Game 45 @ ナゲッツ【NBA_Pacers】

2013年01月29日 17:49

今日は今シーズン既にホームで負けている
デンバー・ナゲッツと対戦。通称動物園ですが、
代表格とも言われるジャベール・マギーが欠場とのこと。
更にウィルソン・チャンドラーも欠場で、少しは有利に戦える
かもしれません。

INDと似たような成績で、ホームで17勝3敗と圧倒敵強さを誇る
ペプシセンターでの厳しい戦いが始まりました。

最近オプション化しつつある、ポールがポストに入り、ヒルが
一旦ボールをいれ、3PTラインを移動し、ポールからヒルに
ボールを返して3PTを決めるプレイが決まり、5-2スタート。

しかし、ローソンに返されて5-5。ファリードが早々の2ファールで
ベンチに下がるとウエストはランドルフからもファールを貰います。
ヒバートのフックも決まり、ウエストのミドルも決まり、そこそこの
スタートを切ります。TOやディフェンスの裏をかかれての失点が
ありましたが、19-13とリードをして最初のタイムアウトが取られました。

タイムアウト明け、ディフェンスが成功し、24秒バイオレーションを取ると、
ウエストのミドルで21-13。そこから4点奪われると、タイラーとオーランドが
入り、オーランドが早速ジャンパーを決めます。彼には結構持たせてドリブルを
させることが多いですが、そういう方針なのでしょうかね。

ポールがイグダラのディフェンスに苦しむ中、オーランドの3PTが決まり、
26-21。2順目ルーキーがなんとかリードを保ちます。そして最後に
ポールがブザービーター3PTを決めて29-24で終了しました。

第2Q、スティールからのファストブレイクで2点追加。
3PTを決められますが、ポールがお返しの3PT。更にスティール
しますが、パスミスでTO。こういうのは勿体ないですね。
その後、リバウンド争いでファリードがマヒンミを倒して3つめ。
クーフォスにモズコフもいるDENなので、層は厚いですが、
マギー不在の中、相手インサイドのファールトラブルはいい兆候です。

しかし、アンドレ・ミラーがマーク・ジャクソン並のポストプレーからの
展開でリードを広げさせてくれません。前回も彼にやられた気がします。
オーランドが3PTを決めても3点プレイで返して来る当たり、さすが
ベテランといった感じでした。

ジワジワと詰められ、残り2分30秒にガリナリに3PTを決められ
47-49と逆転を許すと、更にTOからレイアップを決められて47-51。
ランスが遠い位置から決めますが、ラインを踏んでいて2点。
そしてウエストが少しの接触でファールを取られた事で怒りを
あらわにすると、テクニカル。FTを決められ、更にファールに対する
FT2本も決められて49-54となります。

ランスがタフショットを決めますが、ローソンの速さには
ファールでしか対抗できず。苦しい所でしたが、またしても
ランスのタフレイアップで2点差まで詰め寄ります。
最後はドタバタでしたが、点を許すことなく53-55で終了。

55点というペース、ナゲッツが試合を支配していると言えました。

第3Q、ガリナリとウエストが決めた後、同点にするチャンスを得て、
ヒバートがオフェンスリバウンドで粘りますが決めきれず。
チップじゃなくて一旦取ってダンクを狙えば良いと思いますが・・・
ファストブレイクはポールのブロックで凌ぎますが、セカンドチャンスで
ローソンに決められて4点差。

直後、ヒルが3PTを決めて58-59としますが、ヒバートがまたしても
高さを活かせずに58-61に戻されます。ここで離されたくないという
時間帯、ヒルがもう一本の3PTを決めて61-61の同点に追いつきました。

すぐさまローソンの早い攻撃から2点を取られ、オフェンスではブロック、
同じ場所からローソンのジャンパー、更にブロックで、ファリードに
ダンクを決められて61-67になってしまいました。
こちらは苦しみながらの得点ですが、DENは楽に決めてきます。

