Game 30 : @ ホークス【NBA_Pacers】

2012年12月30日 10:12

今日はアウェイでアトランタ・ホークスと対戦。
アトランタでは10連敗という嫌な記録と、今日もサム・ヤングが
欠場でウイングプレイヤーの3人ローテーションが強いられました。

序盤からATLのシュートが外れず、アシストから良いシュートを
決められます。第1Qで既に12アシストをされました。
ペイサーズも悪くはなかったのですが、ATLが更にその上をいきました。

第2Q、今日もD.J.オーガスティンからは何も生まれずミス続き。
ATLにはジョン・ジェンキンスという伏兵が現れ、3PT2本で8点取られます。
それでもマヒンミやタイラーが何とか繋ぎ、ベンチタイム中に
41-44の3点まで詰めました。

しかしスターターを戻すと、ウエストのまずいディフェンスから
ホーフォードが14点目、これにはウエストも2点で返しましたが、
ここからヒバートの存在感が0となり、ザザ・パチュリアに
6点連取されます。その後、ウエストがFTを貰いましたが1本のみ、
更にヒバートがマッチアップに付いたコーバーが難なく3PTを決めて
44-55と一気に差を広げられてしまいました。

今日はフロントコートの出来の差が激しいです。
最後はポールからのアシストでランスのレイアップとウエストのダンクが
決まり、48-55としますが、INDのラストポゼッションではパスミスで
TOという悪い終わり方でした。

前半スタッツ
IND FG 19/40(.475) 3PT 1/5(.200) FT 9/10(.900)
ポール:10pts-4reb-5ast、ウエスト:11pts-2reb
ヒバート:0pts-1blk、ランス:7pts-4reb、ヒル:4pts-3reb

ATL FG 24/39(.615) 3PT 5/9(.556) FT 2/2(1.000)
コーバー:8pts ホーフォード:14pts-3reb-3ast
ザザ:8pts-7reb、ウィリアムズ:9pts-9ast、ティーグ:2pts-3ast

第3Q、点差を離された後にウエストの3PTと
レイアップで何とか食らいつきますが、コーバーのテイクチャージで
ランスがフレグラントを取られFT2本、更に3PTを決められて14点ビハインドへ。
ATLのシュートは好調をキープし、70-83で終了。

第4Q、このまま負けるかと思われましたが、徐々に詰め、
ウエストがこの試合2本目の3PTを決め、更にFT2本で85-91とすると、
ミスが続いた後にポールがレイアップを決めて87-91。更にファールを貰って
88-91と3点差にまで詰めましたが、ここから流れが悪くなります。

ルーが手を使ってスペースを作った後にホーフォードへのパスで
得点を許すと、次もヒルが押されて転んだのに笛が無くジャンプボールへ。
ここでヒルがボールを地面に叩き付けてテクニカルを取られます。
コーバーはこのFTを外しましたが、ルーなりティーグのペネトレイトに
最後まで対応することが出来ずに、ズルズルと敗戦。

ほんの少しの出来事で流れが変わってしまいました。
もっと大敗すると思いましたが、3点差に詰める力はあるようです。
相手は3PT10/20と大当たりの相手に対し、よくがんばったと言えます。

ただ、終盤ATLがシュートを落としてもリバウンドを取られる中、
ボーゲルはヒバートやマヒンミを戻さずにウエストとタイラーの
スモールラインアップで対抗。ここも敗因の一つでした。
自らのTOも多かったですね。

また、ランスがプットバックレイアップに行った際に
タイラーの肘が顔にヒットしてしまい、ロッカーへ。今日は
ランスの調子が良かっただけに、これも流れを失うキッカケの一つと
なったかもしれません。

しかし、ヒバートは今日何もしませんでしたね。。。

IND 100 - 109 ATL 16558
Pacers 17-13
 FG 38/80(.475) 3PT 5/15(.333) FT 19/22(.864)
 11/25=36reb 20ast 6stl 10TO 6blk
P.ジョージ 18pts 9reb 8ast 5TO
 もう少しでトリプルダブル

D.ウエスト 29pts 4reb 3ast
 3PT2本等、序盤からフル回転ですが、相方がアレでは。。。

R.ヒバート 1reb 1blk
 出場していましたっけ?

L.スティーブンソン 13pts 5reb
 途中退場が悔やまれます

G.ヒル 15pts 4reb
 あのテクニカルはいらなかったですが、気持ちは分かります。

 I.マヒンミ 13pts 3blk
 T.ハンズブロー 6pts 10reb

Hawks 19-9
 FG 44/80(.550) 3PT 10/20(.500) FT 11/14(.786)
 10/26=36reb 26ast 8stl 16TO 2blk
K.コーバー 16pts
A.ホーフォード 20pts 6reb 6ast
Z.パチュリア 17pts 14reb
L.ウィリアムズ 21pts 3reb 12ast
J.ティーグ 15pts 3reb 6ast

ジョシュ・スミスを欠くホークスに完敗です。
点差が思ったよりも少なかったのはATLのTOが多かったからですね。

また、最後のルーの突き飛ばしの場面で、実況がINDのフロップと
言いましたが、それを言うならランスのタックル以外のコーバーの
二つもフロップでしたよと。比較的相手チームも褒めるタイプの
実況でしたが、ここだけは気になりました。
関連記事


コメント

  1. てふてふ | URL | -

    ウィングのローテ、ディフェンダーの欠場という面で現在のチーム状況では地味に致命的なのではないでしょうか。
    ヒバートが、
    大活躍→ビッグマンにありがちな過大契約→不調→怪我発覚→無理して出場も不振→ようやく治療欠場→欠場中に穴埋めの若手大活躍→復帰するも先発時はチーム勝てず・そこそこのスタッツ→ベンチ・低調→クレーマー→……
    という負のスパイラルじゃないと良いですね。たかが一試合で、しかも皮肉にもインサイドの層は薄いですし。
    飛躍があと一年早かったら、あるいは契約更新があと一年遅かったら、本人のメンタル面には良かったのではないかな~と思います。
    ATLはジョンソンの放出とルーの獲得でチームがかみ合ってますね。ルーが76ers躍進のキーマンだった割に扱いが雑だったところをうまく拾いました。
    総合力変わらなく(落ちた?)ともこれぞ正しいマイナーチェンジ。数年間突き抜けられなかった経験を運営が生かしてる。
    パチュリアが久々に健康なのもなによりw

  2. ma-ku | URL | -

    Re:Game 30 : @ ホークス【NBA_Pacers】

    何か上位チームにきっちり負けてますね。やばいですね

  3. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > てふてふさん

    長い事プレイオフで思う様な結果を残せていないのは
    ATLの方が苦しんでいますし、JJ程の巨額な契約ではないにしても
    INDにとってのヒバートの金額はかなりでかいですからね。
    似た様な状況にならないことを祈ります。

    引き取り手があればいい方なんだと思いますが、
    将来を期待してのMAX契約なので、最後までペイサーズとして
    活躍を続けてもらいたいです。

  4. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > ma-kuさん

    twitterでご意見を頂いたものなのですが、
    アウェイが多く、ダニーがいないという状況で考えれば
    まだ少しの望みは残っていると言えなくもありません。

    既にそこに賭けるしかないのですが。。。
    ランス、ポールは確実にステップアップしていますし、ヒバートさえ
    調子を戻せば昨年より強い可能性はあると思っています。

    ベンチの改善は必要ですが。。。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1714-d15fa8d9
この記事へのトラックバック


New