予想に反する試合展開:Game 48 vs ブルズ【NBA_Pacers】

2013年02月05日 13:00

2年前からライバル対決をさせてもらってるシカゴ・ブルズ。
昨シーズンはレギュラーシーズンの勝利後の大喜びの因縁しか
ありませんでしたが、今年はチームの柱の欠場という似た境遇で
セントラルトップ争いという、すこしシンパシーを感じてしまうチーム。

今日はカルロス・ブーザーが出場することになりましたが、
カーク・ハインリックとオールスターのジョアキム・ノアが欠場。
一方ペイサーズはMIA戦で肩を痛めたジョージ・ヒルは元気に登場
とのことでした。

主力がいなくても油断できないのは既にチェック済み。
放送は久しぶりのクリス・デナリ&オースティン・クロージア。

開始早々ウエストがファールを貰い、FTで1点、そして
CHIの最初のオフェンスをスティールしてヒルがレイアップを決めます。
CHIはデン、ブーザーと立て続けに外し、ポールがデンの厳しいディフェンスに
合いながらもジャンパーを決めて5-0のラン。更にヒバートもフックを決めますが、
次のオフェンスはTOとなり、2-7。しかし、ポールが3PTを決め、またもや
スティール。序盤から飛ばします。ここはCHIがファールで止めますが、
インバウンド後、ランスがかき回した後に外で待っていたヒルにキックアウト。
3PTを決めてなんと2-13という幕開けとなりました。

CHIもここでタイムアウト。ずっとこの調子でいくはずもなく、
ブーザーにオフェンスリバウンドを取られてヒバートがファール。
しかし、ヒバートとヒルのスクリーンプレーでネイト・ロビンソンから
2つめのファールを引き出すと、地元凱旋のマーキス・ティーグが登場。

序盤の10点リードなどあてになるわけもなく、12-18と6点差になります。
ウエストのFTミスと、ヒルのハンドリングミスがすこし目立ちます。
しかし、ランスのハイライト級のウエストへのパスと、スティールからの
ファストブレイクでヒルがレイアップを決めて再び14-22とリードを広げます。

その後、ベリネリの3PTにオーランド・ジョンソンがファール。
ただ、着地時にオーランドの足に乗っかり、足首を捻ります。
FTは決めて4点プレイを成功させてからロッカーへ下がります。

その後、セカンドユニットに以降すると、あっさりと逆転されます。
最後はティーグにするっと抜かれてレイアップを決められて29-28で
第1Qが終了しました。

第2Q、セカンドユニットが本番という様にCHIが勢い付きはじめます。
タイラーが踏ん張り、何とか4点ビハインドと2点ビハインドを
いったりきたり。すると、スティールからファストブレイクで
マヒンミのテクニカルを取られかねないダンクで38-38と同点。

しかし、ティーグに3点プレイを許します。オーランドの若さが、
といいたい所ですが、相手もルーキー。学ばないといけませんね。

また3点ビハインドとなってしまい、スターターを戻しはじめたINDは
ウエストがインサイドで2点。CHIはベリネリが戻ってきました。
sonogo ネイトに3PTを決められて44-40となります。

ここでもウエストがねじ込んで再び2点差へ。ベリネリが3PTをミスし、
ランスが個人技からミドルを決めて44-44、追いつきました。
ブーザーが2点を決めた所でインディアナがタイムアウト。

良いスタートから一転、やはり、接戦になるのがこのカードのようです。

タイムアウト明け、ヒルのジャンパーで同点。
その後も決め合いが続き、ランスのレイアップで主導権を奪い返します。

ポールがFTを2本決めて50-54。さらにウエストがファールを貰いながら
レイアップを決めましたが、FTはミス。今日は良く落とします。8-0のランで
50-56としますが、ギブソンが決めて来ます。
お互いにミスした後、またランスからウエストへのナイスパス。
最後はポールがブザービーター3を狙いますが外れて54-60という
この2チームにとってはハイスコアで前半が終わりました。

第3Q、ネイトをフリーにしてしまい、いきなり3PTを決められると、
続いてTOからネイトがミドルで59-60。一気に追いつかれてしまいます。
ウエストがミドルを決めて何とか落ち着かせますが、リバウンドを取られます。
失点にはなりませんでしたが、こういう所はしっかりと取って貰いたいです。

