Welcome back Pacers Front court:Game 34 vs バックス【NBA_Pacers】

2013年01月06日 03:34

ボストンでの試合の翌日はホームでミルウォーキー・バックスと
対戦です。今シーズン既に2回対戦して2連敗している相手、ディビジョンの
関係もあり、絶対に勝っておきたい相手です。
<試合前>
両チームとも敗戦後の連戦ということで、立て直しが必須です。
ヒルの出場は未だ不明で、ジェニングスを守るには彼の復帰が必要です。

更に彼らはベンチの得点が強く、人数が足りないINDは苦戦が予想されます。
ヒバートとサンダースのブロック対決もありますが、今シーズン落ち込んでいる
ヒバートと、覚醒中のサンダースでは勢いが違います。

タイラー・ハンズブロー
「敗戦から立ち直らなければならない。自分達のなりたいチームになり、
 力強い試合をする必要がある。連敗は避けないと。」

ポール・ジョージ
「ビッグゲームだ。既に2回負けているので、ディビジョン争いでも
 リードを許してしまっているしね。」

・ペイサーズはホームで6連勝中、今シーズンは11勝3敗
・今の所ディビジョン対決は4勝2敗だが、その2敗がMIL相手
・モンテ・エリスは先週のPOW
・マイク・ダンリービーとマーキス・ダニエルズは元IND

<試合>
先制点はヒバートが良い形のインサイドで取り、INDが僅かながらも
リードを奪いますが、タイラーのFTが1/4だったり、ランスとグリーンが
ファールトラブルでジェフ、ウエスト、ヒバートという布陣になったり、
オーランド・ジョンソンが良い形でボールを貰ってもシュートを
決めきれず、21-21で第1Qが終了しました。

第2Q、MILにリードを奪われ始めますが、INDもなんとか付いて行きます。
第1Qでシュートが入らなかったオーランドがタフなレイアップを2本決め、
セカンドユニットの得点力不足を補います。また、オーガスティンも
前よりは良い動きを見せ、個人技からのレイアップと3PTを決めます。

トランジションからのグリーンの3PTで45-48とすると、最後は
ヒバートのオフェンスリバウンドからのチップで47-52で前半が終了。
MILのオフェンスはヒバートの4つ目のブロックで阻止しました。

しかし、ポールとウエストが揃ってFG1/5と冴えません。
ヒバートは10pts-9reb-4blkと好調ではありますが、FGは4/10と
良い訳ではありません。MILはジェニングスが今の所1/7で黙っていますが、
モンテが7/12で16pts。サンダースが8ptsにMDJが7ptsと油断できません。

ただ、間違いなく復帰したヒルのおかげでここまで頑張れています。
やはり彼の存在は大きいですね。そして少しばかり復調したオーガスティンが
スターター時の様な活躍をしてくれればチャンスがあると思います。

第3Q、6連続失点で逆転されてしまいますが、ウエストのフック、
ヒバートのFT2本とプットバックレイアップ、更にポールの
サンダース越えのダンクで53-60とリードを取り戻します。

その後もバランス良く点を決め、最後はオーガスティンの3PTで64-77としました。
彼に必要だったのはベンチで考える時間ではなく、実際にプレイする
時間だったようですね。

第4Q、ハンズブローのオフェンスリバウンドの粘りからFTを獲得し、
これは1本しか決められませんでしたが、インサイドを圧倒します。
しばらく得点が止まり、グリーンが3連続3PTを外しますが、最後は
ヒルがプットバックレイアップで66-82。残り4分前にジェニングスの
3PTを含む7-0のランを食らい74-86まで詰められましたが、そこからの
2分で7-1とやり返し、ガベージタイムへ。最後はオーランドのジャンパー
以外はグダグダでしたが、ディビジョンのライバル相手に勝利。

ホームでの連勝を7に伸ばしました。

MIL 80 - 95 IND 15329
Backs 16-16
 FG 31/82(.378) 3PT 5/18(.278) FT 13/18(.722)
 13/26=39reb 18ast 7stl 13TO 10blk
L.バー・ア・ムーテ 3pts
E.ユドー 4pts 4reb
L.サンダース 12pts 12reb 4blk
M.エリス 21pts 4reb 3ast
B.ジェニングス 12pts 4reb 5ast 3stl

Pacers 20-14
 FG 40/92(.435) 3PT 3/20(.150) FT 12/20(.600)
 22/37=59reb 19ast 5stl 12TO 6blk
P.ジョージ 8pts 9reb 4ast 6TO
 FGが4/11と不調が続き、TOも6と多いですが、ナイスアシストと
 サンダース越えのダンクは見事でした。本当はもう一本ダンクが
 決まるはずでしたが、ブロックされてしまいました。
 MDJに3PTを打たせないディフェンスは素晴らしかったです。

D.ウエスト 10pts 6reb 3ast
 2本程ナイスパスがあり、良い形での得点に繋げました。
 FG3/9は心配ですが、今日は点が欲しいところで決めてくれ、
 25分の出場に抑えられたのは良かったです。

