Game 29 vs サンズ【NBA_Pacers】

2012年12月29日 10:17

今日はホームでフェニックス・サンズと対戦。
ここの所、サンズが勝ち越していますが、ナッシュとフライに
やられた印象が強いです。その二人は今チームにいない上に、
PGのゴラン・ドラギッチも怪我で欠場。
一方のペイサーズもサム・ヤングがインフルエンザで欠場。
グリーンは足首の捻挫から戻ったものの、ウイングプレイヤーの
3人ローテーションは続くことになりました。

序盤、INDのシュートが決まらない中、PHXは決め続けて
8-1というスタートを迎えます。
しかし、ヒルが3PTを決めると2連続でスティール。
ヒルのレイアップとポールのダンクで12-14と逆転に成功。
14-14となった後、INDは8-0のランで14-22。
途中ヒルが足の付け根を痛めてロッカーへ下がりましたが、
ベンチから出たタイラーが大活躍でした。

第1Qを20-27で終えると、今度はグリーンが3PTを
2本決め、リードを作り始めます。しかし8-0のランをくらい、
34-37となりましたが、ヒルのジャンパー、スティールから
ポールの3PT、さらにランスのリバースレイアップで7-0のラン。
更にPHXはミスが続き、ポールが更に3PTを決めて34-47とします。
その後、ヒバートのスクリーンをうまく使ったヒルの3PT、
ランスの3PTが決まり、最後はテルフェアのテクニカルで1点を追加して
44-58で前半が終了しました。

スロースタートから良い立て直しができました。
ポール:11pts、ヒバート:4pts-6reb、ヒル:15pts
ランス:8pts-4reb-3ast、タイラー:12pts-3reb

前半はPHX.486、IND.561というFG%でしたが、
3PTがPHX:0/4に対し、IND:7/10で好調でした。

しかし、第4Qに入るとINDの流れが止まります。
特にウエストが大ブレーキで、外も中も決まりません。
更にはオーガスティンからウエストへのアリウープパス等、
とんでもない凡ミスもあり、このQで10点詰められて71-75となりました。

第4QはヒバートのレイアップをJOにブロックされるなど、
今日もオフェンス不調。テルフェアに同点にされると、そのJOに
FTを与えてしまい、83-81と逆転されてしまいました。
ウエストもFT2本決めて再度同点にすると、ミスが続いた後、
ランスのスティールからヒルのダンクで83-85。
しかし、テルフェアがタフなレイアップを決めてすぐに同点。
ヒルもレイアップのお返しにいきましたが、ミス。

テルフェアのミスに助けられた所で、残り3分17秒。
ここまで8点に終わっていたウエストがミドルを決めて85-87。
PHXはオフェンスリバウンドを拾いましたが、ミス。
ウエストも今度はミスをしますが、ヒバートがオフェンスリバウンド。
ポールがファールをもらい、FTを2本決めて85-89。

この後ヒバートもFTを貰いますが2本ミスで4点リードのまま。
残り2分を切ったPHXのオフェンスはパスミスでTO。
ウエストがFTを貰い85-91とします。

タイムアウト後、ダドリーに3PTを決められて88-91となりますが、
ウエストがステップバックジャンパーを決めて88-93。
試合を通して決められなかったのに、残り5分を切って猛チャージ。

最後はFT合戦になりましたが、ランスは2本ミス、ゴータットは1本のみ。
47秒にファールゲームでヒバートがファールされましたが、
今回は2本決めて89-95。テルフェアの3PTが外れ、
残り32秒、PHXはファールにこないで試合がこのまま終わると思われましたが、
ポールが12秒に3PTを外すと、シャノン・ブラウンがダンクを決めて
残り5.2秒で91-95。するとフルコートディフェンスを始め、ファールをしてきます。

結局ポールは2本とも決めて91-97となり試合終了。
ペイサーズは今シーズン初の4連勝となりました。

今日はオフェンスリバウンドを許し、そこから失点というケースが多く、
16点リードを保てずに逆転されるという悪い流れも
ウエストが一新してくれました。頼れる男は違いますね。

PHX 91 - 97 IND 15288
Suns 11-19
 FG 38/82(.463) 3PT 2/14(.143) FT 13/16(.812)
 10/27=37reb 20ast 5stl 11TO 2blk
J.ダドリー 11pts 6reb
L.スコラ 12pts 4reb
M.ゴータット 15pts 10reb
S.ブラウン 12pts 5reb 3ast
S.テルフェア 19pts 6ast

Pacers 17-12
 FG 24/77(.442) 3PT 8/16(.500) FT 21/29(.724)
 16/32=48reb 19ast 6stl 15TO 2blk
P.ジョージ 15pts 4reb
 前半11pts、後半4ptsでFG4/12と不調気味

D.ウエスト 14pts 7reb
 試合を通して不調だったものの、最後にはしっかり締めてくれました。

R.ヒバート 8pts 14reb 4ast
 オフェンスは3/9と相変わらずだったものの、シーズンハイの
 14rebはしっかりと取ってくれました。

L.スティーブンソン 10pts 9reb 5ast 3stl
 攻守に渡って素晴らしい活躍をみせました。

G.ヒル 22pts 
 FG9/13、特に3PTを3/4でいいところで決めてくれたのが印象的です。

 G.グリーン 8pts
  3PT2本を沈めて好調かと思いましたが、プレイタイムが20分と伸びず。

 T.ハンズブロー 12pts 5reb
  こちらも同様でトータル14分半の出場のみ。
  第1Qから第2Qにかけて良い流れを作ってくれましたね。

<書き忘れメモ>
タッカーのディフェンスが良くてポールが何もさせてもらえなかった。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1713-f4bc8d9c
    この記事へのトラックバック


    New