ポールが3PTを決め、66-69とすると、ディフェンスが成功し、
ランスの個人技レイアップで68-69。とここまではいいのですが、
ガリナリに3点プレイを決められて68-72。更にガリナリの足が
移動中だったにも関わらず、ヒバートがチャージングを取られるという
不運に見舞われます。
そのラッキーボーイに3PTでダメ押しをされて68-75となると
INDはリズムを取り戻せません。スターターはローソン、
控えはミラーに翻弄されてしまい、74-82dで終了しました。

第4Q、とうとう点差は二桁になり、INDは点を取りたくても
ミスが多く、一向に詰まりません。時間だけが過ぎます。
残り6分を過ぎてから、DENもミスが増え始め、チャンスが
到来し、6点差まで詰めると、ポールが4ポイントプレイを決め、
97-99と2点差まで追い上げました。

残り3分を過ぎ、ローソンの今日得意とする位置から打たれましたが
外れ、同点へのショットをヒバートに託しますが、ミス。
ファストブレイクで走られてイグダラがFTを得ますが2本ミスで
2点ビハインドのまま。しかし、またしてもミスでイグダラに走られて
またファール。しかし、4連続ミスとなり、ヒルがファールを
貰いながらフローターを決めて99-99。ジャズ戦と同じく、
土壇場で同点に追いつくことに成功しました。

しかし、ヒルもFTをミスし、勝ち越せません。
ガリナリ砲が外れ、残り時間は1分30秒。
ポールの3PTは決まったかに見えましたが、リムに嫌われました。

ガリナリにファールしてしまい、FTを決められて99-101となりましたが、
ヒルのジャンパーミスをウエストが拾い、同点に追いつきます。
ここで残り38秒。

ガリナリがファールを誘いながらレイアップに来ますが、ポールが
ブロックで阻止。駆け上がりますが、ファストブレイクとはならずタイムアウト。

残り17.8秒、ショットクロック16秒で試合再開。
ポールが支配しますが、イグダラのファールでもおかしくない
ディフェンスが何故かノーファール。残り0.5秒でDENボールとなります。

インバウンドでイグダラに対してポールが笛を吹かれて
今度はFTを決められ終了。最後まで笛に泣く試合で負けました。

最後のイグダラ関連の二つの笛はなんでしょうかね。
レフリーが疲れたから笛吹いて終わりにしましたか?
せっかく追いついたのに最悪な幕切れでした。

ジョージ・カール
「うむ、奴はファールを受けた。間違ったコールではなかったぞ。
 奴がワイドオープンになる最高のシナリオだった。そこへアンドレの
 見事な判断とパスが通った。0.5秒といえども、リムの周りでは
 何が起こるか分からない。」

うるせー!

デイビッド・ウエスト
「あの状況で笛が吹かれるのを期待することはできない。
 オプションの一つであることは確かだが、あれが毎回起こるはずがない。
 しかし、今日はそれが起こった。」

実は数年前のCLE戦で同じ事が起こっています。
同じ様なインバウンドでレブロンがFTを貰い、負け越した or 同点になり、
残り1秒以下だったと思いますが、同じプレイをダニーでやって
同様に笛を貰いました。あの時は帳尻合わせかと思いましたが、
今日はディフェンスの微妙な接触に続いて、オフェンスでもDENに
持って行かれました。

プレイヤーやコーチは文句言えないでしょうから、ファンが騒ぐしかありません。

しかし、INDは他に方法が無かったのか、ということでもあります。
残り6分半から14点をアウェイで追いついたのはお見事。ただし、その後が問題。

まず、同点にはなりましたが、その前のオフェンスでは不調のヒバートに
ボールを託しました。その次はスティールされています。
そしてヒルがカウントをもらったにも関わらず、FTをミスしたため、同点止まり。
残り2分を切った所で1点リードしておけば、、、と思ってしまいます。

