Game 33 @ボブキャッツ【NBA_Pacers】

2012年02月23日 12:48

今日はオールスター前最後の試合。
ペイサーズはシャーロットに乗り込んでボブキャッツと対戦しました。
この試合からジョージ・ヒルが復帰。アメリカ時間1月31日以来の
登場となったようですが、帰ってきたのはヒルだけではありませんでした。

第1Q、最初は点を取り合いますが、CHAがオフェンスリバウンドを
取りまくります。その結果残り4分に10-19とリードを広げられました。
ダニーの3PTやベンチから出てきたハンズブローの得点で
23-28と5点差まで詰めて終了。

第2Q、INDはリバウンドが取れず、何度もCHAにチャンスを与えます。
更にスティールされ、ファストブレイクでダンクに行かれましたが、
ここはルーのブロック。最近こういうシーンがよく見られます。
ジワジワと攻め、7分1秒にダンテが3PTを決めてようやく34-33と逆転。
攻防が続き、ケンバ・ウォーカーに3PTを決められましたが、
ダンテがお返しして41-40とまた逆転。そこからコリソンがFT4本と3PTの
7連続得点を決めて、さらにポールがレイアップを決めて50-40と
10点のリードを奪うことに成功。マゲッティにレイアップを決められ
50-42で前半が終わりました。途中23-8のランが決まりました。

第3Q、低迷していたCHAのオフェンスが息を吹き返します。
オーガスティンの3PTとディアウのレイアップで3点差まで詰められると、
ダニーがチップインでようやく得点。しかしレジー・ウィリアムズに
3PTを決められ、52-50と2点差に。INDがここから6-2と頑張り、
ヒバートのフックで58-52。この間CHAはリバウンドを取りながらも
3PTミスが続きました。しかしまたCHAのオフェンスが復調し、
オーガスティンの3PTで62-62の同点にされてしまいました。

すると、ここでポールが3PTを決めて65-62。
DCとマゲッティが決めた後、ダニーとブローが得点を重ね。
気がついたら残り2分を切った所で76-66とリードを広げていました。
さらに復帰したヒルのレイアップが決まり12点リード。
ケンバにFT2本決められたあと、残り40秒でINDボールとなりましたが、
ここからシュートを外してもリバウンドを取り続け、CHAに反撃の
機会を与えませんでした。結局得点は入りませんでしたが、
78-68で第3Q終了。
Hansbrough vs CHA
第4Q、ハンズブローがカウントワンスローを決めて11点リードに。
ダンテのプットバンクダンクやヒルのジャンプショット、ルーの
チップインなどがあり、7分47秒に89-70とゲームを支配します。
結局第4Qはスターターが戻ることなく、2ndユニットで
戦い抜きました。それでもINDの得点が緩む事はなく、最大21点の
リードを奪う展開に。最後の最後こそ多少詰め寄られましたが、
昨日の試合をオーバータイムでスターターがお疲れな中、
ベンチ陣の活躍により後半ほとんど出番無くオールスター休暇に
入ることになりました。

序盤CHAに好き勝手やられましたが、今日は全員の良い所が
でた試合となったのではないでしょうか。今シーズンLAL戦で
感じた鳥肌の立つような試合展開を今日を見ることができました。
まさにチームプレー。

お帰りジョージ・ヒル。そしてハンズブロー。
君の活躍を待っていました。
IND 102 - 88 CHA 13458
Pacers 21-12
 FG 34/85(.400) 3PT 7/16(.438) FT 27/32(.844)
 57reb 20ast 5stl 6TO 7blk
D.グレンジャー 12pts 5reb
 相変わらずFG(2/11)と3PT(1/5)はボロボロですがFTで
 コツコツ稼ぎました。外はダメと判断したのか、ドライブから
 ファールを貰いにいくプレイに切り替えたのでしょうかね。
 シュートが不調でもFTで稼ぐっていうのはエースとして
 重要な仕事だと思います。