R.ヒバート 20pts 15reb 5blk
 最終的に8/16でFGを決め、キャリアハイのオフェンスリバウンド11と
 ブロック5でサンダースとの直接対決に1つだけ勝利。トータルでは
 負けていますが、今日は攻守に渡ってMAXにふさわしい活躍でした。

L.スティーブンソン 10pts 3reb 3ast
 ウエストへのビハインドバックパスと、それに見せかけた
 自らのレイアップ等、派手なプレイでチームを盛り上げました。
 結構難しいレイアップもあり、勝利に貢献してくれています。

G.ヒル 14pts 8reb 4ast
 復帰戦で見事に期待に応えてくれました。層の厚さを取り戻しただけでなく、
 彼のプレイはチームを救います。

 T.ハンズブロー 9pts 6reb
  もっとオフェンスリバウンドを取っているイメージでした、3個でしたか。
  FTが3/8なのは残念ですが、BOS戦に続き、相手にとって嫌なプレイを
  してくれました。

 O.ジョンソン 7pts 3reb
  グリーンとランスのファールトラブルに関係なく、試合前から、
  オーランドにプレイタイムを与えるという事でしたが、第2Q以降は
  2巡目ピックとは思えないプレイもありました。ただ、ディフェンスは
  ベン並かと思われますので、改善点は多くあります。

 D.J.オーガスティン 8pts
  スターター起用の良い影響が今日も出てくれました。
  本来はもっとやれるはずですが、十分な活躍です。

INDは終盤、3PT連発で時間を使わないオフェンスを続け、
一回リードを縮められました。MILという爆発力のある相手に
あまりにも酷いオフェンスでしたが、逃げ切る事ができてよかったです。

結局モンテは後半5点、ジェニングスも試合を通して12点と不調だったのに
助けられました。
関連記事


コメント

  1. mt | URL | -

    Re:Welcome back Pacers Front court:Game 34 vs バックス【NBA_Pacers】

    いやぁ勝ってよかったです…突き放すべき時のポールジョージの2連続TOやグリーンの3連続3ミスは見ててひやひやしました(笑)
    MILはHOUとの走りあいでばててた一方INDは早めに諦めて体力温存できたのが大きかったかもしれませんね
    ジョンソンはDがいまいちな代わりにドリブルのできるヤングって感じに思えました、リバウンドはセンス感じたので使えるときに使っていって欲しいです!

  2. 甘栗 | URL | -

    Re:Welcome back Pacers Front court:Game 34 vs バックス【NBA_Pacers】

     これだけボリュームのある記事を試合終了後、アッという間にアップされるとは、速過ぎます。赤い彗星ですか??
     個々の成長とともに、チーム力が増してる気がします。これから、今季を占うカードが続きますが、非常に楽しみになってきました。

  3. MCBOY | URL | -

    書き方のスタイルが変わってさらに内容濃くなりましたね!有料サービス並の情報量にただただ感謝しております。今年もよろしくお願いします。
    実力者バックスについに勝てて嬉しいですねー。最近サイコお兄さんが覚醒していますね。

  4. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > mtさん

    本当なら昨日も今日も勝つのがベストですが、どちらかと言ったら
    今日勝てた方が嬉しいですね。2連敗後の快勝なので次の対MILに
    期待が持てそうです。

    ヒバートが本来の期待通り、それ以上の活躍をしてくれて、ポールの
    パスセンスも光り、何と言ってもヒルの存在感が現れた試合でした。

    オーランドはシュートは外しましたが、良い形で打ててはいたので
    チームオフェンスを理解出来ているのでしょうかね。初めてのローテ入りで
    ある意味ブラックホール化していましたが、結果を残さないといけないので
    仕方ないですね。思ったより良さそうだったので、プラムリーと共に
    伸びて欲しいです。

  5. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > 甘栗さん

    ハーフタイムやタイムアウトを有効活用しています(笑)
    待ってると長いですが、いろいろ見ているとあっという間に第3Qが始まります。

    ダニーに加えて、ヤングもいないという苦しい状況の中健闘していますので、
    当初の大崩れはなんだったんだろうと思う程ですね。ランスとポールの
    成長が顕著ですが、ようやく今のメンバーでのタイミングが掴めて来たのでしょうかね。
    オーガスティンがある程度計算できるようになれば、強敵相手でも
    何とか戦えると思います。

    取りあえずきつい4試合のうち、1試合を取れたのでホッとしています。

  6. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > MCBOY さん

    正月休み様々ですね(笑)
    休み中、勝ち試合が多かったので気分の良い年末年始を過ごす事ができました。

    苦手MILに勝てたのは嬉しいですね。
    ジェニングスの不調日でラッキーでした。ダンリービーも軽いブーイングを
    受けていましたし、CHI、MILとディビジョンライバルが増えました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1719-48ded39f
この記事へのトラックバック


New