Game 15 @LAレイカーズ【NBA_Pacers】

2012年01月23日 16:03

本日はLAでレイカーズと対戦。今日はステイプルズセンターで
ダブルヘッダーだったようで、クリッパーズの試合が終わってから
客席とコートをLAC仕様からLAL仕様に早変わりして行われた様です。

LALには元ペイサーズのジョシュ・マクロバーツ、トロイ・マーフィー、
そして解明したメッタ・ワールド・ピースがいます。
ジョシュさんはMcBobというあだ名を気に入ってなかったという
話があったので呼べなくなってしまいました。残念。

さて、試合の話です。
第1Qは散々でした。LALにオフェンスリバウンドを取られる、
FTを与えまくる、ヒバート2ファールでファールトラブル、
そしてコービーの肘が当たり(プレイ中の流れで)鼻を骨折(?)という
情報が入り、戻ってくるかは不明ということになりました。

お互いにシュートは外れていたのですが、FT分の得点が
開いていきました。それでもLALはFTを落としまくっていたので
大差にはならずに済みました。
INDは最後までいいところが出ず、第1Qを13点ビハインドの
14-27で終えることとなってしまいました。

第2Qジョージ・ヒルが一人で5ポイントを稼ぎ出しますが、
MWPが中々の好調で3PTまで決め始めました。ここまで
ルー・アマンドソンがこける、リバウンドとれない、ダンクを
ミスするとミスを連発。ダブルジェフも使えない今控えは
彼しかいない、そしてヒバートが戻ってこれるか微妙という事で
絶望的な流れに。すると残り5分、鼻血止めの処置をした
ヒバートが戻ってきます。
するとINDに勢いがつき始め、シュートが入るようになります。
コービーには相変わらずタフショットを決め続けられましたが、
最後ウエストがブザービーター3PTを決めて49-52で
第2Qを終えることに。最初の出来から言えば100点に近い
復活劇でした。

そして第3Q、コービーに決められて49-54とされてしまいましたが、
ポールが3PTを決め、続いてバイナムのダンクをダニーがブロック。
更にダニーが3PTを決めてなんと55-54と逆転に成功。
バイナムとヒバートのフック合戦があった後、ダニーが更に
3PTを決めて60-56と4点リードにまで広げました。

しかしここからまたLALのターン。
17-8とやれれてしまい、68-73になってしまいました。
力負けするかと思いきや、ヒルが3PT、ヒバートがフックを決めて
73-73の同点に持って行きます。

ランスがFTを2本決めてリードを奪いましたが、第3Qの最後、
コービーがタフショットをブザーと同時に決めて77-78で終了。
Roy vs LAL
第4Q、バイナムに1本のFTを決められた後、マーフィーが3PTを
決めて77-82とまたリードを広げられてしまいます。
両者得点が入らない時間となり、ヒバートがレイアップ1本と
フック2本を決めて1点差まで迫ります。バイナムがガソルからの
パスでアリウープレイアップを決め、3点ビハインドになると
ヒバートからのパスでコリソンが3PTをヒット。86-86の同点へ。
更に直後のLALのオフェンス、フィッシャーからMWPへのパスを
ダニーがカット。同時にルーズボールファールを貰いINDボール。

ダニーがバイナムからファールをもらいFT。
ここを1本しか決めることができず、続いてバーンズにFTを2本
決められて87-88とまた逆転されてしまいます。

ヒバートがフックを外し、コービーもショットをミスした直後
コリソンが走っていたポールにパスをしてファストブレイクで
ダンクを決めます。しかし、セカンドチャンスでコービーに
レイアップを許しまた89-90の1点ビハインド。

残り3分19秒、今度はダニーが中に入っていってレイアップを決め91-90。
しかしまだ試合は動きます。ボールを回された後にバーンズに
フリーでダンクを許してしまい、更にコリソンが3PTをミス。
2分を切ったところでフィッシャーにジャンプを決められ
ここで3点ビハインドとなってしまいました。

INDはダニーがシュートをミスしましたが、ウエストが拾い、
ヒバートのフックへ繋げます。これで93-94。
続いてガソルがミスをし、残り1分15秒、ヒバートが
中へ向かうコリソンにパスを出し、コービーのブロックを超えての
レイアップを決めます。
DC vs LAL
LALはコービーが打てずにバーンズが3PTを打ちましたがミス。
残り47秒になり、タイムアウトを取ったINDでしたが、次のオフェンスで
コリソンが痛恨のTO。残り29秒でLALにボールを渡してしまいましたが、
フィッシャーがフローティングシュートをミス。アウトオブバウンズで
9.9秒INDボールに。ファールゲームとなり、コリソンがFTを2本
きっちり決めて97-94と3点リードへ。