D.ウエスト 6pts 6reb
 24分弱とあまりプレイタイムがありませんでしたが、
 これはハンズブローが好調過ぎて出る幕がない感じでした。
 FGは2本しか決めていませんが、よい場面で決めてくれた印象が
 あります。

R.ヒバート 9pts 8reb
 ファールトラブルで第3Qにベンチに下がりましたが、
 2ndユニットが頑張ってくれたおかげでコートに戻る必要が
 ありませんでした。数字的には微妙ですが、オールスターも
 ありますし、よい調整となったのではないでしょうか。
 ビヨンボとのマッチアップはもうちょっと見たかったですが。

P.ジョージ 10pts
 2本の3PTを決めていましたが、他のスターター同様、
 ベンチ陣の方が頑張っていたので休憩が多かったです。

D.コリソン 10pts 5reb 4ast
 今日もファストブレイクミスがありましたが、
 連戦の2試合目でプレイする必要がなかったのは
 チームとしては良い状態と言えるかもしれません。

 T.ハンズブロー 22pts 9reb
  おかえりなさい。
  3月も近付き、ようやくPsycho-Tが帰ってきました。
  まぁ5個もブロックを受けていますが、ミドルにプットバックに
  アンドワンと止まりませんでした。

 L.アマンドソン 8pts 12reb 
  今日もダンクブロックを見せ、自らもダンクをブロックされました。
  スターターがリバウンドで苦しんでいる中、よく取りました。
  ポイントも稼ぎましたが、最近はディフェンスで存在感を示しています。

 A.J.プライス 11pts 4reb 6ast
  コリソンともランスとも違い、正当派PGタイプのプライス。
  ヒルがまだ本格始動ではないとしても、今日も見せ場を作りました。
  彼が好調だとチームも流れが良くなります。

 D.ジョーンズ 10pts
  良いところで3PTを決めてくれました。アテンプトは少ないですが、
  不調からは抜け出せましたかね?

 G.ヒル 4pts 4reb 3ast
  剥離骨折から1ヶ月も経たずに復帰。
  動けていたので問題はないかと思われます。プライスとの
  共存が楽しみです。

Bobcats 4-28
 FG 31/88(.352) 3PT 8/19(.421) FT 18/23(.783)
 46reb 23ast 3stl 11TO 13blk
C.マゲッティ 20pts
B.ディアウ 4pts 11reb 8ast
B.ビヨンボ 9pts 10reb 6blk
R.ウィリアムズ 6pts 5reb
D.J.オーガスティン 15pts 4reb 3ast
 K.ウォーカー 14pts 5ast

第1QのCHAは3PTも好調でオフェンシブリバウンドも多く取りました。
しかし後半失速。最終的にはリバウンドもオフェンシブリバウンドも
INDが多くとりました。TOが少なかったのも立て直せた要因の一つです。

CHAは第3Qに同点に追いついた後が続きませんでした。
これでINDは対CHA戦9連勝だそうです。
関連記事


コメント

  1. haty | URL | -

    Re: Game 33 @ボブキャッツ【NBA_Pacers】

    おお!今日のスコアリーダーがハンズブローとは!
    開幕前NBA好きの弟に「今年はブレイクする!」と大見得を切っただけにうれしい限り!(弟は「誰?」って言ってましたが(笑))
    ヒルも帰ってきてAS明けが楽しみですね。
    その前に、ポールはダンク頑張って!

  2. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > hatyさん

    最近不調続きだったので心配でしたが、スターターが疲れている今日
    これほどの活躍をしてくれるとはやってくれますね!
    ヒバートとポール以外はゆっくり休んで貰って、二人には
    大舞台での良い経験をしてきて貰いたいですね。

    ポールはダンクもありますが、ライジングスターも楽しみですね~

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1306-09c7a94e
この記事へのトラックバック


New