ヒバートは遠い位置からのフックをミスしますが、次のオフェンスでは決めました。
しかしRIPの連続得点でリード1点と苦しい時間が続きます。
CHIオフェンスをブロックで凌いだあと、ランスがレイアップ&カウントを決めて
63-69。後半開始時の点差に戻します。

すると、ギブソンがランスにエルボーをかましてオフェンスファール。
恐らく何か言ってたのでしょう。ごめんねギブソン。
そして、次のオフェンスでヒルが3PTを決めるのと同時に
ウエストがポジション争いでファールを貰い、変則的な4ポイントプレイが
生まれます。先ほどのベリネリへのお返しができました。
ウエストがFTを決めて63-73、しかしまだ時間は7分35秒。

CHIがイライラしている間に冷静に攻めておきたい所ですが、
ブーザーが決めた後、両者ミスが続きますが、CHIがオフェンスリバウンドを
とり続けてチャンスを何度も与えるとファールでFT、67-73になります。
CHIのディフェンスが厳しくなり、INDは楽なオフェンスが出来なくなります。

INDもデンへのDを頑張り、ファストブレイクでポールがFTを貰います。
これを1本決めてポールは10pts-7reb、前回の大爆発には遠い出来です。

しかし、CHIもパスミスで勢いを掴めず。ウエストがギブソン相手に
ポストプレーで2点を取り、今日もFG 9/11で21pts。MIA戦に続き、
ここぞという試合で本当に頼りになります。

RIPがテクニカルを取られ、ヒルがFT、そして、ポールがファールへの
FTを今度は2本きっちり決めて67-79とこの12点リードになりました。

しかし、CHIとしてはここからが勝負です。ギブソンにバトラー。
勢いのある2人の時間がやってきます。
さっそくマヒンミが3つめのファールを取られ、バトラーに
2本のFTを決められます。

直後、ウエストのレイアップがブロックされますが、ボールはキープ。
ウエストがポストに向かった所、ダブルチームに来られますが、
リングへ向かっていったランスにボールを合わせて雄叫びを上げながらの
ダンク。テクニカルだけは本当に注意してもらいたいです。

CHIはシュートミスし、リバウンドがこぼれますが、ヒルが
ハッスルでキープしてタイムアウト。このボールに絡んでいたCHIの
選手はバトラーでした。勢いがあるだけに良い場所にいるのでしょう。
69-81で残り3分16秒。時間がなかなか過ぎません。

足首の影響がなさそうで、ベリネリが出場を続けており、
スクリーンプレイからミドルを決めます。
すると、あまり気持ちの良いプレイをさせて貰えなかったポールが
ヒルからのパスを受けてアリウープバックダンクを決めます。
両者共に素晴らしいプレイでした。その後、ミスが続き、71-83で
タイムアウト。

ベリネリが決めればウエストが返し、12点のリードをキープしますが、
ネイトが3PTを決めて一桁差に侵入してきます。ポールのレイアップミスを
マヒンミがカバーし、76-87。ベリネリがゲームを作りはじめ、
その絶妙なタイミングのオフェンスに苦しみますが、シュートは外れます。
INDは第3Q最後のオフェンスのチャンスを得ますが、ターンオーバー。
勿体ないことをしました。そしてギブソンにブザービーターを決められますが、
これは時間切れで助かりました。こういった事が起こりうるので
最後はしっかりオフェンスして終わりたいです。
第4Q、ヒルが3PTを決めて76-90。ここまでFG%が
CHI:45%に対して、IND:63%と絶好調です。
ハードなディフェンスをしきましたが、ベリネリに決められ、
ポールがパスミスでTO。ここでリック・スミッツが画面に映し出され、
たまらずカメラ目線。男前です。

しかし、バトラーにFTを2本取られ、80-90となってしまいます。
ヒルのジャンパーがショートで、今度はデンにFTを2本。
14点があっという間に8点になってしまいました。

ヒルとポールは第3Qから出ずっぱりの為、疲労も気になる所です。
タイラーがインサイドでミス、CHIもミスしてくれて、再度テイラーで
攻めると、今度はファールを貰いますが2本ミス。
ここでマヒンミに替えてヒバートを戻します。

