ロンド、シーズン終了・イースト順位チェック【NBA】

2013年01月28日 12:43

先日、ホークスのルー・ウィリアムズが右足ACLでシーズン終了となりましたが、
今度はセルティックスのラジョン・ロンドがACLです。。。
 Anterior Cruciate Ligament; ACL(前十字靱帯)
 torn ACL でACL断裂

ウォリアーズのブランドン・ラッシュも開幕直後に同じ怪我で終了となりました。
キャブスのバレジャオも種類は違えど、肺血栓でシーズン終了、
サンズのチャニング・フライも心臓の病気でコートにすら立っていません。

BOSのジェフ・グリーンは大動脈瘤からの復活を見せていますし、
フライの心臓肥大とは別ですが、来シーズンは戻ってくると期待したいです。

ACLに関してはここ数年NBAと切っても切れない話題となりつつあります。
怪我自体は昔から起こっていますが、2001年のジャマール・クロフォード、
2002年のアル・ハリントン、2009年のアル・ジェファーソン、
2011年のデイビッド・ウエストと復帰後に活躍を続けている選手も
大勢いますので、頑張って治療して戻ってきて貰いたいです。

昨年のシャンパート、ローズの連続にはファンでなくても
暗い気持ちになる出来事でしたが、今季も続くようです。

特にローズやロンドの様に機動力を活かしたプレイの場合は
復帰後も能力が戻るか、本人が恐怖心を克服できるか等の
問題も生じます。ビッグマンならOKという訳ではありませんが。
−−−
さて、イーストの順位ですが面白いことになってきました。
イースト
1位から7位までが5.5ゲーム差です。

明日はBKN、CHI、INDの試合があり、3~5位はまた替わるかもしれません。

ホームでの試合数が多い順
 CHI(25:14-11)
 BKN(23:16-7)
 MIA(21:18-3)
 NYK(21:15-6)
 ATL(22:15-7)
 MIL(21:12-9)
 IND(19:16-3)

CHIとINDでは6試合も差があり、今季のINDのホームでの強さは
この中では2位と好調。ロードでは一番負けているINDですが、
まだ今後の伸びは期待できる位置にいます。

2月はほとんどホームですし、ダニーの復帰もあるので
ここで頑張って余裕を作っておきたい所ですね。

CHIはアウェイで強く、ホームでちょっと弱いみたいなので、
是非とも順位を入れ替えた方がお互いの為かもしれません・・・(笑)
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1739-be7e75e5
    この記事へのトラックバック


    New