Game 29 @キャバリアーズ【NBA_Pacers】

2012年02月16日 13:06

ペイサーズは高性能再生機能を搭載したチームのようです。
今日はクリーブランドでキャブスと対戦しましたが、昨日の
ヒート戦とほぼ同じ様な展開で序盤からダブルスコアに近い
ボコられようでした。

ダニーは右足首の捻挫で欠場。しかしCLEもバレジャオを欠くという
インサイドに不安のある試合となるはずでした。そしてオールスター
発表後から調子を落としているヒバートもここで奮起しなければ
いつやるんだという事です。

しかし代わりに出てきたエルデンにキャリアハイの18ポイントを取られ
ヒバート自身は17ポイントしか取れず。といってもここに関しては
ヒバートだけが悪いという訳ではないです。アービングに引っかき回されて
ヘルプに出て行った所にアービングとエルデンのピックアンドロールが
決まってしまうという、基礎中の基礎のオフェンスにやられました。
アービングの様に機動力のあるPGのいるチームには滅法弱いINDですが
今日もそのいつものやられ方でボコられました。

前半ダンテはFG1/7、エース代行のウエストは1/11とみっともない確率。
逆にCLEはボールが回り誰が打っても高確率で決めて来ました。

また、INDはポールが前半3ファールで4分しか出場できませんでした。
これにより、アウトサイドのシュートがなくなってしまった為、
追いつくこともなくズルズルと18点差~20点前後の差で時間だけが
過ぎていきました。終盤に少し追い詰めましたが、74-86、残り4分で打った
ポールの3PTが外れた時点で試合は完璧に終わりました。
あそこで一桁差に詰めておけば何かが起こったかもしれませんが、
CLEはしっかりと対処してINDをクローズアウト。

ダニーもヒルもジェフもいなくて、自慢の層の厚さが
なくなってしまった事を差し引いても酷いゲームでした。
相手もバレジャオにアンソニー・パーカーを欠いている訳ですからね。
FTを貰っても2本ミスするポールとブロー、それぞれ2/6と4/8です。

CLEは中盤までFG60%近い確率で決めていたので、普通に戦っても
厳しい試合になったと思いますが、ヒバートとウエストにはガッカリです。

特にウエスト、怪我を恐れてなのかインサイドまで行っても
フローター気味のシュートが多すぎます。あんなソフトなプレイでは
ダメですよ。また、今日は全体的にファールを貰いながらのシュートが
全く入りませんでした。なかなか笛を吹いて貰えない時間帯がありましたが、
FTの確率が悪かったので更に得点が伸びませんでした。

これで5連敗。今日はグリズリーズ相手にそこそこ良い試合をした
ネッツが相手です。これも厳しいでしょうね。3連戦3連敗と共に
6連敗となる可能性大です。

誰一人としてプレイ中に危機感を持った顔をしていないのですよね。
あーあー今日もこんな感じか~とだらけている印象が強いです。

そういえば今日もルーがダンクをブロックしていました。
ジェレミー・リン関連の話で、ウォリアーズから出た選手は
大成する選手が多いという事だそうですので、もしかしたら
彼にもブレイクする日が来るのでしょうか。
IND 87 - 98 IND 12712

Pacers 17-12 絶賛貯金食いつぶし中の5連敗
 FG 32/87(.368) 3PT 5/16(.312) FT 18/27(.667)
 44reb 9ast 4stl 6TO 6blk
D.ジョーンズ 3pts 5reb
 37分近く出場しておきながら昨日12分弱しか出ていないダニーと
 同じ得点。ダニーの代わりでスターター出場というのは、昨日の
 ダニーと同じ点数を取ればいいということではないですよ?

D.ウエスト 10pts 10reb
 一番態度が顔に出やすい彼が早々に覇気のない顔をしては
 ダメです。前半1/11ってどうすればそこまで外せるのでしょうか。

R.ヒバート 17pts 8reb
 今までよりは良くなりました。しかし、今日の試合に限っては
 これでは足りません。ブロックも1つしかなく、負け試合で
 無駄に33分も出場。疲れが貯まって明日も微妙な試合しか
 出来なければジキルとハイドオブザイヤーの再来となります。

D.コリソン 18pts 3ast
 チームメイトが得点できないので自ら取ってくれましたが、
 ディフェンスではアービングに良いようにやられてチームのDも
 崩れました。その結果のピックアンドロールからの失点です。
 同じようにヒバートとやってみればいいのですが、DCには
 そこまでの器量がないのかもしれません。

P.ジョージ 11pts 8reb
 前半4分しか出場せず、トータルでも3PT1/6と外しまくり。
 何回かドライブで良いオフェンスを見せましたが、アンドワンには
 ならず、FTも外しすぎ。ダニーの代わりにはまだまだなれません。

 L.スティーブンソン 9pts
  自身初の3PTを決め、シュートミス以外は大きなミスも
  ありませんでしたが、チームを助けるカンフル材にはなれず。

 T.ハンズブロー 4pts 4reb
  FT4/8でFGは0/3。
  やはりブラックホール化して時間を潰すことが多いです。

 A.J.プライス 11pts
  やはりランスよりプライスを第2PGとして使った方が
  チームとしてはまとまるかと思います。3PTもそこそこ打てますし
  ポールがいない時間に彼にシュートを打たせるべきだったかもしれません。

 L.アマンドソン 4pts 4reb 3blk
  得点ではあまり活躍できませんが、最近ディフェンスで見せますね。
  ダンクをブロックしたシーンもありました。

Cavaliers 11-16
 FG 36/77(.468) 3PT 10/27(.370) FT 16/23(.696)
 46reb 24ast 5stl 11TO 4blk
O.カスピ 10pts 9reb 3ast
A.ジェイミソン 13pts 8reb 4ast
S.エルデン 18pts 8reb
D.ギブソン 8pts 3ast
K.アービング 22pts 3reb 5ast
 R.セッションズ 13pts 4reb 4ast

連敗中は自然と辛口になってしまいますねぇ。。。
関連記事


コメント

  1. アマダナ | URL | -

    序盤が序盤だっただけに、否が応でも期待してしまうのですがやはりペイサーズはペイサーズだったんですかね…

    選手を欠いているとはいえ、ここまでボコられるようなメンツでもない気がするんですよね

    次は勝って欲しいですが、負けたら発狂しそうですw

  2. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > アマダナさん

    ただでさえダンテをスターターにしてベンチが薄くなった所に
    ポールのファールトラブルでランスを出さなければいけなかったので
    オフェンスもディフェンスも質が下がってしまいましたね。

    今のベンチにはランス、プライス、ルー、調子の下がったブローしか
    いないのでスターターでやられてしまうともう取り返しが付きません。
    ヒルの怪我以降何故かブローも元気ありませんし、せめてダニーが
    早めに戻ってくれないと貯金0になる可能性大だと思います。

    CLEは決して弱いチームではありませんが、こういった取りこぼしは
    他チームの連敗ストッパーにつながりそうで心配です。CHAとの
    試合が近い上に、オーガスティン復帰、更にヘンダーソンもIND戦
    には復帰していそうなので怖いですね。

    というか、IND戦で復帰する人本当に多すぎです・・・

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1293-b375dae7
この記事へのトラックバック


New