プレシーズン3戦目 vsホークス【NBA_Pacers】

2012年10月17日 14:01

プレシーズン3戦目もやはりNBA GAME TIMEはNot Televised。
映像の確認はハイライトのみとなりました。

この試合、オーランド・ジョンソンがスターターに入り約19分出場。
最初の2ゴールを決める幸先の良いスタートでしたが、6pts、3rebで終了。

デイビッド・ウエストは第1Qのみの出場。チームの得点が止まった時に
頼れるプレイ連発で11pts、3rebでお役ご免。

初戦はみっともないところを見せてしまったロイ・ヒバート。
最後接戦となった為、起用され30分の出場となりましたが、
16pts、11reb、6blkと素晴らしい活躍です。が、5TOは要修正。

3試合連続でスコアリングリーダーとなったポール・ジョージ。
今日もヒバート、D.J.からのパスを受けてアリウープを決めています。
FGは4/14と低いですが、FTは11/11とパーフェクト。
20pts、8reb、4astので4TOがちょっと残念。

前評判ほどアシストの数が伸びないD.J.オーガスティンですが、
FG5/7と自分で無理をして打つタイプではなさそう。
13pts、2astでしたが、32分弱出場でこれは物足りなさを感じます。

エイハーン、ゲインズがDNPの中、今日も起用されているベン・ハンズブロー。
16分の出場で5pts、4astは合格点か。何よりも素晴らしいのは
前の試合から続けてTOが0。

多くの時間を与えるとされていた、ルーキーのマイルズ・プラムリー。
ファールトラブルにより18分弱の出場のみ。しかしその力強いダンクは
ハイライトに選ばれるほど。
201210161915693072315-p2.jpg (AP Photo/Michael Conroy)
兄貴タイラー・ハンズブローはミスが多いながらもリバウンドでのハッスルが
目立ったよう。その後のFTを確実に決めないともったいない。

プラムリーがファールトラブルだったものの、終盤はお互いにスターターを出す
ガチ勝負になったため、思う様にプレイタイムを貰えなかった
ジェフ・ペンダーグラフ。6ptsですが、もうちょっとリバウンドを取りたい。

ランス・スティーブンソン 4pts、6reb、3ast
ジェラルド・グリーン 10ptsですが、今日もアリウープあり。

一方のホークスですが、ジョシュ・スミスとアル・ホーフォードがお休み。
そんな中でのINDインサイドの出来でしたが、ヒバートはなんとなく
ザザが苦手かな?というイメージがあったので、ザザのパチュリアさんを
封じ込めることができたのは良かった。

ATLはベンチスタートのルー・ウィリアムズがチームハイの18pts。
カイル・コーバーが2本の3PTをいきなり決めて来ましたが、その後
ペースは落ち着いたようです。
ジェフ・ティーグとデビン・ハリスのバックコートコンビは
結構脅威になるかもしれませんね。

INDは最後ハンズブロー兄がFTを続けて落としましたが、
それでも31/35と高い確率で沈めました。リバウンドも47-43、
アシストも19-16と上回りましたがTOが18-9とダブルスコア。
ヒバートはブロックで、ポールは得点で挽回していますが、
減らさないとまずいです。

ATL 98 - 102 IND 10786
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1633-e8be5d68
    この記事へのトラックバック


    New