24秒ギリギリで打たせた3Pは外れ、ウエストも戻ってきます。
ヒルが3PTを狙いますがまたしてもショート。どうやら疲れが
限界の様で、逆にバトラーにミドルを決められて84-90と
なった所でタイムアウト。

明けて、ヒルとウエストのピック&ポップでミドルが決まり
久しぶりに点を決めます。ここでもベリネリが決め返し、
お互いにミスが続くと、またしてもベリネリが決めて88-92。

どうにもベリネリのリズムを崩せないままでしたが、ここで
キーマンの1人、ランスが3PTを決めます。スクリーンではなく、
クロスオーバーで動くと見せかけて3ポイントラインに下がっての
見事なショットでした。

ネイトがシュートを外し、ランスが駆け上がった所でベリネリが
ファールをします。1対3で数的にはCHIが有利でしたが、何故か止めました。
ランスはFTを1/2しか決められなかったので、彼の作戦は
成功だったのかもしれません。

残り6分で88-96。まだまだ試合は決まりません。

バトラーが決め、ヒバートがオフェンスリバウンドを粘りますが、
いつもの様にチップイン狙いで決められず。運良くINDボールと
なりましたが、もっと高さを活かしてもらいたいです。
ボールを掴んでしまえば、ファールを貰える可能性もありますし、
それが3点プレイになる可能性もある訳ですし。

運良く得たセカンドチャンスですが、まさかのヒバートがドライブ。
これは決まりそうになりましたが、ミス。ヒルが外で空いていたので
パスでもよかったですね。

こういう時間になってくると、そろそろネイトの爆発が怖くなってきますが、
ジャンパーをミス。ヒヤッとします。ボールを回した後に、ヒバートが
インサイドで持ちましたが、ブロックされ、ベリネリに2点を決められます。

残り4分で92-96。更にINDはTOでボールを失いますが、
CHIもパスミス。助かりました。ウエストのショットはミスしますが、
リバウンドをとったINDはポールがミドルを決めて92-98。

そしてようやくベリネリがミスをしてくれ、ポールの3PTミスも
ウエストがリバウンドを拾いましたが、ここでポールが
堅実なプレイを忘れてパスミス。せっかくのチャンスを時間も
使わずにみすみす逃してしまいました。

この後、ギブソンがインサイドに突っ込んできましたが、ウエストが
ブロックで対処。今度は時間を使って攻めましたがミス。
そしてベリネリが止まらずに決めて96-98。とうとう1ポゼッション差と
なってしまいました。この時、彼はサム・ヤングのお株を奪う
ポンプフェイクを見せました。

INDは更にパスを狙いすぎてTO。CHIにチャンスを与えます。
残り1分46秒。ベリネリがミスし、リバウンド争いは危なかったですが、
INDボールへ。シボドー激怒。

勢いがどっちにつくか、重要な場面となりますが、ここでオールスター男が
やってくれました。まるでかつての大エース様を彷彿とさせる、
インからアウトに走り出てきての3PTを沈めます。
94-101で残り1分18秒。安全圏ではありませんが、良い点差です。

タイムアウト明け、CHIにタフDを展開し、リバウンド争いで
ウエストがファールを貰いFTとなります。ちょこちょこ外してきた
彼ですが、ここでは2本とも決めて94-103。残り1分5秒。

自分たちのオフェンスで時間を使う事ができなかったのは残念ですが、
リードは広がったので十分です。タイムアウトが明け、今度は
ギブソンが攻めてきます。3秒しか経たなかったのに加え、ヤングが
ファールしてしまいましたが、ギブソンはFTを2本ミス。
そしてまたファールをもらったウエストがFTラインに立ちます。

残り1分、94-105となりCHIがタイムアウト。
なかなか時間が過ぎませんが、点差だけは広がり、勝利が近付きます。

すると、ここでレジー・ミラーの永久欠番バナーを映し出します。
やはり先ほどのポールのプレイがレジーを彷彿とさせるということでしょう。

バトラーのショットが外れ、オフェンスリバウンドを許しますが、
インサイドでのシュートをブロック。しかし、インバウンドでベリネリが
走り込んできて3点プレイを決められてしまいます。

97-105となり、ポールにファールゲーム。FTを2本決め、97-107。
10点リードをキープし、その後のファールゲームもヒルが2本決めて、
追いつかれることなく試合が終了しました。

