影踏み / 横山秀夫

2012年04月06日 12:59

少し前になりますが、横山秀夫の「影踏み」を読みました。
短編ですが、同じ登場人物で時系列になっているため、
非常に読みやすくて面白かったです。

あらすじ
 深夜の稲村家。女は夫に火を放とうとしている。忍び込みのプロ・真壁修一は
 侵入した夫婦の寝室で殺意を感じた―。直後に逮捕された真壁は、二年後、
 刑務所を出所してすぐ、稲村家の秘密を調べ始めた。だが、夫婦は離婚、
 事件は何も起こっていなかった。思い過ごしだったのか?
 母に焼き殺された弟の無念を重ね、
 真壁は女の行方を執拗に追った…。(「消息」より)

 
脳内に死んでしまった双子の弟が住み着き、会話するというファンタジー。
これを受け入れられない人には厳しいと思いますが、自分は特に気にならず。
終盤、タイトルの意味が明かされますが、なるほどといった感じです。

消息
刻印
抱擁
業火
使徒
遺言
行方

使徒はちょっと良いお話です。
読んでから時間が経ってしまったので感想は省略。

これを読み終わってすぐ東野圭吾の「変身」も読みました。
種類は違いますが、人格という区別で似てるかと思って読み返したのですが、
やはり方向性は全く違うものでしたね。どちらも楽しめましたが。
---
久しぶりに米澤穂信の文庫版が発売されるようで嬉しいです。
4月20日「追想五断章」が発売予定。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1391-f6f30698
    この記事へのトラックバック


    New