどが行われないと決まった場合、
海外でのプレイも視野にいれていますが、昨シーズン終盤の勢いと
ジョージ・ヒル加入の波を失いたくないと考えているようです。

ここから質問タイム

Q:ニューオリンズにいた頃多くのキャンプに参加しましたか?
A:自分がキャンプを開催している理由の一つは、自分がそういった
  ものに参加する機会がなかったからなんだよ。当時は
  ニューオリンズにNBAチームがなかったからかもしれないね。

Q:ロックアウトはどのような影響がありますか?
A:これまでに過ごしたことのない大変なオフシーズンとなっているね。
  終わりのないワークアウトをしているところだよ。通常なら
  フルスピードで状態を整えるんだけど、今年はトレーニングキャンプの
  日程すら決まっていないからね。それぞれが自分でやるしかない。
  LAには多くのプレイヤーがいるし、みんな同じ事を感じている。
  UCLAで多くのピックアップゲームを行っているんだ。

Q:誰とやっているの?
A:主にブレイク・グリフィン(LAC)、ジャベール・マギー(WAS)
  ニック・ヤング(WAS)、ポール・ジョージ(IND)達だよ。
  トレバー・アリーザ(NOH)とはほとんど毎日顔を合わせているし、
  ケビン・デュラント(OKC)やレブロン・ジェームズ(MIA)が
  来ることもあるよ。
Q:あなたがデイビッド・スターンだったらどのように舵を取る?
A:彼は少し強固な姿勢を取りすぎてきたと感じているよ。
  彼自身がサラリーカットという記事を読んだけど、彼がどの程度
  もらっているかなんて、誰も知らない。30のオーナーがいて
  彼がどれだけのペイを受け取って来たか誰も知らないんだ。
  彼はプロスポーツの中でも最も力のある男だと思うよ。
  全くクレイジーな話しさ。

Q:ロックアウトはNBAのイメージを傷つけることになりますがどうですか?
A:悪いことではないと思う。我々は多くの勢いを持っている。
  誰もが昨シーズンマイアミで起こったことを嫌ったが、リーグが注目される
  きっかけとなったことは確かだ。そしてダラスがついに優勝した。
  我々は素晴らしい流れを作ることができる。

Q:ペイサーズに対するロックアウトの影響は?
A:これは良くないね。数名のベテランを得て、ようやくプレイオフに
  辿り着いたのに、今後の見通しが立っていない。オフに立て直して
  更に上を目指す必要があるのに、ショートシーズンになってしまう
  可能性もある。我々は若いチームだし、もっと一緒にいる時間が必要だ。
  キャンプやプレシーズンもなく、シーズンも短縮されてしまうことが
  我々にとって大きな痛手となるだろうね。

Q:チームメイトとワークアウトする話し合いなどはあったの?
A:既に始めているよ。ロックアウトに入る前にコーチと
  我々のすべきことについて相談しておいた。
  ジェフと一緒に良い開幕を迎えられるように計画を立てようと
  しているところさ。キャンプやプレシーズンがなくても
  準備できるようにね。

Q:FAにとっては契約チャンスの期間がとても短くなります。
  どのような選手を必要としていますか?
A:まずはPFだね。デビッド・ウエスト、ネネ、カール・ランドリー等
  良い選手を獲得するチャンスはある。ポジションに深みを増す事も
  大切だね。

スターンについての翻訳がちょっとずれているかもしれませんが、
コミッショナー批判っぽいですね。目を付けられなければいいですが。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1019-1e63cd5f
    この記事へのトラックバック


    New