また80点台で終わるかと思いましたが、予想外の
点の取り合いになりました。

ブルズは100点以上を記録した試合では41連勝中だったそうですが、
見事にそれを打ち破りました。NBAタイ記録だそうです。
この記録をCHIがどこまで重視しているか分かりませんが、
ほぼ決まった試合でも諦めずにファールゲームに来た結果の
100点越えでした。

100%コーチの指示かは分かりませんが、ポポビッチとは
違う熱い方針のシボドー。何点あっても安心できない恐怖は
そういう所から出てきているのでしょう。

試合後、ギブソンはポールとランスと笑顔でハグをしていました。
試合中にエルボーを受けていましたが、仲良しだったのでしょうかね。

スターターが出ずっぱりだったので、3連戦初日としては厳しい所ですが、
今日の試合に勝つことが最優先事項だったと思います。
相手は負傷者が多く、フェアな戦いではありませんでしたし、
そんな中でもこんなタフなゲームになるというのは、いかに
CHIが強いかということを示しています。ここにゲームを
コントロールできるハインリックだったり、
ハート・ハッスル・マッスル・ジョアキム・ノアがいたり、
そして、リーグ1のPG、デリック・ローズが戻ってくる訳です。

プレイオフではMIAとCHIの削り合いをしてもらって、
その勝者と当たるというのがイースタンの最高のシナリオかと
思いますが、その両方と当たる組み合わせになったら地獄ですね。

と、今からプレイオフの話をしても仕方ありませんが、
ともかくホームの連勝は14まで伸びました。思った通りの
消耗戦となりましたが、明日もホームでATL戦です。
頑張ってもらいましょう。

CHI 101 - 111 IND 18165

Bulls 29-19
 FG 39/88(.443) 3PT 4/16(.250) FT 19/22(.864)
 12/23=35reb 18ast 7stl 10TO 6blk

L.デン 44min 13pts 6reb
C.ブーザー 23min 10pts 5reb
T.ギブソン 44min 10pts 11reb 5blk
R.ハミルトン 15min 10pts 3reb
N.ロビンソン 40min 19pts 5reb 9ast 3stl
 M.ベリネリ 24min 24pts 3ast
 J.バトラー 29min 10pts 3reb 3stl

Pacers 29-19
 FG. 37/74(.527) 3PT 6/14(.429) FT 27/34(.794)
 13/34=47reb 23ast 6stl 16TO 8blk

P.ジョージ 44min 21pts 11reb 5ast 
 派手なプレイを狙ってミスというのはいただけないですが、それでも
 アリウープに最後の3PTとしっかり仕事をしてくれました。
 デンに対するディフェンスも良かったです。

D.ウエスト 36min 29pts 9reb 4ast 3blk
 MIA戦に引き続き、オフェンス好調でランスとのコンビが
 ここの所良い形で生まれています。3ブロックとディフェンスでも
 活躍。頼りになります。

R.ヒバート 30min 6pts 9reb
 FG3/11と高さを活かせず。オフェンスリバウンド5ですが、
 チップばかりなので得点に結びつきません。
 そしてあのスクープショットはなんだったのでしょうか。
 あんなの練習でもやったことないのでは。。。
 周りに助けられましたね。

L.スティーブンソン 34min 15pts 4reb 5ast
 好調をキープしています。ウエストからパスを貰ってのダンクや、
 良いところでの3PTなど、成長株はポールだけでないというところを
 見せつけました。

G.ヒル 38min 22pts 6ast
 序盤はボールが手からこぼれることが多く、心配でしたが、
 終わってみればFG.7/10、3PT3/5の大当たり。特に第4Q最初の
 3PTを決め、相手に勢いを与えなかったプレイは大きかったです。

 T.ハンズブロー 12min 8pts 5reb
  後半はほとんど出番がありませんでしたが、それでもリバウンドから
  よく点を取りました。

 I.マヒンミ 16min 6pts 5reb
  ファストブレイクでのダンクくらいしか目立ちませんでしたが、
  しっかりと5リバウンドを記録しています。

---
最後のポールの3ポイントの前のプレイ、リバウンド争いで
ボールが外に出てINDボールとなりましたが、あそこはビデオで
確認しても良かったかもしれませんね。

