再読2冊 東野圭吾、我孫子武丸

2012年07月19日 16:33

東野圭吾のゲームの名は誘拐と我孫子武丸の殺戮にいたる病を再読してみた。

「ゲームの名は誘拐」は藤木直人と仲間由紀恵によって映画化されて
いたようだけど、見る機会はいまだに無い。最後だけどんなだったか
忘れてたので電車の中で良い退屈凌ぎになった。

「殺戮にいたる病」はやはり表現がエグいながらも、結末を知ってから
注意深く読んでも中々面白い。が、内容的には人を選ぶと思うので
おすすめしにくいのも確か。とにかくグロテスク。
叙述トリックを上手く使っており、最初に読んだ時は
ラストを2回位読んでようやく納得できるくらいだった。

伊坂幸太郎の「あるキング」が8月に文庫化される事を知ったので
また楽しみができてよかった。
関連記事


コメント

  1. OKB | URL | -

    かまいたちの夜

    の人ですよね?
    今度読んでみます!
    NBAの情報を探していて出会ったこのブログで読書熱再燃しました
    洋書ばっかり読んでたもので東野さんのもそろそろ読んで見ます

  2. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > OKBさん

    そうです。自分も最初読んだときは知らなかったのですが
    なるほどといった感じでした(笑)

    東野さんも面白い本多いですよね。一部しか読んでませんが
    人気があるのも納得です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1556-e8d5c272
この記事へのトラックバック


New