Game 32 vs ウィザーズ【NBA_Pacers】

2013年01月03日 10:06

今日はホームでワシントン・ウィザーズと対戦。
脚の付け根を負傷しているジョージ・ヒルは2試合連続で欠場。

第1Q、8-0のランを成功させると、10点目でスターター5人が
得点し、さらにオーガスティンtoランスのアリウープで2-12と
大量リードを奪いました。WASのTOとシュートミスが続き、
開始5分で4-18となり、ランスがスティールするものの、
ダンクをミス。ネネに3ポイントプレイを決められましたが、
ここからポールが2連続3PTを決めて7-24とします。
WASはベンチプレイヤーが点を決め始めますが、ヒバートの
3ポイントプレイで13-27と二桁リードをキープし、
18-31で第1Qが終了しました。

第2Q、INDのセカンドユニットはTOに苦しみ、25-31まで
詰められてしまいます。最大17点リードを食いつぶし、
31-36となったところでスターターを戻します。

ポールの3PT、スティールからのダンクで35-45と二桁リードに
なりましたが、その後両者とも伸びず、39-47で前半が終了しました。

第3Q、オフェンスが決まらなくなり、特にウエストが不調、更に
ヒバートが4ファールでベンチへいき、2点差まで詰められますが、
ディフェンスを立て直して、また51-60とリードを広げます。
最後にジョーダン・クロフォードに3PTを決められて58-67で終了。

第4Q、ベンがPGとなり、また流れが悪くなりますが、
ディフェンスはなんとかキープ。ヒバートからのナイスパスで
ポールがタフレイアップを決めると、更にドリブルで振り切ってからの
ミドルジャンパーで29点目を決めると、64-77とします。

その後、前半好調だったヒバートもまたオフェンスのスランプに陥り、
ウエストの連続二桁得点も22でストップするなど、良い形では
ありませんでしたが、何とか逃げ切りに成功。序盤の大量リード時とは
かけ離れた試合展開となりましたが、年末年始の試合を勝てたのは嬉しいです。

WAS 81 - 89 IND 11182
Wizards 4-26
 FG 35/83(.422) 3PT 3/13(.231) FT 8/10(.800)
 8/33=41reb 24ast 9stl 19TO 6blk
M.ウェブスター 0pts
ネネ 15pts 6reb
E.オカフォー 4pts 9reb
B.ビール 14pts 3ast
G.テンプル 0pts 4reb 7ast
 J.クロフォード 20pts 4reb 7ast
 K.セラフィン 16pts 9reb

Pacers 19-13
 FG29/77(.377) 3PT 5/16(.312) FT 26/31(.839)
 11/37=48reb 17ast 9stl 16TO 3blk
P.ジョージ 29pts 14reb 3ast
D.ウエスト 8pts 6reb 
R.ヒバート 13pts 4reb 4ast
L.スティーブンソン 6pts 3reb
D.J.オーガスティン 18pts 4reb 6ast
 I.マヒンミ 9pts 11reb

ランスはハイライトクラスのアリウープをしながらも、
フリーのダンクをミスするなど、乗り切れませんでしたが、
タフレイアップを決めたり、やはり今シーズンの成長が伺えます。

オーガスティンは2試合連続のスターター出場で、今日も
期待以上の働きをしてくれました。被ブロックが2という
判断ミスもありましたが、ヒルの不在を何とか埋めてくれています。

ベンは今日さっぱりだったので、第3のPG予定だったランスを
PGとして使ってグリーンとヤングのプレイタイムを伸ばした方が
良い気がしますが、ボーゲルはそうしませんでした。

本来であれば大量リードでプラムリーやジェフを出したいところでしたが、
ウエストが不調でも勝ち切れたのはチームの成長を感じます。
関連記事


コメント

  1. | URL | -

    Re:Game 32 vs ウィザーズ【NBA_Pacers】

    スターター起用になってからオーガスティンがいいですね!
    やはりスターターじゃないと本調子が出ないのですかね。
    スターターにして毎試合活躍してくれるなら昨季みたいにヒルがベンチもありなのですかね。
    次の試合ボストンに勝てば勝率6割ですね!ぜひ勝ってほしいです!

  2. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    Re:Game 32 vs ウィザーズ【NBA_Pacers】

    スターター気質なのかもしれませんが、MEM戦はベンの謎の大当たりと
    相手の不調に助けられ、今日は相手に助けられました。
    次からは相手が取りこぼさない様な相手になってきますので、
    ヒルがいないという事実だけでも相当厳しいですね。

    怪我明けはヒルが6thマンで出てくるというのも試してもらいたい気がします。
    去年もDCの怪我からヒルのスタートで連勝街道となったので、今回も
    怪我の功名というものを期待してしまいます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1717-825dcc88
この記事へのトラックバック


New