11-12シーズン ジョージ・ヒル【NBA_Pacers】

2012年06月11日 15:11

出身:インディアナ インディアナポリス 1986年5月4日(26歳)
身長:6-2 体重:180

サラリーキャップのジレンマから抜け出した昨年、ラリー・バードは
ドラフト1巡目で指名したカワイ・レナードをスパーズに送り、地元の元スター、
ジョージ・ヒルをインディアナに呼んだ。このトレードはペイサーズを
ポストシーズンの旋風を巻き起こすための準備だった。

スロースタートで苦労したが、TOR戦でのタフな勝利、キックボール疑惑の
ラストプレイでのスティールからの勝利を得たGSW戦、と活躍を見せ始めたが、
元々のポジションのSGではなく、PGとしての起用が多かった。
ネッツ戦で足首を痛め、3週間欠場となることもあった。
ペイサーズはシーズン中の契約延長に失敗し、この夏のFAとなる。

チームはヒルの残留を望んでいるが、その場合、スターティングPGをヒルにするのか
コリソンにするのかという問題も残る。

DCの怪我で急遽ヒルがスターターとなり、7連勝や4月の11勝1敗スタートなど、
順調だった。しかし、プレイオフに入るとスタートダッシュに成功しても、
セカンドユニットで追いつかれてしまった。
DCがベンチからヒルの様なプレイをしてもそれだけでは足りなかった。

その他の課題としては、ポール・ジョージのオフェンスの機会を
減らしてしまったことにある。PGとしてのジョージ・ヒルはポールのスペースを
多く取りすぎてしまった。

オーランドとのポストシーズン、ヒルはジャミーア・ネルソンにマッチアップしたが、
彼を抑え切る事はできなかった。
レギュラーシーズンではヒルスタートのチームで好成績を収めたが、
マイアミとのシリーズのハイレベルのバスケットボールでは効果が薄かった。
ヒルとコリソンを攻略されてしまったのである。

ヒバートとウエストが抑えられ、ヒルも自身のプレイをさせて貰えず、
最後の3連敗の試合は苦しいものだった。ヒルがスターターとなったことで、
ベンチの層が薄くなってしまったのも原因の一つだった。

Good
スターターとなってから素晴らしい活躍をみせた。それは予想外の起用だったにも関わらず、
期待以上の結果をもたらした。4月のスケジュールに恵まれていたというのもあるが、
彼の活躍は突出していた。

ヒルはチームにここ数年失っていたダイナミックさを与えた。
ビッグショットにも怯えずに、押しが必要な時間に仕事をやってのけた。
彼の終盤のビッグ3PTは珍しいことではなかった。

Not Good
ヒルの好プレイにも関わらず、PGとして見た場合は良い面も悪い面もあった。
幾度となく素晴らしいプレイを見せ、スターターとしてスコアリングガードになってから、
PGとして得点に繋げる事が減ってしまった、シーズンの終盤になると、
ポール・ジョージが二桁のFGアテンプトを放つことが減ってしまった。
今後もコリソンでなく、ヒルをスターターとして使う場合、更なるレベルアップが必要となる。

今後
シーズン中の契約延長にサインをせず、制限付FAとなったヒル。
もちろん再契約を望んでいるが、チームはロイ・ヒバートを最優先としている為、
他のチームのオファーの金額によってはマッチできない可能性も0ではない。
長期のチームプランを遂行する為に失敗はできない。

ヒルは代替が効かないプレイヤーという訳ではありませんが、
それは大きな問題になりません。しかし、昨年の1巡目指名権という大きな代償を
支払っており、1年のレンタル移籍で終わってしまうのは得策とは言えません。
スパーズでのカワイ・レナードの活躍を見れば尚更です。
レナードの成長はSASだからこそ、とも言えますが、ケニス・ファリード、
マーション・ブルックス、イマン・シャンパートと言った優良物件を手にする
可能性もあっただけに、このままヒルを失うというのは大きな損失となります。

インディアナが支払えるレベルのオファーであればマッチに間違いないでしょう。

INDY CORNROWS
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1500-1f517e71
    この記事へのトラックバック


    New