MAXオファーにマッチした場合のサラリー【NBA_Pacers】

2012年07月02日 17:23

12-13シーズンの現状のロスターとサラリーをチェック。

ダニー・グレンジャー 13M
デイビッド・ウエスト 10M
タイラー・ハンズブロー 3M
ダンテ・ジョーンズ 2.9M
ポール・ジョージ 2.6M
ダレン・コリソン 2.3M
ランス・スティーブンソン 0.9M
ジェフ・ペンダーグラフ 0.8M
8人 計35.6M(35,676,961ドル)

ヒバートが4年58ミリオンで年間1Mずつ上がる計算で
(13+14+15+16=58)だとすると、

ロイ・ヒバート 13M
で9人 計48.6M

更にサラリー不明のルーキー2人
マイルズ・プラムリー
オーランド・ジョンソン
を追加して11人 計48.6M+α

ここにヒルとの再契約を入れるとサラリーは結構キツキツになってきますね。
仮に58Mとすると9.4Mでヒルがこの半分で済んだとしても4.7Mで
ルーキー2人と最大3人までの5人を確保することに。

PG (ヒル) DC ランス
SG ポール ダンテ
SF ダニー オーランド
PF ウエスト ブロー
C (ヒバート) マイルズ ジェフ

やはりPGとビッグマンに不安が残ります。
DCかブローのトレードはあるかもしれませんね。
関連記事


コメント

  1. HIsa | URL | -

    Re: MAXオファーにマッチした場合のサラリー【NBA_Pacers】

    昨シーズンは悔しくもこれからに期待が持てる幕切れでしたが、
    管理人様、熱い記事をありがとうございました。楽しかったです。
    今シーズンもいよいよ始まりますが、よろしくお願いします!

    それはそうと、
    やはりというかヒバートのサラリーが結構圧迫しそうですね・・・。
    バルボサ&アマンドソンの
    いけいけサンズコンビとの再契約は厳しそうでしょうか。
    お気に入りだったのですが・・・。

    このところE.ゴードンの名前が出ていたので
    バルボサと再契約しないのならばこれは良いぞと思っていましたが
    ヒルとの再契約が優先されそうですね。
    いっそのこと、G.おでんと最低年俸契約とかダメなのでしょうか。
    PO頃まで地元チームでリハビリに勤しんでもらい復活とか。
    何かの間違いで地元三人組が揃ったら
    少しは観客動員が増えるのだろうかなどと考えてしまいました。

    一体この先どうなるか見えませんが、
    バード神なきあとウォルシュ&プリチャードコンビに期待です!

  2. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > HIsaさん

    ヒバートがいなくなると昨シーズンの勢いをそのまま、
    という事にはならなくなってしまいますが、来シーズンも
    よろしくお願いします。

    ドラフトで劣化ブローが加わり、ブローもいる為、ルーの居場所が
    なくなってしまった気がします。ブローをトレードでルー再契約も
    無しではないと思っていますが、どう動くでしょうかね。

    バルボサもプレイオフでの不調が響きましたが、
    もうちょっと安い値段で再契約してくれるなら、残って貰いたいです。

    オデン君は12-13シーズンもほぼ欠場が決まっていたと思うので
    今年契約するのはお金が余っているチームでないと勿体ないような
    気がします。最終的に来てくれたら嬉しいですね。

    取りあえずヒルは残留決まったようなので良かったです!

