Game 48 vsヒート【NBA_Pacers】

2012年03月27日 14:22

1月4日 IND 83 - 118 MIA -35点
2月14日 MIA 105 - 90 IND -15点
3月10日 IND 91 - 93 MIA -2点
3月26日 @インディアナ

と言うわけでうまく対応をしてきたと言うわけではありませんが
流れ的に試合ごとに点差が縮まって来ているヒート戦。
ペイサーズサイドも、今シーズンMIAを倒す最後のチャンスと
動員を呼びかけるかのように客を煽っていました。

そしてLPBBでは今シーズン初、ペイサーズの選手紹介から
放送されるというラッキーな日でした。まぁ、映像はファンから見ても
正直あまり格好良くないというか、イマイチ盛り上がりに欠ける感じを
受けましたが・・・映像と声の繋ぎ方が間延びしていて
徐々に盛り上がる感じが出せていませんでした。

第1Q、ヒバートがフックを決めて、ボッシュはオフェンシブファール。
ポールとチャルマーズが2点ずつ加えると、ダニーが3PTをヒット。
2-7と幸先の良いスタートを切ります。しかし、2連続でチャルマーズに
スティールを許す悪いリズムに。運良くMIAもミスしてくれましたが
一気に持って行かれる所でした。9-12となった後、コリソンの
スティールからポールがダンクを決め、もう一回DCがスティールを
しましたが、今度は決まらず。更にMIAは3連続TOをし、INDは
DCが3PTをサイドから決めて9-17といつになくアグレッシブな
オフェンスを見せました。

しかしここからチャルマーズ、ウェイドに3PTを許し、ダニーが2本の
FGを決めてリードを保ちますが、最後レブロンへのブロックが失敗し
ダンテがファールを取られましたが、これがフレグラント1とされ、
FT2本、そしてMIAポゼッションと変わってしまいました。そして
最後にレブロンに3PTを決められて24-24で終了しました。

第2Q、レブロンの3ポイントプレイなどで29-24と5点ビハインド。
INDもハンズブローのレイアップやバルボサのレイアップで
同点に追いつきます。5分44秒にウェイドのレイアップで38-32と
6点リードをされましたが、ポールのレイアップ、ウエストのシュートが
決まり、ヒバートがFT2本を決めて38-38の同点に追いつきます。
しばらくシーソーゲームが続き、ウエストtoヒバートのアリウープや
ヒバートがレブロンを抑えてのダンクを決める等勢いがありました。
そしてこのダンクの後、DCがスティールをしてすぐさまレイアップ。
44-46と逆転。覚えている限りで今シーズン3回目のカメラに映っていない
所でのスティールが出ました。前回のWAS戦は試合を決めるビッグスティール
でしたが、今日のこれも大きかったですね。

MIAが最後のオフェンスを失敗すると
リバウンドを拾ったポールがハーフラインから3PTを放り、これが
見事にヒット。46-49と3点リードで前半を終えることに成功しました。

第3Q、お互いにTOをした後、ウエストがフローティングショットを決め、
ウエストのスティールからDCがファストブレイクでボースハンドダンク。
あと少しぶら下がっていたらテクニカルを取られる所でした。
ボッシュのシュートが外れ、INDはポールが3PTを決めて10点リード。
直後のボッシュのシュートをヒバートがブロック。
INDはリバウンドを何度も拾いながらも得点できず、するとウェイドが
3PTを決めて49-56。しかしDCがお返しの3PTで49-59.
DC vs MIAThe Associated Press
リードを広げたい所でしたが、なんとMIAがここから9連続得点で
58-59と1点差まで詰められてしまいました。今日のウェイドは
3PTが当たっていました。しかしINDもウエストとDCが決め、
ジョエル・アンソニーにダンクをかまされましたが、DCがレイアップを
決め、ヒバートが今度はレブロンのシュートをブロック。その流れで
ダニーがジャンプショットを決めて60-67。ここでMIAがタイムアウト。

2分33秒にはダニーが3PTを決めて60-71と11点リードにします。
残り43秒にはバルボサも続いて3PTを決めて65-78と13点のリードを
持って最終Qに臨むことになりました。

第4Q、ハスレムがシュートを決めると、先ほど3PTを決めたバルボサが
もう1本3PTを決めて67-81。ウェイドがお返しの3PTを決めて来ましたが、
更にバルボサがサイドから3PTを決めて70-84。ディフェンスにいった
ウェイドもこれにはガッカリのジェスチャー。

両者ミスの後、バティエが3PTを決めて73-84になりましたが、
ここでまたバルボサがやってくれました。今度はファールを貰いながらの
ランニングシュートを決め、3ポイントプレイで点差を縮めさせません。
Barbosa vs MIAThe Associated Press
しかしウェイドも3ポイントプレイで応えてきます。
何度も突き放しに成功しているのに3点で追い上げてくるウェイド。
やはりすごいプレイヤーですね。6分46秒に今度はレブロンが3PTを決めて
80-89と一桁得点まで追いついてきます。ブローのFTで2点取ると、
ボッシュもFTで2点を決めまだ9点差。

