シーズンの1/11が終了【NBA_Pacers】

2012年01月07日 00:47

ペイサーズは既に6試合を消化し、4勝2敗と数字上はなかなか
好調の様ですが、対戦カードに恵まれていたのでこんな感じです。
今シーズンは66試合しかない為、シーズンの1/11が終了したことになります。

ここまでのスタッツをチェックしてみました。
チーム記録 93.0pts FG40.2% 3PT40.6% FT78.7% 
 44.7reb 18.3ast 9.3stl 5.8blk 15.8TO

対戦相手 93.8pts FG42.8% 3PT33.3% FT75.8%
 43.2reb 19.3ast 8.3stl 5.8blk 16.0TO

続いて個人スタッツ

ダニー・グレンジャー 
 今:15.2pts FG31.7% 3PT34.4% 5.3reb 2.2ast 2.0stl 2.50TO
 昨:20.5pts FG42.5% 3PT38.6% 5.4reb 2.6ast 1.1stl 2.61TO
 要所要所で値千金の3PTを決めているエース様だが、スタッツはだだ下がり。
 勝負強さが今後も出せるならウエストとヒバートにポイントを譲っても
 問題無いが、せめてFG%は上げてもらいたい。
 プレイオフでの1勝は彼が最後のFTを確実に決めたからもたらされたもの。
 このクラッチが今シーズンも残れば面白い。

ロイ・ヒバート
 今:13.2pts FG57.6% FT64.7% 10.0reb 1.0ast 1.3blk 2.50TO
 昨:12.7pts FG46.1% FT74.5% 7.5reb 2.0ast 1.8blk 2.28TO
 FGとポイントが上昇し、今の所ダブルダブルを達成中。
 ブロックが減ったものの、リバウンド増加は頼もしい。
 ルーが起用される前の数試合はウエスト、ハンズブローと3人で
 インサイドを担っていた事がこのスタッツに現れているので
 今後もダブルダブルを維持できるかが鍵。

タイラー・ハンズブロー
 今:12.7pts FG35.3% FT82.4% 8.0reb 1.3stl 1.17TO
 昨:11.0pts FG46.5% FT77.9% 5.2reb 0.5stl 1.09TO
 元々少ないものの、今シーズンは未だアシストが0。
 FGも2年前の様に低くなっているのが気がかりだが、ポイントは上昇。
 ボールを貰ってミドルというシーンも目立つが、持ちたがりではないのに
 ブラックホール化するシーンがたまにある。パスの出す先を
 考えているが出せずにミドルを打つ事もあり、シュートが不調だと
 とことんチームの得点が止まる。FGがダメでもFTで得点を重ねられるのは
 彼の良い所でもある。

ポール・ジョージ
 今:12.2pts FG44.9% 3PT62.5% 4.5reb 2.5ast 1.2stl 2.83TO
 昨:7.8pts FG45.3% 3PT29.7% 3.7reb 1.1ast 1.0stl 2.08TO
 プレイタイムも14分程増え、スタッツが上昇するのは当たり前。
 その中でもこれまでのところ3PTの向上が伺える。この2試合で8/10。
 シューターが必要とされていたINDだが、彼で事足りてしまうかもしれない。
 昨シーズン終盤からスターターとなり、プレイオフでも経験を詰めた。
 今シーズンはルーキーがいないため、ポールにプレイタイムを
 たくさん与える事が出来るのは大きなメリット。

デビッド・ウエスト
 今:11.8pts FG40.0% FT86.4% 7.0reb 2.5ast 1.00TO
 昨:18.9pts FG50.8% FT80.7% 7.6reb 2.3ast 2.03TO
 システムが変わり、プレイタイムが7分ほど短いとはいえ、
 オフェンス面での向上が必須となるウエスト。試合終盤で
 貴重な得点を決めるシーンもあったが、もう少し安定感が欲しい。
 まだ6試合なのでこれからに期待。リバウンドに絡む姿勢は
 ジェフ、ブローと共通意識を持てそうでチームにとっても
 よいお手本となるかもしれない。

ダレン・コリソン
 今:10.5pts FG50.0% 3PT54.5% 2.0reb 6.2ast 1.3stl 2.00TO
 昨:13.2pts FG45.7% 3PT33.1% 2.8reb 5.1ast 1.1stl 2.46TO
 元チームメイトウエストのおかげでオフェンスオプションが一つ追加。
 層が暑くなった分、自身のポイントは下がっているものの、アシストが
 増えた。また、チームでボールを回してフリーで打つチャンスが増えた
 為か、シュートの確率も向上。ウエストとのオフェンスを増やして
 二人での得点シーンが増えると楽になるかもしれない。
ジョージ・ヒル
 今:9.2pts FG39.6% 3PT25.0% 2.5reb 2.0ast 1.0stl 1.17TO
 昨:11.6pts FG45.3% 3PT37.7% 2.6reb 2.5ast 0.9ast 1.30TO
 元々アシストの多いプレイヤーではないようだが、少し持ちたがりの
 部分が目立ち、ボール運びも8秒バイオレーションギリギリで何度か
 ヒヤヒヤさせられた。ディフェンスでは頼りになる面もあり、
 これからチームに馴染んで自分で行く所とチームメイトに任せる所を
 的確に判断してゲームを作ってもらいたい。

ダンテ・ジョーンズ
 ラッシュがいなくなた為、ほんの少しだけプレイタイムが増加。
 ディフェンスでの活躍が期待されるが、ゴールへのドライブも
 INDの中では貴重なプレイ。成功率をもう少し上げれば
 もう少し目立てそう。

ルー・アマンドソン、ランス・スティーブンソン、A.J.プライスは
特筆する部分があまりないので省略。
関連記事


コメント

  1. kdu | URL | PdoZQN3w

    遅れましたが、あけおめです。

    毎日の更新お疲れ様です。昨年からNBA.comよりも先にこちらで毎日の試合結果をチェックさせてもらってます。
    毎日更新なんてどんなに頑張っても僕には無理です。体にお気をつけて無理はなさらず今後も頑張ってください。

    個人的に今ハンズブローの株が急上昇しています。FG%が崩壊しているようですが、あのハッスルプレーはかなりお気に入りです。


    ということで、今年もよろしくお願いします。

  2. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > kduさん

    今年もよろしくおねがいします!
    さすがに公式HPの方が正確ですし早いですよ(笑)
    でもお言葉ありがとうございます。

    ハンズブローは自分の役割をしっかり認識していますし、
    今日の試合でも取れなくてもリバウンドに参加していました。
    MIP候補に彼と考えていた人が結構いたみたいですが、
    これで6thマンアワードを目標に頑張れるのでかえって
    よいのかなと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1201-5c485017
この記事へのトラックバック


New