数試合前にフィッシャーが3PT決めたのを見ていたため、最後まで
分かりませんでしたが、コービーがちょっと遠くから打った3PTは
外れてダニーがリバウンド。ファールをもらってFTを1/2で決めて
4点リード。ここはしっかり2本決めて貰いたかったですけど
終盤シュートを決めていましたし、今日も頑張ってくれました。
中盤はFTで何とか繋いでいましたし、エースとしての仕事は
立派に果たしてくれたと思います。

最後ガソルに2点を決められましたが、全員の力で勝利をてにしました。

第2Q中盤までは負けを覚悟し、途中からヒバートの成長具合に感動し、
最後は全員バスケでLAL相手に勝利。明らかに昨シーズンのペイサーズとは
違います。崩れた試合を立て直す事ができるようになりました。

最後のレイアップを決めたコリソンも素晴らしかったですが、
パスを出したヒバートのセンスもなかなかのものです。
お互いにアイコンタクトがしっかり決まってました。
鼻血で少しゲームを止めた時間もありましたが、ヒバートは
冷静でしたね。
IND 98 - 96 LAL 18997
Pacers 11-4 FG36/77(46.8%) 3PT10/18(55.6%) FT16/19(84.2%)
 50reb 22ast 3stl 15TO 3blk
D.グレンジャー 16pts(4/14) 5reb 3ast 3blk
D.ウエスト 15pts 9reb 4ast
R.ヒバート 18pts(9/13) 8reb 4ast
P.ジョージ 13pts 5reb
D.コリソン 12pts 4reb 7ast
 T.ハンズブロー 0pts 7reb
 G.ヒル 11pts 3reb

Lakers 10-8 FG36/86(41.9%) 3PT2/9(22.2%) FT22/33(66.7%)
 43reb 22ast 10stl 8TO 5blk
M.バーンズ 14pts 5reb
P.ガソル 8pts 8reb 10ast
A.バイナム 16pts 8reb
K.ブライアント 33pts 8reb 4ast
D.フィッシャー 4pts 3reb
 M.ワールド・ピース 11pts

途中でTOが12-4という段階がありましたが、その後3個しかミスを
しなかったようです。ペイントでは36-50とやられていますが、
リバウンドは7個上回りました。

元ペイサーズの3人にはそれぞれ嫌な活躍をされたシーンがありました。
マクロバーツは得点こそ0点ですが、3スティールに2ブロック。
彼の味はそのまま生きていました。

マーフィーには嫌なところで3PTを決められましたし、MWPは
LALのFTミス時の押し込み2点や、スティール時にラインから
はみ出ないように綺麗に体を動かしてボールを維持したりと
本当にきつい相手でした。

何とかウエストトリップを2勝1敗で終了することができました。
あのキングス戦の敗戦が悔やまれますが2年連続でLAでの
レイカーズ戦に勝利。選手も自信もっていいのではないでしょうか。

ヒバートはこの後ドワイトとの対決が待っていますので
少しでも鼻の痛みが消えるといいですね。
関連記事


コメント

  1. nanorunamonai | URL | -

    Re: Game 15 @LAレイカーズ【NBA_Pacers】

    ヒバートの鼻大丈夫ですかね? ちょっと心配です。
    いざとなったらリップのようにフェイスガード着用でしょうか。
    ヒバートのいない時間帯のことを考えると改めて代えの利かない選手になってきたなと感じますね。

    McBob改めマクランビスさんも元気そうでなによりです。

  2. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > nanorunamonaiさん

    鼻骨骨折ってどれくらいかかるのでしょうね。
    普通鼻折るとすごい痛いって言いますけど、ヒバートは
    そこまでひどくなかったと言っていたみたいです。
    後から痛みが出てくることもあるかと思いますが
    次がドワイトなのが気がかりです。。。

    マクランビスさんは「INDから再契約の声がかからなくて
    失望した」と言っていたようです。確かに円満な別れ方では
    ありませんでしたが軽く敵対心が見えてしまって残念です。

    しかし彼にとっては露出も増えて今のLALに足らないものを
    もたらせているようなので良かったのでしょうね。

  3. てふてふ | URL | -

    試合観ました

    Indはスクランブルに近い状態ながら勝ちを拾いましたね。LALは3連戦観ました。3戦で一番の内容でしたがあそこまで有利な笛で勝てないんですから重症です。既に短縮シーズン(ロックアウト)に対応できないベテランチームの1つと確定。逆に勝てる若きIndは大勢の予想を上回るかもしれませんね。

  4. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > てふてふさん

    序盤とは言ってもアウェイでBOSとLALを破ったのは大きいですね。
    BOSは不調が続いていますし、LALもここの所オフェンスが低迷している
    ようですが、ホームでは勝てていましたからね。
    ここから日程が一気に厳しくなるので全敗だけは避けてもらいたいです。

    しかし早くビッグマンどうにかしないとヒバートの疲労が蓄積して
    オールスター時期まで持つか心配です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1243-2fbe787f
この記事へのトラックバック


New