  3. レジー、マーク | URL | -

    Re: MAXオファーにマッチした場合のサラリー【NBA_Pacers】

    ヒバートにはいろんな意味で残留してほしいのですが・ファンへの対応など素晴らしいのも好感がもてますので、来年も期待していたのですが。なぜか?ホーネッツの2人のゴードン、ケイマンと会談したそうですね。SGはわかります。ただケイマンとの事はヒバートがいなくなる事の布石なのか?など考えてしまいます。ヒルとの再契約は良かったなーと思います。

  4. HIsa | URL | -

    Re: MAXオファーにマッチした場合のサラリー【NBA_Pacers】

    ヒル残留きまりましたね!良かったです。
    ヒバートともマッチして
    昨シーズンのスタメン揃い踏みとしてほしいですが、
    チームの+アルファの補強が難しくなりそうです。
    ウォルシュ復帰初年なので何かやりそうですが、
    サイン&トレードなんてのもありえるのでしょうかね・・・。
    僕もヒバート残留第一優先を願ってますがちょっと心配です。

    ヒート、ブルズに追いつくためにも、
    ヒバートキープで
    チームのストロングポイントとなりそうな
    インサイドをもう一押し(それはルーでもいいと思っていますが!)
    強化してほしいです・・・。

  5. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > レジー、マークさん

    ゴードンはヒバートの件が決まる前から交渉の予定は入っていた様に
    思えますが、ケイマンはどうなのでしょうかね。
    もともとバードは彼を欲しがっていましたが、最悪2ヶ月のレンタルで
    終わってしまうのを避けたそうです。

    マヒンミに興味とか他の情報も出てきましたね・・・

  6. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > HIsaさん

    安くはありませんでしたが、高額ではないヒルの5年契約に
    安心しています。あとはヒバートがどうなるかですね。

    昨シーズン、INDの強みは高さとリバウンドで
    その結果セミファイナルまで進出という躍進だったので
    そこは崩さない方が良いと思いますが、マッチすると
    それ以上の補強が難しくなるのが複雑ですね。

  7. HIsa | URL | -

    Re: MAXオファーにマッチした場合のサラリー【NBA_Pacers】

    インサイド頑張りたいですよね。
    ヒルの40MのMAX長期契約はちょっと心配ですが、
    こうなったらヒバートとも長期契約を結んで、
    NBAを代表するコンビになってほしいですね。
    (要ダンカン&パーカーに弟子入り)

    ブロー(やルー)のハッスルは今のペイサーズには
    絶対必要だと思いますが、
    インサイドでは高さがもの足りない分
    中途半端な感じがありますよね・・・特にDリバウンドが。
    その分レジー・エバンスでも連れてきて
    更にリバウンド強化でもしないかなと思っていたら
    あれあれあれ・・・ネッツへ!?

    ・・・地味でもいいので安くて実のある契約を!!
    (ネッツの派手さがうらやましいわけじゃないですよw)

  8. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > HIsaさん

    他のチームの補強が優勝を狙えるものに対して、INDはまだ
    時期尚早といった感じになってしまいましたね。ヒバートを出したら
    当分戻ってくることはできないかもしれません。

    インサイドでのハッスル要員ですが、もしかしたらプラムリー君が
    担ってくれるかもしれません。ブローやルーよりも背はありますし、
    大学では少ない時間でもそれなりにリバウンドを取っていたので、
    ちょっと期待したいですね。ドラフト評価は最低でしたが・・・

    ヒル、ポール、ビッグマンで今後の核を作ってくれればと思います。
    そのビッグマンがヒバートであればいいのですが、どうも金額が
    高すぎますね。。。

  9. HIsa | URL | -

    Re: MAXオファーにマッチした場合のサラリー【NBA_Pacers】

    >管理人さん

    プラムリー君の映像はいくつか見てみたのですが、
    言われているほど悪い感じはしないですよね・・・。
    サイズも悪くないですし。
    それにINDYに来るホワイトマンはいい仕事をするような・・・。
    歳を食っているのがアレですが、
    個人的にジェフ御大の後を任せてみよう!
    という気にはなっていますw 最悪リバウンドだけでもイイですので!

    ヒバートは高額ですがここ数日
    それでもインサイドは彼を中心に作っていってほしい
    という気になってきました。

    劣化ブローに劣化ムトンボ(失礼!)のインサイドも
    案外いいのでは!
    貴重な7フッターですし。
    フェセンコもキープできれば、
    意外と相手チームにとって嫌なチームになれるのではと。

    やはりINDYはアウェイでこそ嫌われ
    燃え上がるチームじゃないといかんですからねw
    ブローとプラムリー(ヒバートとフェセンコもね)には
    大いにダーティーワークをがんばってほしいです!

