ロケッツのロスター整理が進んでいるのか分からない【NBA】

2012年09月06日 15:12

<契約>
HOU スコット・マチャドと3年契約
BKN アンドレイ・ブラッチと1年契約へ

マチャドはジェレミー・リンのバックアップ要員の一人となるようですが
トニー・ダグラス、ショウン・リビングストンがいる中で更に追加というのが
よく分かりません。今現在HOUがロスターを何人抱えているのか把握していませんが
まだ15人以上なのは確実。カットするだけなのか、トレードで動く事ができるのか。
どんな動きをみせるのでしょうかね。
関連記事


コメント

  1. cdc | URL | 3/2tU3w2

    Re: ロケッツのロスター整理が進んでいるのか分からない【NBA】

    HOUがジェレミーリンとジェレミーラムを取ったのは、敵の目を晦ますための撹乱作戦。というか、ヒアリングの悪い日本人には聞き分け不可能。

  2. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > cdcさん

    二人が同時にコートに出てたらジェレミーって呼ぶと
    味方も混乱するという、今オフを表すようですね。

    トヨタセンター使ってるのに日本人に優しくないですねぇ(違)

  3. レジー、マーク | URL | -

    Re: ロケッツのロスター整理が進んでいるのか分からない【NBA】

    FAの謎?の高額契約。ドラフトの1順目で3人指名などいろいろな話題をしてくれるロケッツですね。普通に考えればなんだこの編成はです。マジックもそうですが、ハワードに振り回され、どうしようという感じではないのでしょうか。両チーム共にトレードがあるような感じですので、見ていていたいですね。だた再建という点においては、k、マーティンをなんとか放出できれば、良い感じなる可能性もありますので、(なんでスコラにあれをしたのかがすごい謎です)新人3人とリンには注目してます。

  4. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > レジー、マークさん

    ドワイト獲得に走った結果全てが裏目に出てしまった印象がありますが
    来季のサラリーだけみると今の所約48Mで30位なのですよね。
    人数を抱えている割にどうとでも動けるというのは
    不幸中の幸いなのか、それを見越したフロントの動きなのか。。。

    しかし、アシックとリンが変則契約の為、14-15シーズンには
    二人で約30Mを抱えることになります。ルイスは残り3年で17Mと
    お買い得価格だっただけに放出が勿体ない様な気がします。

    ケビン・マーティンも契約最終年ですし、今季は捨てたというだけ
    なのでしょうから、ルーキー達の出番は多いかもしれませんね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1602-bc993c00
この記事へのトラックバック


New