レフリーはベリネリだったか、最後にボールをキープしようとした時に
ラインを踏んだと判断したように見えましたが、あの角度のみでは
どうにも確認しにくかったです。
前の試合でも最後のデンへのブロックがファールにならなかったりと、
こういう一つのジャッジで試合が決まる事になると、不必要な因縁が
生まれかねません。あまり気持ちのいいものでもありませんし、
こういうジャッジは正確に判断して、全ての試合で統一性を
持たせて貰いたいものです。
関連記事


コメント

  1. mt | URL | -

    Re:予想を裏切る試合展開:Game 48 vs ブルズ【NBA_Pacers】

    (ヒバート+マヒンミ)÷2みたいな選手が欲しいです(笑)

    ブルズすごいですね、INDにとってはここで外してくれれば楽になるって所を全部決められたような感じでした、集中力ですかね?
    逆にINDは明日のことがちらついたのか4Q終盤凡ミスが多かったです、全部スターンのせいですが(笑)

    最近のランスはジャマクロ2世といってもいいんじゃないでしょうか!
    クロスオーバーからのジャンプショット、ステップバック3と見てて楽しいです
    メンタル含めこのまま成長していって欲しいですね

  2. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > mtさん

    ヒバートは少し改善されてきたと思ったらまたこれですからね。
    安心できません。マヒンミがベンチから出てきてくれるのは
    心強く感じます。

    CHIの恐ろしさは少ない時間で追い上げてくる所でしょうかね。
    2年前のプレイオフでは何点リードすれば勝てるんだろうと
    恐怖心しかありませんでした。残り1分で10点リードでも
    足りませんでしたからね。主力がいなくても、その力は
    継続しているところがすごいです。

    ランスはいいですね。最近得点にアシストに目立つ事が多いです。

    最近パス回しでのTOが多く感じますが、よく考えると、
    これまでこんなにエクストラパスが出てたかな?という事です。
    これをTOせずに通せれば楽なシュートが増えますし、まだまだ成長過程に
    いるのかもしれません。

    いつものディフェンスに今日の様なオフェンスが組み合わされば
    更なる上を目指せるかもしれません。

  3. す | URL | -

    Re:予想に反する試合展開:Game 48 vs ブルズ【NBA_Pacers】

    最後のポールの3PTは鳥肌ものでした。ここぞという時に決めてくれるのは、素晴らしいです。やっぱり疲れているのか、ミスも目立ちましたが。

    審判については、ほんとに同感です。ちょっとペイサーズよりのコールが目立った気がしました。ロードでもっと辛い思いをしているので・・・と思わず、いつでも公平な笛を期待したいです。

  4. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > す さん

    何度か確認しましたが、あれヒバートが出してますよね。
    バウンドの時点で少なくともラインに乗っかってるように見えます。

    形的にはギブソンがチョップして出したように見えなくもないですが、
    ヒバートは手を伸ばした位置で取っていたので、ギブソンの手は
    届いてなさそうです。

    シボドーは怒っていましたが、CHIの選手が抗議しなかったので
    軽く扱われたのでしょうか。
    こういうケースでもリプレイ見たり見なかったりという判断がよく分かりません。

    リプレイの結果で分からなければジャンプボールという手もありますし、
    そのままスルーというのはなんなのでしょうね。
    こういった判定ミスで何度も試合を落としてきただけに、こういう好ゲームに
    ケチを付けられる形で終わってしまうのが残念です。

  5. BFiJ | URL | -

    Re:予想に反する試合展開:Game 48 vs ブルズ【NBA_Pacers】

    94-98で流れがブルズにいきそうなとこの重要のコールデ
    2分切っているのにレビューすらしてくれなかったのには納得いきませんでした…
    が負けは負け、残りの2戦はしっかりと勝たせていただきます!

  6. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > BFiJさん

    あれはジャッジミスでしたね。
    そういう試合を最近経験してばかりなので、スッキリとした勝利でなくて
    残念です。主力抜きで互角なので、次はもっと厳しい試合になることだろうと
    思います。こういう因縁のお礼参りの気分も増してくるでしょうしね。。。

    熱戦になるのはいいですが、荒れる方向にだけには
    流れて欲しくないです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1747-9f3870fb
この記事へのトラックバック


New