  10. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > HIsaさん

    プラムリー君の映像はハイライトでしかみていませんが、
    ハイライトなのでいいとこしか映らないのですよね。
    彼を2巡目で取っていれば批判はなかったのかもしれません。
    ティーグや、賭けでペリー・ジョーンズ等も狙えたのに、という
    評価みたいですね。

    個人的にもちょっと期待しています。背が高いだけでも可能性を感じます。

    自分も今日のレイ・アレンの移籍を見て、ヒバートはキープがいいと
    実感しました。彼は移籍経験ありなので立場は違いますが、
    インディアナはチームに根付くプレイヤーが世代毎にいてもらいたいです。

  11. HIsa | URL | -

    Re: MAXオファーにマッチした場合のサラリー【NBA_Pacers】

    >管理人さん
    確かにティーグは良さそ・・・言わない言わない。

    レジーやジェフを見てきたせいもあって、
    フランチャイズに忠誠を捧げてくれる選手にはグッとくるものがあります。
    今の時代、フランチャイズプレーヤーは絶滅危惧種ですが、
    ヒバートにはその素養はあるのかなと思っています。
    エリア55の活動しかり、チームやファンを大事にするイメージが強いです。
    ただ、ニューヨーカーのヒバートが、ど田舎のインデアナに骨をうずめてくれる気があるのかといわれるとあやしいですが・・・。
    それでも残ってくれたら応援しますし、
    ずっとこのチームで活躍してほしいと思います。
    そういう意味では、なんだかんだと言って、
    ダニーをリスペクトしてはいます。
    レジーに比べるとちょっと(いやだいぶんか?)たよりないですが・・・。

    長い選手生活の中で、移籍せざるを得ないような
    仕様がないタイミングなどはあると思います。
    だから一概に移籍をしない選手がえらいとは思いませんが、
    それでもレジーやジェフが見せてくれたチームへの献身は、
    彼等を特別な選手にしているんですよね。
    だから、某キングなどは、やっぱり心のどこか奥底で好きになれないんです・・・(ファンの方ごめんなさい)。

    そういうこともあって、ヒバート残れw
    そして、ダニーと強いインデアナを築いてくれ!
    と念じていますw

  12. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > HIsaさん

    選手が一つのチームに留まる、またはトレードやFAで去って行く事は
    自分からアクションを起こすこともありますが、チーム事情でやむなく
    という人もいますからね。運の要素も強いと思います。
    ユーイングやオラジュワンでさえ晩年は他のチームに移籍してしまいましたし、
    それで彼らの価値が下がったかと言われるとそうは思いませんが、
    やはりインディアナにおけるレジーはドラマ性もあり、自らがファンということもあって
    思い入れが深いです。

    生まれも育ちもLAだったレジー、ネイティブテキサス人だったジェフ、
    更にはオランダ人のスミッツ(笑)といったいろんな環境で育ったプレイヤーが
    フランチャイズプレイヤーとなってくれたのは嬉しいですね。

  13. HIsa | URL | -

    Re: MAXオファーにマッチした場合のサラリー【NBA_Pacers】

    >管理人さん
    仰るように選手にとってはチーム事情やマネージメントによる
    「運」の要素の強い移籍の方が多いかもしれませんね、
    特に最近では。
    キングコングとドリームの移籍のときは本当に寂しい気持ちになりましたっけ・・・。そういう意味では最後まで「アンフライング」で残れたスミッツは幸せだったような。

    もしかしたら、レジーもジェフも結果的に残りはしたけれど
    (ジェフについてはそんなコメント出ていませんでしたっけ)、
    他のビッグマーケットに行きたい気持ちはどこかにあったのかも・・・とも、
    今になっては思えなくもありません。

    特に、レジーはいい歳にもかかわらず
    チームのロスターがスカスカな中目一杯プレーしたり、
    帰ってみたら家が燃やされてたり、
    これでよくチームに残ったなwというような
    ドラマチックな選手生活でしたもんね。
    (むしろこういった逆境がなかったら移籍していたのかもしれない?)

