10/30 開幕3ゲーム【NBA】

2012年10月31日 15:46

ペイサーズ的には出鼻を挫かれた感がありますが、NBAが開幕しました。
最初くらいはスタッツもチェックしてみようかと思います。

WAS 84 - 94 CLE
 ジョン・ウォールが怪我で出遅れの為、元INDのA.J.プライスが
 なんとスターター出場。序盤はそれなりに活躍していたのですが、
 終わってみれば7pts-6astでFG2/13。アシストは良いですね。
 二桁得点がジョーダン・クロフォードの11ptsとオカフォーの10ptsのみ。
 12-13シーズン初得点のアリーザも9点に終わりました。

 キャブスは選手紹介で最後に呼び込まれたアンダーソン・バレジャオが
 大活躍。9pts-23reb-9astとオールマイティな活躍。
 カイリー・アービングも29pts-6reb-3ast。
 ルーキーのディオン・ウェイターズも17pts。
 トリスタン・トンプソンが12pts-10rebのダブルダブル。
 プレシーズンでヒバートを苦しめたタイラー・ゼラーは
 15分弱の出場しかありませんでしたが、5pts-2rebを記録。

BOS 107 - 120 MIA
 レイ・アレンの古巣対決。BOSベンチに挨拶に行くものの、
 KGにガン無視される動画が人気のようです。
 BIG2.5なんて揶揄される時代もありましたが、今やクラッチタイムは
 ボッシュ様々。レブロンは足をつった(?)そうで最後出ませんでしたが、
 アレンをはじめ、ルイスも調子を取り戻しているようで、層の厚くなった
 ヒートは昨年以上にやっかいかもしれません。
 レブロン:26pts-10reb-3ast、ウェイド:29pts-3reb-4ast
 ボッシュ:19pts-10reb-3blk、アレン:19pts
 
 セルティックスは今やロンドを混ぜてのBIG3と言えると思いますが、
 6thマンのジェイソン・テリーが当たらず。代わりにバルボサが
 縦横無尽に得点を重ね、終盤の追い上げに貢献しました。
 ピアース:23pts-5reb-5ast、バス:15pts-11reb
 ロンド:20pts-7reb-13ast、バルボサ:16pts

DAL 91 - 99 LAL
 ドワイトが19pts-10rebでファールアウト
 コービーは22pts、ガソルは23pts-13reb-6ast-3blkと
 個人成績は悪くないようですが、ドワイトのFTは3/14。

 DALは6人が二桁得点で、他2人が8pts、1人が7ptsと
 バランス良く得点。元INDのコリソンは17pts-4ast-3stlと
 チームハイで牽引。
 
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1646-f47904e2
    この記事へのトラックバック


    New