Reggie Miller rule【NBA】

2012年10月25日 12:16

フロッピング罰則化に続き、新たなルールが設けられる事になりました。
レジー・ミラールール(Reggie Miller Rule)と呼ばれるものでファンでも
なるほどと思える内容でした。

シュートを打った際に足を伸ばして相手に当ててファールを貰う行為で
これについては足を出した方のオフェンスファールがコールされるとのことです。
これまでも同じケースでオフェンスファールになることもありましたが、
(試合は忘れましたがペイサーズの選手が取られた記憶はあります)
今後はこの行為でFTを得ることができなくなりそうです。

レジーは引退してもなおシューターに影響を与え続けると揶揄されています。
彼はワイドオープンの時には足を出す必要はありませんでしたが、
ガードが付いた状態ではポストアップからのフェイダウェイで
足を相手に当てる事が多く、これにより簡単にFTを貰う便利なルールでした。

このルールにより、コービー・ブライアント、ドウェイン・ウェイド、
ダーク・ノビツキーらが影響を受けるだろうとのこと。フェイダウェイを
使う事が多々あるプレイヤーですかね。
一方でスティーブ・ノバックのキャッチ&リリースタイプのシューターには
そこまで影響が出ないとのこと。

こちらにはノビ、ウェイド、コービーらのフェイダウェイのムービーが紹介
bleacher report

こっちのトップの写真はあからさま過ぎて笑えます。

色々考えるとレジーは良い時代を過ごして来たのかもしれませんね。
今では審判に文句言ったらテクニカル、得意のプレイではファールと
少しやりにくいかもしれません。昔、NHK BSの放送がある試合の前のゲームで
噛んでいたガムを審判に投げたらそれが見事に命中して、次の試合直前に
出場停止を課されて帰ったことがありましたが、
今それをやったら3試合くらい食らうのでしょうかね。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1639-fac91676
    この記事へのトラックバック


    New