Game 26 @グリズリーズ【NBA_Pacers】

2012年02月11日 11:00

ペイサーズは1日休みを挟んでメンフィスでグリズリーズと対戦。
今日からMEMはトニー・アレンが戻ってくるとのこと。
そしてINDはジェフ・フォスターが遂に復帰しました。

第1Q、INDはTO連発でFTも外し、1-8という酷いスタートを切ります。
しかしダニーの2本の3PT等で一度は15-13とリードを奪いましたが
22-22で第1Qを終えました。

第2Q、MEMはマリース・スペイツが好調を維持し、
得点にリバウンドにディフェンスと活躍をみせます。
INDはFT多く貰う物のあまり決める事ができず、シュートを
外し始めていたMEMと互角の勝負をします。
FGが決まらず、FTも2本決める事ができず、MEMに
リードを許し始めます。しっかり決めていればリードを
奪えている展開なのですが非常にもったいないです。

少し立て直してFGも決まる様になりましたが、やはりFTは
1本しか決められず。一旦4点リードを奪ったものの、結局
47-47で前半終了。最後にロングパスをしてカットされましたが
ああいうプレイは止めてもらいたいですね。
どんなに遠くからでも打てば入る可能性が0ではないので
無理に近づいて奪われるよりも自分達で打った方がよいです。

第3Q、相変わらずTOが減らず自分達のオフェンスができません。
一時リードを広げられましたが、コリソンの3PTで逆転したりと
まだ試合を決定づけさせません。FTは少し入る様になりましたが、
TOで攻撃回数が少ないというのが残念です。こんなIND相手に
良い勝負をしてくれている今日のMEMなのでTOをなくすか
FTを決めていれば、、、と思うばかりです。最後はまたボールを
奪われて攻撃出来ずに73-73で終了。

第4Q、序盤にINDがリードを奪う展開になりましたが、
3ポイントプレイを決められて2点ビハインド。ポールがFTを2本決めて
9分半で77-77の同点となりました。しかしダニーが5ファールで
ベンチへ。しかし12-2のランを仕掛けられ77-86と一気に離されました。
そこから踏ん張って5分18秒にダンテが3PTを決めて84-86。更に
MEMに24秒ギリギリで打たせてミスを誘い、ウエストがインサイドで
決めて86-86の同点になりました。

メイヨに2本のFTを決められ2点ビハインド。INDはダニーがミス。
MEMはパスを焦りTO。ヒバートがオフェンスリバウンドから
ファールを貰ってFT1/2で87-88。ガソルにファールを与えましたが
彼もFT1/2で87-89。残り3分を切りました。

ヒバートとスペイツがそれぞれインサイドでミス。
更にウエストもミスして2分を切ります。
ここでトニー・アレンに簡単に決められ87-91。
ポールのレイアップがミスし、リバウンドを獲ったヒバートでしたが
シュートはガソルに抑えられてジャンプボールに。それをMEMボール
とされてしまい、残り1分30秒。
ガソルに簡単に抜かれてファールしたもののFT2本決められて87-93。

ウエストが決めて1分を切った所で89-93。
時間を使われてシュートはミスしたもののリバウンドが獲れずに
MEMボール。ファールにいかざるをえなくなり89-95。
タイムアウト後、ダニーが3PTを決めますが、追いつける事もなく。
最後の最後まで気合いの入らないまま今シーズン初の連敗。

FT決めていれば勝てた試合でしたし、TOが多すぎました。
明日はホームでナゲッツと対戦です。ホームとはいえ、こちらは
連戦、DENは1日休養。厳しい戦いになりそうです。

オールスターセンター対決?
そんなものはマーク・ガソルの圧勝でしたよ。っと。
IND 92 - 98 MEM 16281
Pacers 17-9
 FG 30/78 (.385) 3PT 6/16 (.375) FT 26/37 (.703)
 48reb 14ast 3stl 14TO 3blk
D.グレンジャー 19pts 4reb
 シュートタッチは悪くなかったものの、インサイドにいってもファールを
 貰えずに自分がファールトラブルに。最後の3PTを決めたので彼が
 もう少しプレイすることができれば違った展開だったかもしれません。

D.ウエスト 22pts 13reb
 こちらもファールトラブルですが、ポイントでもリバウンドでも
 数字は伸びました。しかし大事な所でFTを外したり、後一歩。

R.ヒバート 5pts 7reb
 ガソルに圧倒されブロックまで食らっています。気が抜けましたかね。
 そして身長はあってもブロック0。この試合良い所なし。FTは3/6。

P.ジョージ 8pts 10reb
 リバウンドは頑張りましたが、ファストブレイクのダンクをブロックされる
 失態をおかしています。相手が詰めているときはオーバーなダンクはいらないので
 確実に点を取ってもらいたいです。

D.コリソン 9pts 5ast
 あまり目立った所がなかったように思います。38分も出ているので
 明日の試合の疲れが心配です。

 T.ハンズブロー 7pts
  頑張ってはくれたのですが、シュートを決めたと思ったら
  その前にトラベリングだったりともったいない動きが多かったです。

 J.フォスター 6pts 7reb
  ようやく復帰してくれました。12分半の出場で7ポイント。
  簡単なプットバックを焦ってミスした一本がもったいなかったです。

 D.ジョーンズ 10pts
  FTでコツコツ点を稼いでくれましたが報われず。

Grizzlies 14-13
 FG 34/74 (.466) 3PT 1/9 (.111) FT 29/37 (.784)
 37reb 19ast 9stl 9TO 7blk
R.ゲイ 21pts 3reb
M.スペイツ 19pts 9reb
M.ガソル 15pts 7reb 4ast 3blk
Q.ポンデクスター 6pts
M.コンリー 15pts 4reb 6ast
 O.J.メイヨ 13pts 5reb

リードチェンジ18回、ゲームタイ17回という激しい試合になりましたが、
最後はさらっと持って行かれてしまいました。今月は連戦ばかりですし、
来週はMIAから始まる1回目の3連戦が待っています。

ホームとロードを繰り返す日程が恨めしいですね。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1284-ed9d586d
    この記事へのトラックバック


    New