再度同点にした後、ポールのブロックまでは素晴らしかったです。
そこでディフェンスも戻られた為、一旦タイムアウトを取りましたが、
これが最善だったか、というところですね。相手のディフェンスはマッチアップが
バラバラでした。

そしてタイムアウト後、インバウンドにも苦労しましたが、ボールキープの
ポールのマッチアップはベストディフェンダーのイグダラでした。
ここで勝負をかけるのは良いとは思えません。まぁ、ヒルが持った所で
ローソン相手にどこまでやれたか、という話ではありますが。
この場合であればウエストに打たせた方が良かったかもしれません。

また、スクリーン無しでポールのオフェンスとなりましたが、
ミスマッチならまだしも、やはり作戦ミスとしか思えません。
ポールは良い勉強をしましたね。追い上げる所までは前の試合に続いて
良くできました。あとはその後勝ちきることができるか、というところです。

ポールがここまでで終わるのか、真のエースになることができるのか。
今のうちにこういうショットを経験しておくのも良いでしょう。
同点でラストショットを打てる場面なら、9割方オーバータイムに
なるはずですが、今日はその逆が起こりました。

先ほど「うるせー」と言いましたがカールの言うことは正しいです。
「何が起こるか分からない。」
個人的にはレフリーのせいで負けたと思っていますが、
この負け方、本当はポールの責任大きいですよね。

落ち込む必要はありませんが、例の0点ゲームからの復活の様に、
こういう試合の次こそ、成長を見せてもらいたいものです。

IND 101 - 102 DEN 16032
Pacers 26-19
 FG 39/85(.459) 3PT 11/23(.478) FT 12/17(.706)
 16/27=43reb 23ast 6stl 18TO 5blk
P.ジョージ 23pts 10reb 5ast 4stl
D.ウエスト 17pts 5reb 4ast
R.ヒバート 8pts 11reb
L.スティーブンソン 20pts 8reb 4ast
G.ヒル 12pts 6ast

Nuggets 28-18
 FG 37/78(.474) 3PT 7/14(.500) FT 21/30(.700)
 9/32=41reb 23ast 10stl 14TO 4blk
D.ガリナリ 27pts 3reb 3ast
K.ファリード 4pts 6reb
K.クーフォス 9pts 11reb 3blk
A.イグダラ 13pts 10reb 7ast
T.ローソン 18pts 4reb 7ast 5stl
 C.ブリュワー 16pts 3reb
 T.モズコフ 10pts 3reb

今日のレフリー
#19 James Capers
#26 Pat Fraher
#35 Kane Fitzgerald
関連記事


コメント

  1. mt | URL | -

    これがアウェイですね
    最後の2プレイはどっちかをとるならどっちも取るべきで、取らないならどっちも取るべきではなかったと思います

    最後のプレイは私もウェストとのハイピックでツーメンした方が良いと思いましたがポールに全てを託したんでしょうね
    失敗しましたが良い経験になったと思います
    結局勝ち切れませんでしたがPOR戦の不甲斐ない試合と違いUTA.DEN共に意地を見せてくれたと思います
    二月の比較的楽な日程で勝ちを積み重ねていって欲しいです!

  2. 甘栗 | URL | -

    Re:Game 45 @ ナゲッツ【NBA_Pacers】

     帰って来てこんな試合を見せられて、かなり熱くなってましたが、管理人様が冷静に試合を振り返ってくれているおかげで、ちょっと落ち着きました。いつも本当にありがとうございます。
     私、ポールには、最後3pt打つタイミングが早いよ!とは思いましたが、それ以外は文句はなくて、ヒバートですね。オフェンスリバウンドは稼ぐけど、それを押し込めないんじゃ、オフェリバ詐欺だろと、延々言ってやりたいですww。

