Game 45 @ウィザーズ【NBA_Pacers】

2012年03月23日 12:17

ペイサーズは今日からback-to-back-to-backsとなり
初戦はワシントンに乗り込んでウィザーズと対戦しました。

と、その前にINDはFAのウクライナ人センターのキリーロ・フェセンコと
シーズン終了までの契約を結ぶことになるようです。
BOSも名乗りを上げていたようですが、INDのキャップスペースの余裕が
有利に働いたようです。ジェフ引退と共に新しい7フッターの加入。
これは嬉しいです。

さて、今日の試合です。
スタートは4-5とお互いミスなしで進みました。
その後、WASだけはノーミスでシュートを決め続け、7分46秒には
6-17とあっという間に二桁得点差にされてしまいました。
さすがにWASもパーフェクトではなくなりましたが、INDは
シュートが悉く外れる中、高確率でシュートを決められ、
残り2分には14-30とダブルスコアに。INDはセカンドユニットを
投入しても前の試合のような爆発は起こらず。
18-34で第1Qを終えることになりました。

第2Qはどちらのシュートも決まらなくなり、5分47秒に19-40と
ダブルスコアをキープされていました。直後にコリソンが3PTを決めて
22-40としましたが、第2Qは31-51と20点ビハインドで終わりました。

第3Q、10分3秒にトレバー・ブッカーのダンクが決まり、36-55。
ここからポールのFT決められて2本、ダニーのレイアップ2本と3PT、
ヒバートのティップショットがきまり11-0のランで47-55と
8点差に迫りました。4分26秒にジョン・ウォールが決めてまた
10点差にされましたが、ヒバートのフック、ヒバートがスティールして
DCがレイアップを決め51-57。と徐々に点差を詰めたのですが、
残り2分からケビン・セラフィンにジャンプショットとアリウープレイアップ
を決められ、更にウォールにFTを与えてしまい1/2。55-66と
再び11点差にされてしまいましたが、ハンズブローがFTを2本決めて
57-66で最終Qへ。

第4Q、セカンドチャンスを与えてしまい、セラフィンのフックで57-68。
INDはアマンドソンのレイアップとファールを貰いましたがFTはミス。
ウォールの3PTをヒルがブロックし、結果24秒バイオレーション。
その次のオフェンスでINDはダンテがバルボサからのパスを受けて3PT。
更にINDはオフェンスリバウンドを粘り、ブローがFT2本を獲得。
2本決めて64-68と4点差にすることに成功しました。

WASはネネがFTを2本とも外し、バルボサがランニングジャンプショットを
決めて66-68。お互いに点を決め合い、7分13秒にウエストが13点目となる
ジャンプショットを決めて70-71、遂に1点差に迫りました。

が、ここで時間ギリギリ使われてシングルトンに3PTを決められ、
DCのパスミスからファストブレイクでウォールにダンクをかまされ
70-76と逃げられてしまいました。

残り6分を切り、チャンスはあると思いながらも、序盤の
INDの不調とWASの好調が頭をよぎります。INDはリバウンドを
粘り、ヒバートがファールを貰いますがFT1/2で71-76。

お互いにミスをした後、ヒバートがフックを決めて73-76。
ここに来てヒバートの動きがキレはじめました。更にINDは
スティールに成功するもののファストブレイクにはならず、ポールの
3PTもミス。シングルトンにレイアップを決められて更にファールが
あり3ポイントプレイを献上してしまいました。

しかしヒバートの気持ちがまだ切れておらず、再びフックを決めて75-79。
ジョーダン・クロフォードにFT1本決められた後、ポールのバッドパスで
TOとなりましたが、ヒバートもスティールをしてダニーのレイアップに
繋げて77-81。ネネがレイアップを決めて2分32秒で77-83。

徐々に厳しくなって来ましたが、ここでもヒバートがフックを決めます。
4点ビハインドの状況でWASに24秒バイオレーションでTOをさせます。
ダニーがドライブしてFTを貰い2本決めて81-83。

1分20秒、クロフォードの3PTが外れ、INDはポールが3PTを打ちましたが
ミス。しかしウエストがリバウンド。ポールがほぼ同じ位置から3PTを
打ち、今度は決めて残り1分1秒で遂に逆転。