5分54秒DCが3PTを打ちましたがミス。しかしウエストがリバウンドを取り、
ダニーに渡すと3PTを即打ち。これを決めて82-94と12点リード。
今度こそ逃げ切り体制だと思っていたら今度はボッシュが3ポイントプレイで
85-94、また9点差になりました。BIG3と呼ばれるだけあって勝負強いです。
3人とも3点ずつ決めてくるとは・・・

5分3秒、DCがスティールをされてしまいましたが、ウェイドがミス。
INDはサイドからダニーが3PTを打ったところ、バティエにファールされ
3本のFTを得ます。これをしっかり決めて87-99。こちらも3点構成を
継続することに成功。

タイムアウトの後、ボッシュのバッドパスでINDのオフェンスに。
シュートはミスしましたが2回オフェンスリバウンドを奪い、
ポールがレイアップを決めて87-101と100点ゲームへ。

この後、ボッシュがFTを2本ミスし、INDもミスが続きましたが
2分36秒のチャルマーズのFTも1本のみで88-101。
その後驚異的な追い上げが来ることもなく、無事に試合終了。
今シーズンのヒート戦、4戦目にしてようやく勝利。
MIAは連戦、INDは休み明けという好条件でしたが、好調なシュートと
DCのアグレッシブさが勝利を呼び込みました。

この試合、実況席にジェフ・フォスターが座っていました。
引退したのでベンチに入ることはできないのですかね。
残念ですが、また姿を見せて貰いたいものです。

また、過去を振り返る映像でレジー・ミラー率いるペイサーズが
ニックスを破りファイナル進出を決めた時の映像が流れました。
デイルにおんぶされながらロッカールームに入るレジーが映りました。

あの時のインタビューは今でも覚えています。
「試合前にチームメイトに聞いたんだ。後1勝でファイナルに進めるとする。
 どこでどこのチームと戦いたいかって。みんな口を揃えてこう答えたよ。
 "Knicks in the Garden"」

ってNYK戦でもないのに脱線してしまいました。
こういった時代から今のペイサーズまでジェフが橋渡しをしてくれました。
ダニーも最高のチームメイトだったとジェフを称えていました。

彼の目の前でMIAに勝利できたのは嬉しいですね。
プレイオフに入ればこうはいかない事は分かっていますが、
若いチームには強敵に勝って勢いを付けることも大切です。

今シーズンはブルズ、レイカーズ、マブス、マジック、そしてヒートに
勝利することができました。(MIAには3敗、ORLにも負け越しですが)
勝ったときのイメージというのも必要になりますし、今シーズンは
本当によい経験を積んでいると思います。
MIA 90 - 105 IND 17415
Heat 35-13
 FG 29/69(.420) 3PT 8/20(.400) FT 24/37(.649)
 33reb 11ast 6stl 17TO 7blk
L.ジェームズ 24pts 9reb 6TO
C.ボッシュ 14pts 
J.アンソニー 2pts 
D.ウェイド 24pts 5reb 6ast 4blk
M.チャルマーズ 13pts 4reb 3ast

Pacers 29-19
 FG 37/81(.457) 3PT 10/18(.556) FT 21/28(.750)
 49reb 20ast 8stl 14TO 4blk
D.グレンジャー 25pts 9reb 3ast
 今シーズンのヒート戦で全く活躍出来なかった帳尻合わせかのように
 大事な所でのシュート、特に3PTを良く決めてくれました。
 最初の3PTが決まったので調子に乗れましたかね。見事なエースっぷりでした。

D.ウエスト 10pts 12reb 4ast
 ポイントは10点ですが、リバウンドを良く取り、ヒバートへの
 アリウープパスもお見事。ボッシュにもボコられずに済みました。

R.ヒバート 11pts 9reb 5TO 3blk
 前回ジョエルさんに何もさせて貰えませんでしたが、今日はTOが
 多く、ポイントも伸びない中、ボッシュとレブロン相手にブロック、
 レブロンを避けてのダンクなど流れを作りました。

P.ジョージ 16pts 10reb 3ast
 ウェイドに追われながらもファストブレイクのダンクを決めたり、
 10点リードにする3PTを決めたりとよく動きました。
 前半終了時のブザービーター3PTで流れを作りましたね。

D.コリソン 20pts 3reb 3ast 4stl 4TO
 アシストが少なく、TOも多めですが、今日はシュートが好調、
 勢いづけるダンクも決める等チームを牽引しました。
 2本の3PTはでかかったですね。

 T.ハンズブロー 8pts
  MDJにやられたほお骨をかばうためにフェイスマスクを付けて登場。
  今シーズンはゴーグルにマスクに一人仮装状態で忙しいですが、
  ゴール下でファールを貰いFT決められてで稼ぎました。

