Game 25 @ バックス【NBA_Pacers】

2012年12月19日 13:18

今日はアウェイでミルウォーキー・バックスと対戦。
昨年から何かと乱闘の起こる相手なので、不安でしたが、
今回は大丈夫でした。

出だし、両者共にTOが多めでしたが、ペイサーズは
最初の12分で9個のTO。FGを7本も多く打たれますが、
25-21とリードすることができました。ヒバートが好調で
6ポイント、ポールも8ポイントでした。

第2Qは、ベンがジェニングスからスティールして
マヒンミへのダンクへ繋ぐ等、活躍を見せました。
6分47秒に38-32とリードを広げはじめますが、
サンダースへのブロックかと思われたのが
ヒバートのファールになり、FTを1本決められると、
ポールが3PTをミス。MILはダンリービーが3PTを打ち、
決めますが、特に触れたとも思えないのにポールがファールを
取られます。結局4点プレイを決められて38-37へ。
2つの大きな笛で一気にリードを失ってしまいますが、
48-45と何とかリードを保って前半終了。

しかし、第3Qは立て続けに決められて逆転を許します。
何とか食らいつきますが、TOにシュートミスで一方的に
やられます。特にヒバートはオフェンスリバウンドを取っても
動きが遅くて決めきれず、ウエストもインサイドで攻めても
ファールを貰えない事からイライラしてテクニカルを貰います。

第4Q、MDJに3PTを決められて66-75と差が更に開きますが、
マヒンミとタイラーが頑張って繋ぎます。そして12-0のランで
78-75と逆転に成功。

モンテとバー・ア・モーテにFTを決められ逆転されますが、
タイラーもFT2本決めて80-81と追いかけます。
4分51秒にウエストがFTを貰いますが、1本しか決められずに
85-85の同点。ジェニングスにジャンパーを決められた後、
ウエストがサンダースにブロックされ、MILはジェニングスが
3PTを打ちますが、またしてもここで笛が吹かれます。
結局FTは2本しか決められませんでしたが、ウエストの
インサイドは吹かれないのに、こうも簡単に吹かれるとは。

ポールがダンクを決めた後、今度はジェニングスが3PTを沈め87-92。
ウエストはせっかくFTを貰っても1本しか決められず。時間が過ぎ、
MDJにチップを決められて88-94。

この後、1分17秒にヒルが3PTを決めて91-94としますが、
ここでこそ笛を吹くべきだったと思います。

しかし、ジェニングスが止まらず。同点のチャンスでポールが3PTを
打ちましたが、決まらず。最後もヒルがTOで試合終了。

IND 93 - 98 MIL 11739

<敗因>
・TO多すぎ
・ファストブレイクが壊滅的
 一方のMILはジェニングス、モンテがきっちり決める
・ウエストの不調
 これは彼だけが悪い訳ではありませんが、いつもなら決めるショットを
 外し、ファールも貰えない為、イライラしてしまいました
・ヒバートが中途半端
 せっかくリバウンドを取っても押し込めず
 プットバックを狙ってミス、一度持ち直してもミス

今日勝てばディビジョンで上に行くチャンスだっただけに
痛い敗戦です。試合は明日もあるので、切り替えて頑張って貰いたいですが、
相手はインサイド豊富のジャズ。苦戦が強いられそうです。
Pacers 13-12
 FG 32/80(.400) 3PT 2/8(.250) FT 27/34(.794)
 18/33=51reb 15ast 7stl 20TO 3blk
P.ジョージ 16pts 10reb 5ast 5TO
D.ウエスト 12pts 6reb 被ブロック5
R.ヒバート 8pts 10reb
L.スティーブンソン 3pts
G.ヒル 18pts 5reb 4TO
 T.ハンズブロー 9pts 5reb
 I.マヒンミ 14pts 5reb
 B.ハンズブロー 7pts 3ast

Bucks 13-10
 FG 37/86(.430) 3PT 6/15(.400) FT 18/26(.692)
 12/25=37reb 18ast 10stl 15TO 12blk
M.ダニエルズ 7pts
L.バー・ア・モーテ 10pts 10reb
L.サンダース 5pts 9reb 5blk
M.エリス 19pts 6ast 3stl
B.ジェニングス 34pts 5reb 6ast
 M.ダンリービー 17pts 6reb

せっかくベンチが頑張ってくれたのに勿体なかったですね。
前半のFG%は.528でしたが、後半は.295と大幅に下がりました。

最後のジェニングスの3PTが大きかったですね。
何度もリードを広げるチャンスはありましたが、ものに出来ませんでした。


これもありますが。
---
<追記>
悪い所ばかり挙げてもつまらないので、良かった所も。

・ベンが今日もD.J.以上に活躍。スティールからのFB2回は
 チームに良い影響を与え、マヒンミのダンクに繋がったのは上手かった。
・タイラーも弟の影響か、比較的好調になりつつあり、リバウンドからの
 得点も目立った。(何故タイラーに出来てヒバートに出来ないのか・・・)
・マヒンミはファールは多かったけど、スピンムーブからのレイアップが
 綺麗に決まった時は驚いた。ヒバートが苦戦した相手によく頑張りました。

みんなベンチですね・・・

しかし、これでもMILはジェニングスの放出を考えるのでしょうか。
彼が抜けて他ポジションを補強されるよりも、モンテとジェニングスの
どちらかがずっとコートにいるチームの方が怖いです。

ポールとサンダースが同じ年のドラフトなので、彼を残す為に
サラリーを調整する必要があるのかもしれませんね。
急成長を遂げつつあるサンダースですが、どうやら一発屋に
終わりそうにありませんし、何よりもビッグマン。
他チームから吹っ掛けられてもおかしくありません。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1704-82b423d4
    この記事へのトラックバック


    New