Game 62 @ マジック【NBA_Pacers】

2013年03月09日 16:55

今日からフロリダ遠征。昨日はマイルズ・プラムリーと
オーランド・ジョンソンはユニバーサルスタジオに遊びに行ったとか。
昨年のプレイオフではディズニーランドに遊びに行った
ペイサーズの若手達ですが、こういう息抜きも良いですね。

さて、相手はオーランド・マジック。
前回の戦いではORLの3PT構成により、ぼこぼこにされ、
リングをくるくる回りながら入るボールに合わせて腰を
クネクネ回したグレン・デイビスへのお礼参りといきたいところでしたが、
当の本人は怪我で欠場でした。。。

また、ORLと言えば、最近トバイアス・ハリスが話題となっていますね。
MILでは使われなかったのに、ORLに行ってからブレイク。
今日はスターターとして登場しました。

レディックはいなくなりましたが、アフラロの3PTで始まると、
INDはヒバートで攻めて早速ファールを貰います。これを2本
決めますが、そのハリスも3PTを決め、2-6スタート。
ウエストが決め、スティールからのファストブレイクで
ヒルがプットバックを決めて6-6とすると、次のORLオフェンスも
TOでINDボールとなり、ウエストtoヒバートのアリウープが
決まって逆転。

その後、ファールを受けたアフラロがポールに突っかかり、
ダブルテクニカルを取られました。ダブルというのは納得いきませんね。

お互いにミスをした後、ヒルがタフレイアップを決めて10-6。
ウエストで攻め、噂のハリスを2ファールに追いやりますが、
ベンチには下がらず。逆にヒバートも2ファールとなり、こちらはベンチへ。

その後、元INDのアル・ハリントンが出てきます。
すっかりジャーニーマンとなった彼ですが、出て来てすぐに
プットバックを決めました。

マヒンミも早々に2ファールとなり、フロントコートの
ファールトラブルが心配となります。16-13の状態がしばらく続き、
更にINDは24秒バイオレーションを取られました。
残り2分を切り、ようやくヒルがミドルを決めて点が動くと、
ORLは3セカンドバイオレーションでオフェンスミス。
INDはオフェンスリバウンドからポールがミドルを決め、
ブーチェビッチもミドルを決めて20-15。
最後はINDのオフェンスリバウンドから、ブロックされても
拾い直してポールがレイアップで2点を追加。
ORLはシュートミスをして22-15で第1Qが終了しました。

第2Q、オーガスティンが3PTをミスしますが、またもや
オフェンスリバウンドを取り、オーガスティンのレイアップが
決まり(ゴールテンディング)24-15。

タイラーはレイアップとミドルを立て続けに決めますが、
この時間はORLも決めて28-19。
9分42秒にマヒンミが3つ目のファールを取られて、
早くもヒバートがコートに戻り、それに合わせてORLも
ブーチェビッチを戻してきました。

オーガスティンが3PTを決め、33-23。
6分半近くにはもう1本の3PTを決めて38-27としました。
この後、シューティングファールでは無いのに、何故か
3ポイントラインの確認をして2本のFTがネルソンに与えられました。
あれはどう見てもシュート前のファールでしたよ。

ヒバートのフックが決まった後、ブーチェビッチはオフェンスファール。
ランスが今日もタフレイアップを決め、42-29とリードを広げます。

更にタイラーが今日は好調で、オーガスティンも3本目の
3PTを決めてセカンドユニットで47-31と一気に突き放すことに成功。

INDの雑なオフェンスが続きますが、ORLは得点を加えることが出来ず。
リバウンドでハリスがよく目立ちました。ランスが何度も
レイアップに挑み、それが成功して49-31。

タイラーがもう一本決めて53-34。殆どがタフレイアップですが、
本当に良く決めました。結局このQ、ヒバートとランス以外の
スターターはプレイする必要がありませんでした。残り1分に
ポールが出てきましたが、特に出る必要も無かったと思います。

最後クリアパスでアフラロにFTを決められて53-38で前半終了。
第3Q、ウエストがミスしますが、ハリスのレイアップを
ヒバートがブロック。更にもう1本のブロックからファストブレイクで
ヒルtoランスの全く派手さのないアリウープレイアップが決まります。

更にORLはブーチェビッチのオフェンスファールで
オフェンスの機会を失い、INDはヒバートがしっかりとフックを決めて
57-38と最高のスタートをキルト、更にハリスのレイアップを
ヒバートがブロック。その次のORLオフェンスも
ウエストがしっかりと対処してTOを誘発すると、INDは
良いボールムーブメントからヒバートがブーチェビッチから
ファールを引き出し、FTを2本決めて59-38とリードを
21点とします。

序盤はINDがファールトラブルとなりましたが、後半はハリスが
4つ目のファールを取られました。ORLにファストブレイクを
許すものの、ヒルがファール無しで防ぎました。

ORLはアフラロが良く決めてきますが、比較的INDディフェンスも
成功しており、ネルソンのディフェンス無視の3PTが決まった後には
ポールが2連続3PTを決め、ネルソンのタフレイアップが決まった後に
早いオフェンスでポールがもう1本の3PTを沈めて76-50としました。
まるで前回の対戦のお返しをするかの様な3PT構成ですが、
基本的にはディフェンスから作ったリズムの様に見えました。

