レジー・ミラーのペイサーズに関するコメント【NBA_Pacers】

2013年01月15日 11:37

先日のニックス戦のTNT放送内でレジーがコメントしたものが
抜粋されていたので今更ながらチェック。

と、その前に怪我人情報
ダニー・グレンジャー 
 ボーゲルが1月下旬から2月上旬での復帰が可能だろうと期待している。
 リハビリで多くの事をこなすようになっており、チーム練習にも
 近いうちに参加するだろうとのこと。いきなり本調子ではなく、
 ラインアップに戻るにはまだいくつかのステップが残っているが、
 前向きに考えてよさそうとのこと。

ランス・スティーブンソン
 どうやら足の爪を痛めたようで、"really bad toenail"と
 言われています。余り想像したくないですが、最悪剥がれたとか
 そういった感じでしょうか。day-to-dayとなっていますが、
 明日のCHA戦には出ないのではないでしょうか。

さて、レジーのコメントです。
ポール・ジョージについて
 彼はフランチャイズの新たな顔になりつつある。
 オールスターのリザーブに選出されるべきプレイヤーの一人だ。
 多くの人があまり評価していない点だが、彼のリバウンド能力は
 なかなかのものだ。この子(This Kid)は身体能力が素晴らしい。
 フロアを支配するだけでなく、シュートを決めることができるし、
 自らアタックすることもできる。

イアン・マヒンミについて
 素晴らしいね。彼がダラスにいた時もそうだった。

自らの帰還について
 ここは最高だ。ファンを愛してる。

ロイ・ヒバートについて
 ペイサーズのディフェンスの要となっている。
 オフェンスについてはもっとやれるはずだ。

ダニーの復帰が意味するものとは
 彼が戻ることによって、チームはフロアを広く使う事ができる。
 3ポイントを打てるプレイヤーが入ることによって、
 ヒバートがインサイドでオープンになる事が増えるかもしれない。

デイビッド・ウエストについて。
 シーズン序盤にジョージとヒバートが不調だったときに、
 チームを支えたのは彼だ。そのまま落ち込まなかったのは
 彼のおかげだね。

ランス・スティーブンソンについて
 オフコートの問題はいくつかあったが、今は集中している。
 シーズン初期に大きな貢献をしているし、グレンジャーの
 欠場で生まれた、驚きの良い結果だね。

ペイサーズのディフェンスについて
 リーグのディフェンストップチームの2つの内の1つだ。
 ディフェンシブエンドで活躍し、素晴らしいディフェンスの
 チームとなっている。オフェンスではうまくいっていないが、
 ディフェンスで勝ちを得ている。

今シーズンのペイサーズについて
 十分ヒートやニックスに対抗できるチームになれるはずだ。

Everything Reggie Miller said about Pacers on TNT broadcast

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1728-7a21baef
    この記事へのトラックバック


    New