Game 9 @シクサーズ【NBA_Pacers】

2012年01月10日 14:14

今日はディフェンシブなチーム対決、フィラデルフィアで
シクサーズとの対戦がありました。シクサーズは得失点差15とかいう
化け物チームとなっていますが、ペイサーズは失点が少なく、相手の
FGが低いとはいえ、本当にディフェンシブなチームなのかは微妙な所。

更にエースダニーが足首捻挫と食中毒で欠場、同じく先日の試合で
ジェラルド・ヘンダーソンによる持ち上げ落下事故で腰を
強打したジョージ・ヒルもお休みというペイサーズにとって
厳しい試合となりました。
混雑
序盤からPHIのディフェンスに押され気味、更に
オフェンシブリバウンドを取られまくりますが、
INDもセカンドチャンスでポールの3PT、コリソンのレイアップで
15-10とリードを広げます。しかし、PHIに得点された後
インバウンドでスティールされ3ポイント、更に他プレイヤーへの
ファールがあり、一気に6点を取られます。
INDもコリソンの3ポイントプレイとランスのスティールからの
レイアップで20-20に追いつきましたが、結局第1Qは
20-25で終了となりました。

第2Q最初のディフェンスは成功したものの、INDは
チャージングを取られて、更に連続得点を許して20-31。
それでも頑張って29-31まで追いついたところでイグダラの3PT。

その後、ポールの3PT、ヒバートがオフェンスリバウンドからの
カウントワンスローで40-41と遂に1点差へ。
しかしまたしても連続得点を許して40-45で前半終了。

第3Qは開始2分で10点ビハインドになる厳しい流れに。
ダンテが3PT、ヒバートがインサイドで得点を決め、
更にヒバートtoポールのダンクで51-54まで迫ります。

しかしここから3連続TOで5分近くFGが決まらないという
INDにとって悪い流れとなります。しかしPHIも決めきれずに
第3Qは64-73とまだなんとかなる点差で終わりました。

第4Qはダンテがカウントで67-73としたものの、
ターナーにもやり返されて69-78と点差が縮まらず。
追い詰めるシーンでコリソンやヒバートがFTを外してしまいます。

残り3分12秒、コリソンが2本のFTを決めて80-88。
更にヒバートがインサイドで決めて82-88と迫りますが、
その後ヒバートが3ポイントプレイのチャンスを得ながらも
またFTミス。
PHIに得点された直後にTOでイグダラに決められて84-94。
極めつけにポールのチャージングを取られて万事休す。

終始PHIのディフェンスに苦しめられた試合となりました。
ただ、エースとヒル抜きでここまでやれたのはチーム力が
上がったと見て良いのでしょうかね。

ダニーはFG%こそ低いものの、今シーズンは欲しい所での
3PTがそこそこ決まっています。さらに上がり調子のヒルが
欠場の中、今の強いシクサーズ相手に健闘したと感じます。

PHIにはFG50%を決められ、自分たちは36.6%と低いながらも
10点差で最後まで競り続けました。FTを決めていればもうちょっと
焦らせることも出来たと思いますが、次のシクサーズ戦では
全員体調を整えて再戦したい所です。
IND 86 - 96 PHI 8612
IND 6-3
D.ジョーンズ 12pts 3reb
D.ウエスト 15pts 11reb 3ast
R.ヒバート 19pts 8reb
P.ジョージ 13pts 7reb 5ast 5TO
D.コリソン 8pts 3reb 4ast
 T.ハンズブロー 10pts 5reb

PHI 6-2
A.イグダラ 20pts 9reb 5ast
E.ブランド 6pts 5reb
S.ハウズ 12pts 8reb
J.ミークス 5pts 3reb
J.ホリデー 12pts 7TO
 L.ウィリアムス 13pts 6ast
 N.ブシェビッチ 11pts 8reb
 T.ヤング 12pts 8reb

ウエストはスタッツではそこそこの活躍ですが、
相手のシュート後にぼーっと見ていてオフェンスリバウンドから
簡単にポイントを許すシーンがありました。終盤のミドルが好調で
助けられましたが、あそこだけは気をつけて貰いたかったです。

また、ダニー欠場の為、ポールがボールを持つ機会が多かったですが、
TOが多かったのが残念です。やはりダニーがいてこそのポールですね。
まだまだ勉強する所がたくさんです。

ヒバートは今シーズン好調のハウズ相手によく頑張りました。
欲を言えばブロックがいくつか欲しかったのと、FTミスが
敗戦に繋がってはいますが、ダブルダブルに近い活躍を見せていますので
捻挫中の足をしっかりとケアして次に繋げてもらいたいです。
関連記事


コメント

  1. nanorunamonai | URL | -

    Re: Game 9 @シクサーズ【NBA_Pacers】

    昨年BSで放送された同カードは誰得?って言われてた気もするんですが、今季は勢いのあるチーム同士なので注目度も高かったのかなと思います。

    シクサーズの強みはベンチからルー、ヤング、ターナーと3人も10pt以上期待できるところですよね~
    ペイサーズもセカンドユニット時の得点源がヒルとブローさんの2人になったのが好調の要因でしょうか。

    今季のペイサーズには期待してるのでいいところまでいってほしいですね。

  2. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > nanorunamonaiさん

    どちらも突出したスーパースターがいないので地味と言えば地味ですが
    チーム力で戦うというのも今のNBAの流行とは逆でいいかもしれませんね。
    (とは言ってもLALやMIAのゲームの方が見ていて楽しいでしょうけど)

    本来はINDも層の厚いのが売りなのですが、二人欠いてしまったので
    PHIにはやられてしまいました。次の再選が楽しみです。

    ポールのディフェンスがある程度計算できそうなので
    ダンテが出ている時間も含めてディフェンスの穴が減ったのも
    要因かと思います。本当に怪我なくウエストがもうちょっと
    復調してくれたらセカンドラウンド位までは目指せるのかと
    期待してしまいます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1209-9017efd0
この記事へのトラックバック


New