リバウンドを取られた後も、パスでのスティールを狙い、
ファールを貰って再度オフェンスを続け、ウエストがタフレイアップを
決めて78-52としました。ブーチェビッチのダンクへのブロックもあり、
更にハークレスのレイアップをウエストがブロックしましたが、
これはファールを取られました。この点差なら気になりませんが・・・

ウエストのパスがスティールされた後、ランスがスティールを
仕返して、これまたタフなレイアップ(何度目?)を決めると、
更にヒバートがスティールをしてポールがファールを貰います。
これを2本決めて82-56。残り3分を切りましたが、スターター5人が
ずっと出ていました。
これは今シーズン何度か見られた、スターターは第3Qでお務め終了の
パターンでした。こういう展開の時は第3Qの12分間はベンチを出さずに
そのまま終わらせる事が何度かありました。

ディフェンスは良いものの、大量リードの関係か、適当な
オフェンスが続き、TOも量産します。残り35秒には
ヒルが3PTを決め、直後ネルソンはTOをし、レフリーが
届かない高い位置にボールを放ってテクニカル。
こういった展開ではフラストレーションも貯まるでしょう。
前回のINDがそんな感じでした。結局88-63で終了。

ポールは第3Qだけで18点を稼ぎ出しました。

オーガスティン、オーランド、ヤング、タイラー、ウエスト(!?)で
始まった第4Q。ORLが良い形で4点連取すると、好調タイラーが
インサイドで点を取りました。

ORLはケンタッキー大出身のドロン・ラムを投入。
お互いにほぼガベージタイムに突入となりました。

ここからもINDのディフェンスはよく機能し、オフェンスでは
タイラーが目立ちました。しかし、ニコルソンにどつかれて
タイラーが投げ飛ばす形となり、レフリーから最初のどつきが
見えなかった為にテクニカルを取られました。

今日はランスもテクニカルを取られ、少々荒れ気味でしたが
残り5分が近くなると、ジェフ、グリーンらも登場し、
タイラーを下げました。今日は十分働きましたね。

その後、グリーンの久しぶりのアリウープ(これも派手さには欠ける)が
飛び出し、3PTも決めて残り4分で108-82。
ORLの24秒ギリギリのシュートをマヒンミがブロックし、残り3分25秒には
ルーキーのマイルズ・プラムリーが登場。

彼は得に目立ちませんでしたが、最後はグリーンの
アリウープ(ちょっと派手)が飛び出し、115-86で快勝。
前回の敗戦の借りを返しました。

IND 115 - 86 ORL 16515

Pacers 39-23
 FG 43/83(.518) 3PT 11/19(.579) FT 18/23(.783)
 13/32=45reb 33ast 5stl 12TO 9blk

P.ジョージ 25pts(8/12) 5reb 3ast
D.ウエスト 9pts 7reb
R.ヒバート 10pts 5blk
L.スティーブンソン 10pts 6reb 3ast
G.ヒル 11pts 3reb 5ast
 T.ハンズブロー 18pts 6reb
 D.J.オーガスティン 14pts 3reb 8ast
 S.ヤング 5pts 5ast

Magic 17-46
 FG 32/82(.390) 3PT 5/15(.333) FT 17/19(.895)
 12/26=38reb 16ast 8stl 20TO 5blk
M.ハークレス 3pts 6reb 3stl
T.ハリス 7pts 8reb
N.ブーチェビッチ 12pts 6reb
A.アフラロ 19pts
J.ネルソン 10pts 3reb 6ast 3stl

33アシストはすごいですね。TOももっと減らせると思いますが、
12といつもよりは少なめでした。

次は最後に負けたのがINDというMIAとの大一番です。
順位的には彼らが勝とうが負けようがもうトップ通過は間違いないでしょうから
どうでもいいですが、今シーズンここまで2勝0敗できています。
両方ともホームでの試合でしたが、アウェイで勝って3-0にできたら
気分的にはプレイオフでも自身に繋がると思います。

荒れない方向での熱い試合を期待したいですね。
レブロン覚醒後の対戦は初となりますので、いかにポールが
抑えられるか、楽しみです。
関連記事


コメント

  1. | URL | -

    Re:Game 62 @ マジック【NBA_Pacers】

    次戦のマイアミ戦、ペイサーズには死ぬ気で戦って勝って欲しいです。
    おそらくプレイオフで打倒マイアミの各チームは今季2勝してるペイサーズの戦いぶりを密かにスカウトしてるはず。
    ここで恥ずかしい負け方をしたら何のスカウトにもならないどころか、マイアミ以外のチームにも舐められそうな気がします。

  2. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    Re:Game 62 @ マジック【NBA_Pacers】

    この試合で良い流れは作れたので
    あとはやるだけですね。
    優勝するにはファイナルに行く前に
    倒さないといけない相手ですし17連勝中と
    乗ってますから倒せたらでかいですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1778-e2642a6d
この記事へのトラックバック


New