Reggie Miller for the Hall of Fame【NBA_Pacers】

2012年04月05日 15:39

先日、殿堂入りが確定したレジーですが、もう一度おさらいです。
大まかな経歴は昨年、殿堂入りを逃した時に書いたものでチェック。

18年間インディアナ・ペイサーズ一筋で現役を終えたレジー・ミラー。
9月7日に正式に発表されることになります。

レジー
「人々に忘れないで貰いたいのは、私は18年間、同じ組織で
 プレイする機会に恵まれたということだ。ニューヨークやLA、シカゴといった
 大都市の様にスモールマーケットでも成功したいと思った。
 18年間トレードされずに過ごすことができたんだ。」

その忠誠心が彼をインディアナポリスに戻る事を決断させるかもしれない。
球団社長のラリー・バードは来年は職を離れる事を示唆している。レジーは
今現在、フランチャイズの経営に興味を示していないが、来年そのポストは
空くことになる。

現在TNTで働くレジーはそれについて
「確かにそれは素晴らしいチャンスではある。自分はインディアナ州で
 生まれ育った訳ではないけど、自分のホームだと言える。」


レジーの他にもインディアナポリスにはもう一つの忠誠心を示した
人物がいた。NFL、インディアナポリス・コルツのペイトン・マニングである。
彼は14年間インディアナでプレイし、今年デンバー・ブロンコスへ
移籍してしまったが、レジーは彼とインディアナへの愛を共有したと語っている。

「ペイトンのことはよく知っているよ。彼と話す機会があったんだ。
 彼はここでキャリアを終えたいと思っていたけど、コルツは別の道を歩んだ。
 チームの為に正しい事をしただけなんだけどね。個人的に話をしただけさ。
 同じ様な境遇にいたし、スモールマーケットにいつづけたいと思う人が
 好きなんだ。彼はここに居続けたいと思っていたんだよ。」
チームを6度カンファレンスファイナルへ導き、2000年にはNBAファイナル、
5回のオールスター選出にペイサーズの13のカテゴリー中10個でトップに入る
彼の成績。通算25,279ポイント、昨年までの3ポイント記録保持者と
記憶に残るプレイの他にもきちんと記録に残っている。

レジーの思い出の一つに、04-05シーズンの例の乱闘後、
チーム状況が酷かったにも関わらず、みんなで団結して
プレイオフに進出したことが挙げられる。

ベンチ入り6人とか7人で戦わないといけない試合があったり、
主力の3人が抜けてボロボロのチームを39歳のベテランが引っ張り、
自らの手でチームをプレイオフに導きました。若手へ出番を譲り
自らは隠居化していた晩年ですが、思いも寄らぬ事件で、再度
"俺のチーム"を牽引することになりました。

ラリー・バードも、自分が指揮していた時代、サム・パーキンスや
マーク・ジャクソン、デイル・デイビス、クリス・マリンといった
ハードワーカーがいる中でも際立っていたのがレジー・ミラーだったと
コメントしています。

「レジーだからできたんだろうね。みんな一生懸命だったよ。
 でもレジーは突出していた。全体練習の後、少なくとも1時間は
 シューティングの練習をしていた。そしてそれが浸透して全員が
 同じ様にハードに練習するようになった。」


レジーはこの成功は既に殿堂入りを果たした3人によってもたらされたもの
だと言う。ジャック・ラムジー、ラリー・ブラウン、ラリー・バードである。

「多くの壁を乗り越える事ができたのは彼らの教えのおかげだよ。
 ジャック・ラムジーには体調管理の重要さをたたき込まれた。
 ラリー・ブラウンは細かい事にも注意を払うことと勝ち方を教わった。
 ラリー・バードは自己犠牲と完璧主義の人だった。」

レジーの栄光は、1987年のドラフトで彼をピックしたドニー・ウォルシュの
責任がきっかけだった。(当時インディアナ出身のプレイヤーをピックするものと
思われており、そうしなかった為、当初ブーイングを浴びた)
ドニー・ウォルシュ
「彼の殿堂入りを聞いてとても嬉しいよ。彼は素晴らしいプレイヤーに成長した。
 最初は彼がこんな偉大な選手になるとは予測できなかったが、次々と
 ビッグショットを決め続け、成長を続けていった。彼は自分がハードに
 臨む事で周囲のみんなにも良い影響を与え、勝つ方法を習得したんだ。」

レジーはウォルシュを信頼している。
「(殿堂入りの)投票者が次の候補者を決める時には、ドニー・ウォルシュを
 候補にいれるべきだね。自分の18年間というものが語られるが、その全てを
 一人のGM/社長と共に歩むことができた。それがドニーだった。
 我々は同じビジョンを共有してペイサーズを作り上げたんだ。」
関連記事


コメント

  1. yohzi | URL | -

    Re: Reggie Miller for the Hall of Fame【NBA_Pacers】

    レジーのようにはっきり言って田舎のチームに忠誠を誓うようなスターはもしかしたらもう見られないかもしれないですね。
    ペイトンの方も以前のようなプレイができなくてもコルツに残ってほしかったです。怪我から完治さえすればいまだNFLのアイコン的存在ですし。

    どのスポーツでも再びインディアナから殿堂入りする選手が現れればいいですね。今のトコ候補はいなそうですが笑

  2. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > yohziさん

    自分は後々知ったのですが、彼にもニューヨークへ行くチャンスが
    あったそうですね。結局NYKが選んだのはアラン・ヒューストンだったという
    話を知りました。
    元々LA育ちで大学もUCLAと大都市で育った彼がインディアナの様な
    田舎で18年もチームを引っ張ったというのは希なケースかもしれませんね。
    根っからのテキサス人のジェフもすっかりHoosierになってしまいましたが(笑)

    殿堂入りと考えると結構難しいですよね。
    ペイサーズの欠番とかならまだ考えられますが、、、
    今の若手もそう育ってもらいたいものです(笑)

  3. れじーふぁん | URL | ypwk5MN6

    Re: Reggie Miller for the Hall of Fame【NBA_Pacers】

    レジーはやはりカッコいいですね。ちょいと感涙です。

    レジーやフォスターのように、ダニー、ポール、ヒバートなど、これからもずっとペイサーズ一筋でいてほしいものです。

    数年後、もし、彼らがレジーのフランチャイズ記録を破る時が来たとしたら、複雑な気分になるとは思いますが、それは嬉しくもあるでしょうね。

    …この記事を読んで、ペイサーズファンで良かったと改めて思いました。

  4. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > れじーふぁんさん

    彼の言うとおり、自分だけの力でここまで来れなかったということでしょうね。
    18年間同じチームでプレイできたのは球団との関係も重要ですし、
    実力の他にも運というものも大きく関わっていたのかもしれません。

    いろいろあるスポーツの中でNBA、さらに30チームの中で(当時は29チームでしたが)
    ペイサーズというチームを好きになって本当に良かったです。
    次は自分がルーキーから見ている選手が永久欠番、殿堂入りになる過程を
    見てみたいです。もちろん優勝も。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1390-15a5705c
この記事へのトラックバック


New