ヒバートの出来と勝敗の関係【NBA_Pacers】

2012年11月30日 14:25

ロイ・ヒバート、今シーズンの成績(15試合消化)
28.9min 9.5pts FG.388 FT.529 8.4reb 1.4ast 3.1blk 1.9TO

これを勝った試合と負けた試合で分別すると、以下の通りになります。

勝ち試合 7ゲーム
 30.6min 12.1pts FG.422 FT.556 9.6reb 1.9ast 4.7blk 1.4TO
 (FG:5.0/11.9) FT:2.1/3.9)

負け試合 8ゲーム
 27.5min 8.1pts FG.351 FT.429 8.4reb 1.1ast 1.9blk 2.6TO
 (FG:3.4/11.0 FT:0.4/1.0)

ブロックに関しては11ブロックという、出来すぎの試合が混ざっているため、
差が大きくでていますが、それを除いてもヒバートの出来が勝ち負けに
左右していると言えますね。

勝った試合の中でもWAS戦のFG3/15で7ptsという試合もありますし、
先日のLAL戦もファールトラブルで8pts-5rebでした。

負けた試合ではSAS戦はかろうじて10pts-11rebのダブルダブルでしたが、
他はMIN戦の10ptsのみでリバウンド得点ともに二桁取った試合はありません。

FG、FT共に本数、確率に差があり、やはりディフェンスだけでなく、
オフェンスでも起点になって貰わないと、今のチームでは勝てません。

MAX契約に至った理由は昨年のプレイオフでの活躍があったからです。
11-12 レギュラーシーズン 65ゲーム
 29.8min 12.8pts FG.497 FT.711 8.8reb 1.7ast 2.0blk 2.0TO
11-12 プレイオフ 11ゲーム
 30.9min 11.7pts FG.500 FT.667 11.2reb 1.1ast 3.1blk 2.0TO

FGの確率とリバウンドが今よりも遙かに高いです。
毎試合は厳しいかもしれませんが、これに近い数字を期待されている訳です。
正直、この金額でも4年58Mというのは高過ぎますけどね。

ウエストへの負担も大きくなりすぎですし、ヒルはやや波があり、
ポールも安定しません。

ベンチは日によって少しずつ活躍を見せる選手が出始めましたが、
SAS戦のような勢いは他の試合では見られず。

ヒバートのみの責任ではありませんが、批判の的になるのは
MAX契約の定めでもあります。本人も夜、寝られないほど苦しんでおり、
まだ時間はかかるかもしれませんが、復活に期待したいです。
関連記事


コメント

  1. haeun | URL | -

    Re:ヒバートの出来と勝敗の関係【NBA_Pacers】

    こんばんは。
    ヒバートちょっと心配ですね、僕には真面目そうに見えて彼、変に悩みこんでしまわないといいのにと思います。

    彼の強みはやはりディフェンス、リバウンドでありブロックであると思うんです、だから、そこにまずは集中して、オフェンス面はムリせず確実にやってもらいたいなと思っています。
    ヒバート、カズンズ、うちのモンロー、フェイバース、などリーグのトップセンターの後を追う若い選手たちには今後も注目です。

  2. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > haeunさん

    ノイローゼ気味にならないといいのですが、ディフェンスでは
    いいところを見せているのでまだ大丈夫だと思いたいです。

    ダニーが戻れば点を取りやすくはなるので、ヒバートのオフェンス面での
    負担は減ると思いますが、現状どうしても彼の力が必要ですね。
    いずれはディフェンス特化でもいいかなと思ってます。

    今日はその内のカズンズとの対決です。期待してます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1685-68700a8a
この記事へのトラックバック


New