Game 25 @ホークス【NBA_Pacers】

2012年02月09日 12:49

今日はアトランタのフィリップス・アリーナで
ホークスと対戦。ペイサーズは連戦、ATLは3連敗中ながら
昨日はお休み、そしてホームでした。

ATLのスターティング5はジェフ・ティーグ、ジョー・ジョンソン
マービン・ウィリアムス、ジョシュ・スミス、ザザ・パチュリア。

・第1Q、INDはシュートが決まらず1-8と出遅れてしまう。
 何とか立て直し、10-10にしたものの、そこから10-0のランで
 10-20とダブルスコアへ。JJやハインリックの3PTが好調。
 16-32まで落ち込んだものの、ダニーが3PTとレイアップを決めて
 21-32で終了。

・第2Q、スターター勝負で適わなければベンチ陣で。
 30-37まで追いついたものの、その頃にはスターターも戻り
 JJのレイアップ、T-Macのダンク、更にJJの3PTが決まり、
 30-44とまた点差が開いていく。残り3分からザザタイムとなり
 更にスミスが決めて34-55と21点ビハインド。昨日のジャズと同じ。
 最後にウエストがブザービーターの3PTを決めて41-59で終了。

・第3Q、最初の得点はダニーの3PT。更にディフェンスがちょっと
 よくなり、こちらばかりがしていたTOをATLにもさせ、シュートも
 入り始める。コリソンがフェイダウェイを決めて50-61。
 7分6秒、ウエストが決め手54-63とついに一桁差に詰めたところで
 スミスの3PT。その後も我慢を続け、ハンズブローが点を重ねますが、
 8点差に迫った所でハインリックの3PT。62-73。
 更にブローがこけて戻りが遅くなった為にスミスにプットバンクダンクを
 決められて62-75と嫌な流れに。しかし諦めないブローはFT3本決めて
 65-75とまた10点差へ。ダニーのチップインとルーのレイアップで69-75。
 ようやく尻尾が見えたと思ったらT-Macの2点。更にルーがせっかく貰った
 FTを2投ミス。直後にスミスに3PTを決められ69-80。これは厳しい。
 と思っていると、プライスが3PTをお返しして72-80で最終Qへ。

・第4Q、お互いに点を取った後にまたハインリックが3PTを決めて11点ビハインド。
 ダンテが決め手80-87にしたと思ったらスミスにフックを決められ、INDは
 ダニーがミス。そこにT-Macの3PTが炸裂し、80-92とまた突き放されます。
 3分程点が止まり、3分34秒、コリソンがようやく決めて10点差。
 しかしリバウンドが取れずにATLにチャンスを与え、更に時間を使われます。
 1分45秒にダニーが3PTを決めて87-97としましたが、その得点のまま終了。
 vs ATL
21点差を6点差まで詰めたということで、INDの力というのは
偽物じゃないということが分かります。しかし今日は全てにおいて
ATLが上をいっていました。リバウンドは12個差、内オフェンスが6。
ファストブレイクは11-28と勝負にならず。
 
IND 87 - 97 ATL 16288
Pacers 17-8
 FG 33/75 (.440) 3PT 5/14 (.357) FT 16/26 (.696)
 33reb 18ast 8stl 12TO 3blk
D.グレンジャー 21pts 5reb 4ast
 数字だけみればそこそこですがFGが5/17と酷い。3PTは3/7と
 そこそこ当たっていましたが、連戦の疲れでしょうかね。

D.ウエスト 15pts 6reb
 FG7/13ということでもう少し使っても良かった気がしますが、
 ATLのディフェンスがよくてあまり中で勝負はさせて貰えなかった
 ような印象があります。

R.ヒバート 10pts 13reb
 リバウンドこそ取れたものの、ウエスト同様インサイドでは
 あまり勝負できなかった感じですね。もうちょっとゴリゴリ
 押していっても良かった気がします。

P.ジョージ 5pts 3reb
 今日もファールトラブルであまり仕事させて貰えず。
 ゲーム最初にFTを3本貰ったにも関わらず1本しか決められなかったのが
 この試合を物語っていたような。

D.コリソン 9pts 9ast
 フローターにいってティーグにあっさりブロックされたシーンが
 思い出される。しかし9アシストは彼に取っては良い方だった。
 ダニーのFGとポールの3PTに当たりがこなかったのでもう少し
 シュートを打っても良かったけど、ティーグのDがそうさせなかった。

 T.ハンズブロー 15pts 3reb
  苦しい時によく点を取って追い上げる要因を作ってくれたが
  ATLのインサイド陣に追い出されてリバウンドは取れず。両方を
  期待するのは酷だけど、最近リバウンドが取れていない気がする。

Hawks 17-9
 FG 35/76 (.461) 3PT 9/21 (.429) FT 18/24 (.750)
 45reb 24ast 9stl 15TO 5blk
 M.ウィリアムス 5pts 7reb
 J.スミス 28pts 12reb 3ast 5stl 3blk
 Z.パチュリア 9pts 8reb 
 J.ジョンソン 20pts 6reb 8ast 
 J.ティーグ 5pts 5reb 4ast
  K.ハインリック 17pts 4ast
  T.マグレイディ 13pts

かつてのあこがれのスターT-Macを前にポールが何もできず。
JJにもT-Macにも歯が立ちませんでした。

ペイサーズ、ホークス、マジックにおける食物連鎖も見事なものです。
INDはORLが苦手。ORLはATLが苦手(昨プレイオフ)つまり
IND<ORL<ATLということでATLに歯が立たないのも納得。

スタッツだけ見れば他のチーム相手になら勝ててもおかしくない(IND的には)
数字だっただけに、単に苦手なのかもしれない。ヒバートはホーフォードが
いなかったけど活躍させて貰えず。残念でした。

まぁ何故か今順位的にはINDがATLの上にいますが、普通に考えれば
ATLは強豪です。今シーズンなぜか調子のいいINDが勝てなかったからと
いっておかしな話ではありません。連戦、アウェイ、という事を考えれば
よくやったと褒めてあげたいです。
関連記事


コメント

  1. cdc | URL | 3/2tU3w2

    Re: Game 25 @ホークス【NBA_Pacers】

    ATLは苦戦が予想されながらも健闘してますね。一時失点でリーグトップだったディフェンスが効いてる気がします。INDも点差を詰める底力はお見事。しかし相手は強かったというところでしょうか。ATLは昨季POではORLを破って2回戦に進出しただけに、食物連鎖を覆すかもしれません。

  2. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > cdcさん

    ティーグの成長もあり、T-Macもベンチからあれだけ
    やってくれれば十分層があついチームですよね。ホーフォードが
    帰ってくればインサイドも厚みが増しますしプレイオフでは
    楽しみですね。

    IND的には食物連鎖を三つ巴に持って行きたい所ですが、
    まだ時間がかかりそうです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1279-82d44332
この記事へのトラックバック


New