Game 39 @ ボブキャッツ【NBA_Pacers】

2013年01月16日 14:23

気付いたらシーズンも半分を過ぎようとしています。
今日は2連戦の初日、シャーロットでボブキャッツと対戦。
つい先日ホームで対戦したばかりですが、今季3回目の対戦。

過去2試合の振り返り。
 1試合目 11/2
  FG% IND:39.8% CHA:36.5%
  両チームの最大リード:9点
  CHA won 90-89
 ---
 2試合目 1/12
  CHAが前半45-43でリード
  両チームの最大リード:9点
  INDの3PT:11/28
  IND won 96-88
と接戦でした。

試合前のtwitterを辿ると、Bad Nailのランスが出場とのことで
そこまでひどくなかったのかもしれません。また、試合前の情報として、
ペイサーズは連敗中の相手には13連勝中(そうでしたっけ?)、更に
CHAに関してはホーム12連敗中、さらに2連戦の2試合目は
6連敗中と、こちらに有利な条件が揃っていたようです。

また、ノースカロライナ大時代のタイラーのコーチ、ロイ・ウィリアムズが
観戦する中、試合が始まりました。INDはインサイドを支配し、13-3スタート。
内12点がペイント内のポイントで、ヒバートとウエストで既に10ポイント。
オフェンスリバウンドからランスtoポールのアリウープや、グリーンの
高い跳躍を活かしたチップインなどで、インサイドの支配を続け、27-20で終了。

第2Qは、ブロックされてもオフェンスを続けるタイラーの力強さがあり、
FTを決めて32-22としますが、両チームともFGが決まりません。
更にINDは4連続TOとFG.0/6と悪い流れとなり、徐々に詰められますが、
オーガスティンの3PTで36-28とします。その後、スターターを戻し、
一時は44-29とリードを広げますが、そこからセッションズにやられ、
50-40と10点まで詰められて前半が終了しました。

第3Q、ポールの2連続3PTが決まり、更にヒルのリザーブレイアップ、
ポールのオフェンスリバウンドからのレイアップで60-42と開始3分で
猛チャージ。そしてヒバートもブロックされてから粘ってアンド1の
レイアップをねじ込みます。その後もヒバートはポジション取りが良く、
良い形でのショットやファールを貰う事が多かったです。
最後にヒルが3PTを決めて83-57として、実質この試合を決めました。

第4Qはベンチ陣によるガベージタイムとして使われましたが、
INDは良い形ではありませんでしたが、このQでも詰められることなく、
しっかりと試合を締めることができました。

リバウンドが60-31と圧勝。オフェンスリバウンドは18-4でした。
ペイント内は52-22と両エンド共にインサイドの支配を続け、快勝です。

明日はオーランドに飛んでマジックと対戦。ビッグベイビーは既に復帰済み。
ちなみにCHAの次の対戦相手もORLだそうです。

IND 103 - 76 CHA 12996
Pacers 24-15
 FG 36/87(.414) 3PT 8/22(.364) FT 23/28(.821)
 18/42=60reb 25ast 5stl 16TO 9blk
P.ジョージ 16pts 10reb 3ast
 3PTは2/7とあまり決まりませんでしたが、31分と出場を抑える事ができました。
 第3Qのback-to-back-3 pointerで試合を決めにかかりました。

D.ウエスト 15pts 8reb 4ast
 前回の対戦でトリプルダブルと好き勝手やった相手なので、比較的
 楽に望めたかもしれません。26分半でこの仕上がりはお見事。

R.ヒバート 18pts 7reb 4blk
 彼も26分半でこの活躍です。今日は本当にポジション取りがうまく、
 楽にファールを貰い、FTも8/8のパーフェクト。ブロックも4と
 文句の付け所がありません。

L.スティーブンソン 7pts 8reb 6ast
 二桁には届きませんでしたが、足の負傷をかばいながらも
 オールマイティな活躍。今日は彼がTDかと思いましたが、
 最後は出る必要もなかったので明日に備えて貰いたいです。

G.ヒル 16pts 7reb 4ast
 彼を含め、核4人がしっかり二桁得点で安定しています。
 ヒバートとのスクリーンを交えた3PTは最高でした。

 T.ハンズブロー 9pts 3reb
  4TOとオフェンスでは空回り部分がありましたが、3つのリバウンド
  全てがオフェンスというのも彼らしいです。FTを5/5で沈め、
  恩師の前で、らしいプレイを見せたのではないでしょうか。

Bobcats 9-29
 FG 25/72(.347) 3PT 3/9(.333) FT 23/30(.767)
 4/27=31reb 13ast 8stl 11TO 6blk
M.キッド=ギルクリスト 4pts 5reb
H.ウォリック 4pts
B.ビヨンボ 5pts 6reb
G.ヘンダーソン 15pts 3ast
K.ウォーカー 13pts 3stl
 R.セッションズ 13pts

MKGはINDを苦手としているようですね。
ここまでの3戦で彼の活躍を見たことがありません。
たまにPGに対してフルコートで当たってくることがありますが、
特に機能している印象を受けませんし、この調子で彼には
本調子を出させないチームとなりたいものです。

INDはインサイドを圧倒し、良い部分もありましたが、
酷いオフェンスのパスミスが何度もありました。
こういった部分は接戦ではやってはいけないことですし、
勝っている試合でも気を抜かないで貰いたいですね。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1729-271c4042
    この記事へのトラックバック


    New