12月15日までのゲームが消滅【NBA】

2011年11月16日 12:21

NBAは12月15日までの試合全てをキャンセルするとのことです。
しかし、オーナーと選手の話し合いの場が無くなった今、
シーズン全休の可能性も出てきているので、これで済めばラッキーといった
感じでもあります。

ところで、オーナー修正案が通っていたとしても
12月15日にシーズン開幕となっていましたが、今回の
キャンセルというのは元々のスケジュールの12月15日分までを
削ったものという解釈でよいのでしょうかね。

戦うコートが違うとはうまく言ったものですね。笑えませんけども。
court:裁判所
NBA.jpg
関連記事


コメント

  1. cdc | URL | 3/2tU3w2

    Re: 12月15日までのゲームが消滅【NBA】

    理想と現実は違うといいますが、これほどまでに理想の逆、逆を行かれるとは予想してませんでした。徹底抗戦がポーズだけならいいですが、既にカリフォルニアでの法的手続きに入ったようなので、マジなんでしょうね。

    ロックアウトをいいように解釈する、というその場しのぎの言い訳は既に虚しくなってきました。オデンさんが全快で新シーズンいける!とか、いま聞かされても完全スルーできますw。

  2. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > cdcさん

    シーズン全休になってしまうと引退間近のベテランは厳しいですよね。
    所属チームは置いておくとして、優勝するチャンスが1年減ってしまいますし、
    このまま引退という選手も出てくるかもしれません。
    シャックは良い時期に辞めたとも言えてしまいます。
    せっかくトレーニングで体を作っていても試合が始まらなければ
    意味はありませんし、お金も貰えませんからね。。。

    選手会の意見で今の流れになったのですが、
    中にはもういいからバスケしたいという人もいるのでしょうかね~

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1109-d187f291
この記事へのトラックバック


New