GSW戦プレビュー【NBA_Pacers】

2012年01月20日 14:22

前の試合キングス相手に第4Qに8点しか取れず、大崩れして試合を落とした
ペイサーズは、同じように前の試合ネッツに第4Q逆転負けを喫した
ウォリアーズとの対戦があります。

INDはここ6年間オークランドでの勝利はないようです。

第4QにFGが2/16、そして9個のTOで負けた事について
フランク・ボーゲルは「タフな敗戦だった。第4Qで
あれだけリードしていたのに勝利を逃してしまった」と反省。

一方の元IND、現GSWマーク・ジャクソンHCも
「ガッカリだね。勝てる試合だったのに、しっかりと
 最後まで引き締めないとこうなるんだ。」と落ち込んでいます。

昨年の対戦ではモンテ・エリスの決勝シュートで敗れたIND。
2006年の11月29日以来勝利、オラクル・アリーナでは負け続けて
いますが、ダニーはそんな中でも29.0pts、8.8rebの成績を
残しているようです。勝てていないのでこの数字にあまり意味は
ありませんが、現在不調のダニーが得意としている会場で
調子を取り戻してくれたらラッキーですね。

そしてINDとGSWといえば、ブランドン・ラッシュと
ルー・アマンドソンのトレードがありました。お互いが
古巣と対決する楽しみもあります。

GSWは最近加入したネイト・ロビンソンが素晴らしい活躍を見せています。
ステファン・カリーが右足首の捻挫から復帰するかもしれないという事で
プレイタイムがどこまで伸びるか不明ですが13.3pts、5.0astの
ミニゴリラには注意です。NYK時代から苦手イメージが強いですしね。

更にINDにとって悪い情報があります。
Go New York Go!さんの記事にありましたが、GSWは
リーグで最もゾーンディフェンスを多用するチームだそうです。
先日のSAC戦ではゾーンDによりミスが増えて負けに一直線と
なってしまったため、マーク・ジャクソンもいつもに増して
使ってくるかもしれません。

これは要注意です。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1235-5b4e43f3
    この記事へのトラックバック


    New