    僕なりの最大の賛辞を贈るとしたら
    「NBA最高のへそ曲がり野郎」ですw

    インデアナにはこんなフランチャイズプレーヤーが
    また出てきてほしいと思いますし、
    これからも見守っていきたいと思います。


    長々とコメントをすみません。
    またおつきあいくださってありがとうございます!

  14. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > HIsaさん

    後々知った事ですが、実際にレジーはNYK行きの話があったそうですからね。
    NYKがアラン・ヒューストンを選んだ為、実現しなかったそうですが。
    引退後のBOS復帰話も一時は乗り気だったような話もありましたし、
    本当に結果論ではありますが、レジーのファンでいることができたのは
    ラッキーだったと思います。

    まぁ出て行ってしまった選手でも、チームがピンチの時に
    戻ってきてくれたデイル・デイビスのように感動を覚えることもあります(笑)

  15. HIsa | URL | -

    Re: MAXオファーにマッチした場合のサラリー【NBA_Pacers】

    >管理人さん

    デイル永久欠番セレモニーの時も来てくれましたしね。
    イイヤツです。
    角界からプロレスリングへのセカンドキャリアルートよろしく、
    当時NBAからWCWへのルート開拓に一肌脱ぐのは、
    カール・マローンの次はデイルに違いないと疑っていませんでしたが、
    ついに実現しませんでしたw
    (ロドマンがnWoに参戦していましたね・・・。)

    しかし、今更ながらあのサイズで走り回ったり跳び回っている
    NBA選手達は規格外なんだなと実感してしまいます。
    ・・・ヒバートとかでかそうですもんね。
    カポエイラとかやったら結構強そうですw。

  16. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > HIsaさん

    デイルは筋肉の塊みたいな身体してましたからね。
    wikiによると
    "2006年8月、マイアミビーチのホテルで逮捕された際に激しく抵抗したためスタンガンを打たれた"
    とあります。
    素質はあったでしょうね(笑)

  17. HIsa | URL | -

    Re: MAXオファーにマッチした場合のサラリー【NBA_Pacers】

    >管理人さん

    あのサイズで“激しく抵抗”されたら堪らないでしょうねw
    「NBAのゴール下は格闘技さながら」という言葉を聞くまでもなく、
    ビックマン達は実況画面の端で押し合いへし合いを毎度激しくやりあっていますもんね。

    フィル・ジャクソンのアイデアですかね?
    昔ロドマンがシャックをはじめ相手Cにマッチアップして
    そこそこ抑えたりしていたのをみたときは、
    マッチアップの妙というか、
    サイズが違くてもこんな攻防があるのかと、
    異種格闘技さながらドキドキして見ていたのを思い出します。
    (スラムダンクでもそのあたりの描写がうまく描けてて、
    「そうそう!」とえらく共感した覚えがありますw)
    むしろ格闘技の方が階級制が厳格なので、
    こんなガチンコのミスマッチアップはなかなか見れないような・・・。

    最近では誰ですかね?
    ヒバートvsハワードの細太マッチアップも興奮しますが、
    アンドレ・ザ・ジャイアントに向かっていく猪木に
    ヒロイズムを感じていたように(歳がバレますが)、
    大きい選手に向かっていく小さい選手という図式というか
    ゴール下のミスマッチ対決もNBAならではで大好きなんですよね・・・。

  18. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > HIsaさん

    なるほど。そういった見方をしたことが無かったですが、
    確かに面白いですね。でかければ有利という訳でもありませんし。

    PGvsCになると結構PGに軍配が上がる事が多いような気がします。
    自分が見てきた中ではシャックはそれでも別格でしたが。。。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1529-fbc32a04
この記事へのトラックバック


New