カメラがポールを映していると、ディフェンスに戻ったポールが
オフェンスに戻る姿が。なんとネネのインバウンズをDCが
クラッチスティール。ボールを保持し、時間を使います。

35秒にヒバートがシュートを打ちましたがミス。
しかしウエストがリバウンドを取り、再度INDポゼッション。
時間を使って苦し紛れに打ったDCのシュートは外れましたが
更にウエストがボールを弾いてボールはDCの元へ。
残り9.5秒、DCのFTは1/2で85-83となりました。

タイムアウト後、WASはウォールがフリーでのシュートを試みますが、
INDディフェンスがうまく対応できました。一度3ポイントラインに
戻ったあと、再びドライブしてシュートを打ち、これがネットに
吸い込まれましたが、ブザー後のシュートでした。

前半はWASの好調とIND全員がシュート不足とTOの為、
最大22点ものリードを奪われましたが、後半からはそれぞれが
活躍し、見事な復活劇で勝利をものにしました。
Win at WAS
INDはスティールしてもファストブレイクが決まらず、
70-71と迫った場面でも痛恨のミスをしてしまいましたが、
流れを切らずに最後の1分は奇跡的な展開となりました。

3PTを決めたポールもお見事でしたが、残り1分から相手に
1ポゼッションしか与えなかったのが素晴らしかったです。

・デビッド・ウエストが残り70秒で3つのオフェンスリバウンド
・ポール・ジョージの勝ち越し3PT
・直後DCの値千金のインバウンズスティール

これには痺れました。
ジェフもインディアナでこの勝利を喜んでくれているでしょうか。
IND 85 - 83 WAS 15874
Pacers 27-18
 FG% 31/74(.419) 3PT 4/18(.222) FT 19/28(.679)
 40reb 17ast 13stl 16TO 3blk
D.グレンジャー 16pts 4reb 3ast
D.ウエスト 13pts 4reb 4ast 3stl
R.ヒバート 19pts 9reb
P.ジョージ 13pts 5reb 3ast 4stl 4TO
D.コリソン 6pts 4reb 5ast 3TO

Wizards 11-35
 FG 30/71(.423) 3PT 5/18(.278) FT 18/23(.783)
 35reb 19ast 10stl 14TO 3blk
C.シングルトン 16pts
T.ブッカー 8pts 7reb
ネネ 6pts 5reb
J.クロフォード 21pts 3reb 5ast 3stl
J.ウォール 16pts 4reb 9ast

ベンチからルーとブローが5リバウンドずつ。ベンチパワー炸裂とは
いきませんでしたが、ダンテの3PTで繋ぎましたし、こういう試合でも
結果勝てたのは大きな価値があります。

もうちょっとファストブレイクの成功率を上げて
TOも少なくして貰いたいですね。

ウォールのショットが時間切れで助かりました。
実質決めているのでやはり恐ろしい選手です。
---
最後のポールのウォールに対するディフェンスを
「時間を使わせることに成功」という評価になりそうですね。

ポール・ジョージ
「運が良かった。彼が時間をかけてシュートを打ってくれた。
 白旗を揚げる必要はなかった。何度もくじけそうになったけど
 これが我々の力なんだ。」

ロイ・ヒバート
「(DCは)時々魔法を使ったかのように現れるんだ。
 いつもの様にディフェンスに戻っていたんだけど
 またオフェンスに戻る事になっていたよ。
 (ウエストについて)彼は指を脱臼(捻挫ではなく?)していたんだけど
 ボールを弾きだしてくれた。彼の気持ちの強さだよね。
 彼のリバウンドが今日の勝利を大きく呼び寄せたね。」

フランク・ボーゲル
「試合の最後のディフェンスとしてはベストだった。
 相手にボールを渡さない。」

ジョン・ウォール
「なんとかシュートチャンスを作ろうとしたんだけど
 それをするだけにスペースがなかった。
 後半になるといつも停滞してしまう。動けないんだ。
 悪いシュートセレクションが多かったようにね。
 最後、全てのリバウンドが相手に渡ってしまった。
 ボールを取れない事にフラストレーションが溜まったよ。
 彼らのリバウンドとボールを弾き出す素晴らしい仕事だったね。」

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1359-1cc61963
    この記事へのトラックバック


    New