 L.バルボサ 14pts
  14分の出場で14ポイント。打ち9点は98秒内に取ったようです。
  MIAを寄せ付けずに済んだのはこの人のおかげです。
  14分で11本のシュートを打つのもすごいですが
  きっちり決めて来たのが素晴らしい。しかし±は-8なんですね。
  意外な感じがします。

昨日爆発のヒルが今日は0ポイントでしたが3アシストを記録。
エゴを表に出さない選手達なので、誰かが活躍できればいいんです。
多分今のチーム状態はそんな感じだと思います。

リバウンドを49-33と圧倒。ファストブレイクも11-4と
珍しくMIAよりも多かったです。
---
フランク・ボーゲル
「我々は今夜こそやってやるという気持ちで臨んだ。
 高いレベルで競争できている。プレイオフに向けてこの状態を
 キープしてシーズンを終えることを楽しみにしているよ。」
 (今日もテクニカル取られましたので気をつけて下さい。)

レブロン・ジェームズ
「いくつかのターンオーバーが響いてしまったね。我々は攻撃し続け、
 みんな勝つためにプレイをしていた。ただちょっとしたミスがいくつか出た。
 こういうTOは良くないね。自分でも反省部分は理解しているよ。」

ポール・ジョージ(第2Qのブザービーターについて)
「残り時間が少ない事は分かってた。入れ!って祈りながら
 シュートを打ったんだよ。あれはビッグショットだった。
 ラッキーだったね。」

ジョージ・ヒル
「我々はお互いに信頼しきっている。シーズンの序盤はそうでないこともあり、
 自分勝手なプレイをしたり、ディフェンスを一生懸命やらないこともあった。
 そういうチームではマイアミの様な素晴らしいチームには勝つ事はできないね。
 今日、我々は素晴らしいチームであること、お互いにコミュニケーションを
 取りながら良いチームになろうとしていることを証明できたと思うよ。」

ドウェイン・ウェイド
「彼らはチームとして良くなってきている。彼らはオフシーズンに動き、
 その結果が現れるのに時間がかかっていたみたいだね。今シーズン4回
 戦い、彼らも我々を倒すチャンスがあった。そして今日がその日になった。
 彼らはいつもフィジカルなプレイをしているよ。」

なお、このゲームの開始前にジェフ・フォスターの引退が発表され、
13年間のハイライトビデオがハーフタイムに流されたそうです。
もちろんスタンディングオベーションで迎えられました。
関連記事


コメント

  1. yohzi | URL | -

    Re: Game 48 vsヒート【NBA_Pacers】

    フォスターの名前を見るたびにウルウルしてしまいます。
    もうインサイドで味方を鼓舞する姿が見れないんですね。
    彼のためにも、プレーオフで今日のような試合をして欲しいです。

  2. れじーふぁん | URL | 2L1wsbiA

    Re: Game 48 vsヒート【NBA_Pacers】

    こんばんは。
    いつもこのブログで、ペイサーズ関連の情報を入手しています。

    私は今季からLPBB(NBA.TV)を契約し、ペイサーズ戦だけは欠かさず観戦しており、試合後、このブログを見て、英語が分からないために聞き逃したりしたことを勉強させてもらっています!

    そんな記事の中、いつも共感することが多く、ペイサーズファンとしてホントに楽しませてもらっています!

    今日のMIA戦にはフォスターが解説?招待?で出ていましたね。

    フォスターが画面に出てきた時は、正直泣いちゃいましたね。。。
    今シーズン終了まででも頑張ってほしかった。。。

    誰かが!とかではなく、
    チーム全体でフォスターの魂を受け継いでほしいものです!!

    頑張れ!ペイサーズ!!

  3. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > yohziさん

    正直オフェンスは期待できないのにコートにいる時の
    安心感はすごかったですね。リバウンドとディフェンスで
    チームに貢献してくれました。まさかこんなに愛すべきプレイヤーに
    なるとは思いもしませんでした。
    これからも試合見に来て欲しいですね。

  4. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > れじーふぁんさん

    自分も根っからのレジーファンです。
    彼の最後の置き土産がジェフだったと感じますね。
    本当はJOが受け継ぐべきものだったのですが。。。

    と他の話は置いておき(笑)、自分も英語はそこまでよくわかってないので
    nba.comやyahooでテキストになっている部分を引っ張っています。
    翻訳も適当なので多々間違いはあると思いますが、、、
    こうやってINDファンの方とコミュニケーションが取れて嬉しいです。

    マーケットスクエアアリーナの最後のダンクを決めたシーンや
    実況のクインも笑いながら言っていた"Young Jeff Foster"更に
    キャリア最後のシュート(特にこれ)が映されて、引退を実感しました。

    最後はジャンプショットだったのかと本人も笑っていましたね。
    今シーズンはブザービーターの3PTを決めたり、少ないプレイタイムでも
    記憶に残るプレイをしてくれました。
    華やかさはなかったかもしれませんでしたが、インディアナという
    フランチャイズにこういった偉大なプレイヤーが生まれた事を喜びたいです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1367-b632903b
この記事へのトラックバック


New