     ホームに帰って出直しですね。相手のデトロイトは連戦で、移動日なしで乗り込んでくるし、ここでぜひとも立て直してほしいものです。

  3. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > mtさん

    4ポイントプレイからブロックまでは最高だったのですけどね。
    最後はやはりマッチアップを見ても最善だったとは思えません。
    ただ、UTA、DEN共にホームで強いチーム相手にガベージタイムに
    させることなく、最後まで粘れたのは実力が付いて来たのかなと思います。

    あとは試合の締め方ですよね。確実にステップアップはしてると思いますので
    この調子で頑張ってもらいたいです。

  4. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > 甘栗さん

    自分も試合を見た直後はtwitterで暴言吐いてますよ(笑)
    そして、こちらの記事も一度はアップしたつもりが、下書きになっていて、
    時間が経ったのでレフリー批判以外の部分を足したまでです。

    あの流れでは、そのまま納得できるINDファンはいないと思います。
    客観的に見たらどう映るか分かりませんが、レフリーが試合を決めてしまったと
    思いました。

    ただ、試合を通して、DENの早いオフェンスに全く対応できませんでしたね。
    普通のチームなら一旦落ち着く所もローソンやイグダラが突っ込んでくるので
    ディフェンスが後手後手になりました。

    ラン&ガンはプレイオフでは勝ち進めないとも言われますが、
    そういったチームが相手の時に勝てなければ意味がありません。
    今後の対策が必要ですね。

    そしてヒバート。。。
    チップインを狙うのはいいですが、一回キャッチして
    ファール貰う、貰いながら決めるくらいの事をしてもらいたいですね。
    金額的に・・・

    DETは強敵に勝ってるイメージがあるので、相手が連戦と言っても
    気を抜かずに頑張ってもらいたいです。まぁ、今日の試合の結果を受けて
    気を抜ける様ではプロとしてどうかと思いますが。
    気合いの入ったプレイを見せてもらいたいです。

  5. す | URL | -

    Re:Game 45 @ ナゲッツ【NBA_Pacers】

    最後の最後に、こんな結末が待っていようとは・・・
    ちょっと審判が目立ちすぎですよね。バスケは、監督、選手は審判の批判をしないんですね。サッカーは、声高らかに繰り広げられていますが(笑)

    この2戦、勝てる可能性がありながら、勝てませんでした。審判は言語道断ですが、チームとしてミスを減らすとか、ディフェンスをさらにつきつめるとか、やるべきことはまだまだあるということでしょうか。

    アウェイ4連戦、いろいろな意味でつらかったですが、ファンとして?観戦の経験値が少し上がった気がします(笑)

  6. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > す さん

    自分達のミスと微妙なコールが混ざったおかげで大敗よりも
    きついものがありました。第2Q以降、相手を止められなかったので
    最後追いついただけでも良かったのかと思いますが、あの終わり方では
    やはり納得いきませんね。

    4試合中、本当に強いチームであれば3勝はいけそうなところでした。
    勝てなければ意味がありませんが、成長は見られたのがせめてもの救いでしたね。

  7. てふてふ | URL | -

    つづき

    まさかこの試合のジャッジが検証の結果ミスだったとオフィシャルが認めるとは思いもよらず、かといって昔と違い再試合となるわけでもないのでなんともいえません。
    もう一件のPORはブサービーターで大盛り上がり。最後の最後まで盛り上がるなら、それまでのジャッジで調整することをリーグが黙認しているような気がしてきました。
    謝ることで、問題を最後の部分だけにすり替えているような…

  8. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > てふてふさん

    ミスを認めましたね。。。どうにもなりませんが。
    そして今日もまたTOR-ATL戦でどうみてもファールなのが
    見逃されました。NAB的にはタイミング悪いですし、ジャッジに対する
    イメージも悪いですよね。

    レフリーの処罰を取り入れると、今度はレフリー達が
    ストライキに入ったりいろんな問題が起こりそうですが、
    せめてビデオで見て後から覆らないような判定をして貰いたいですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1741-46b20c01
この記事へのトラックバック


New