層の厚さ:Game 17 @ ウォリアーズ【NBA_Pacers】

2012年12月02日 15:24

ウエストコーストトリップ3試合目、最後の相手は
ゴールデンステイト・ウォリアーズ。まぁこの次は
シカゴでの試合なので、4連続アウェイという厳しい日程では
あります。

序盤、GSWはTO連発でしたが、ペイサーズは
シュートが決まらず、どっこいどっこいの勝負となります。
また、ベンチ陣へ交代しはじめると、点が止まり、
20-20で第1Qが終了。

第2Qはカール・ランドリーに好き勝手やられて、
10点ビハインドとなりましたが、INDがスターターを
戻してから逆転に成功。しかし、最後は8-0のランを
食らって44-51で前半終了。

第3Q、クレイ・トンプソンが当たり始め、49-63。
その後もINDは追い上げられず、56-72まで点差を
広げられますが、グリーンとヤングの連続3PT、
ウエストのジャンパーで72-77とカムバックしますが、
最後、ジャレット・ジャックにハーフラインからの3PTを
決められて72-82で終了。

結果、この3点が大きく響きました。

第4Q、マヒンミがレイアップとFTで4連続得点で76-82。
その後、ジャックとランドリーに決められて再び10点ビハインドへ。
さっきの3PTが無ければ一旦3点差まで詰める事ができましたが、
相手に余裕を持たれてしまいました。

最後はステフ・カリーの3PTで追いつく望みを絶たれ、
100点オーバーの敗戦となりました。

トンプソン→ランドリー→ジャックと代わる代わる
活躍する選手の出て来たGSWに完敗です。

この試合、唯一の収穫は、ヒバートが後半オフェンスの
リズムを取り戻した事ですかね。前半が酷過ぎましたが、
15点とりました。が、ポールがSAC戦の4点より更に酷く、0点。

ダニーがいないのに彼まで点が取れないとなれば勝てる訳もありません。

また、この試合は映像がプツプツと途切れる上に、
両チーム共にピッピピッピ笛をならされた為、ストレスの
貯まるゲームでした。

IND 92 - GSW 103 18623
Pacers 8-9
 FG 34/74(.459) 3PT 8/22(.364) FT 16/20(.800)
 8/28=36reb 20ast 6stl 16TO 7blk
D.ウエスト 23pts 8reb 4ast 3stl
P.ジョージ 0pts 5reb 4ast
R.ヒバート 15pts 7reb 5blk
G.ヒル 19pts 3ast
L.スティーブンソン 8pts 4ast
 I.マヒンミ 10pts 4reb

Warriors 10-6
 FG 38/80(.475) 3PT 9/20(.450) FT 18/19(.947)
 11/30=41reb 22ast 5stl 17TO 3blk
H.バーンズ 6pts 5reb
D.リー 13pts 12reb 4ast
E.エジリ 4pts 5reb
K.トンプソン 22pts 7reb
S.カリー 20pts 11ast
 J.ジャック 18pts 5reb 5ast
 C.ランドリー 16pts 4reb

リバウンドでも負けてしまい、後半はTOを連発。
ブルズ戦の翌日はホームでブレイザーズ戦となります。
今日は2OTとなりましたが、終盤にも関わらずタフショットを
連発していましたので、INDもシュートタッチが戻らないと
ホームで惨敗ということもあるかもしれません。

また、この試合もう一つイライラすることが。
GSW側の放送だったのですが、INDプレイヤーを見下した発言が多かったです。
「タイラーがプレイするとすぐにファールが起こる。」
 実際にファール元がタイラーだと、ほら見た事かみたいな感じに。

「タイラーは決められないが、ウエストは決めるね」
 タイラーのシュートスランプ後に、ウエストが決めた後に発言。

「まだFTじゃないぞ、ヒバート。頼むよ、おいおい。」
 ファールを貰った後にFTラインに向かおうとしたヒバートに対して。

また、ヒバートがプレイタイムに対してリバウンドが少ない事を
バカにする様に紹介と、勝ち試合だからか、いつもなのか分かりませんが、
GSW放送のアナウンサーには大変苛立たされました。

次は2月26日にインディアナで対戦があります。
ダニーが戻ってるといいですね。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1687-4a0565b6
    この記事へのトラックバック


    New