緑の日:Game 67 @ キャバリアーズ【NBA_Pacers】

2013年03月19日 13:16

今日はアウェイでクリーブランド・キャバリアーズと対戦。
デイビッド・ウエストが先日の試合で腰を痛めたため欠場し、
代わりにタイラー・ハンズブローがスターターとして登場しました。

序盤、またしても吹かれない笛にイライラしかけましたが、
今日は選手達が集中しており、ズルズル行くことはありませんでした。
ウエストの欠場で引き締まったのかもしれません。

11-18と出だしにやられてしまいましたが、ランスのステップバックや
ポールのブロックを挟んだ2本のショット等で追いつき、19-18とすると、
タイラー・ゼラーが完全にライン内にいるのにポールの
チャージングを取られるという不可解な笛がありました。
が、それ以後、笛がどちらかというとIND寄りになった感じがありました。

第2Qはベンチ陣の活躍で36-26としますが、C.J.マイルズの
大当たりによって40-38まで詰められました。
すると、今日ローテーション入りしたジェラルド・グリーンも
当たり日で、ステップバックに2連続3PTで51-41とすると、
スターター起用されたタイラーも今日は絶好調で
カウントを決め、54-41としました。更にグリーンのアリウープが
飛び出し、マイルズの活躍を目立たなくさせました。

第3Q、ポールからヒバートへのナイスパスでイージーダンクが決まり、
タイラーのバスケットカウント、ポールのダンクで69-50とすると
残り8分からはヒバートのショット、ポールのスティールから
ファストブレイクでタイラーがファールゲット、更にヒルのスティールから
ランスのダンクが決まり、74-54とCLEにオフェンスの機会を与えません。

タイムアウト後のオフェンスもエリントンがパスミスでTO、
INDはヒバートがブロックされますが、タイラーが拾ってファールを
貰いながらフェイダウェイを沈めます。今日のタイラーはすごかったですね。
普段は取れないリバウンドも彼の所に転がってくるようでした。

最後にはジェフ・ペンダーグラフの3PT(!?)が決まり、87-62で終了。

第4Qは控え選手による育成の場となり、タイラーに触発されたのか
マヒンミもインサイドで強さを見せ、グリーンがもう1本のアリウープ、
ジェフも引き続き点に絡み、大崩れすることなく試合を締めました。

久しぶりの快勝を見る事ができて良かったです。
試合後、天候不良で飛行機が飛ばず、バスで待機という
時間が続いていたそうなので明日のホームでのORL戦に
影響がでないといいのですが。

ウエストは出場できる見込みということです。
今日は全てがうまく行きすぎました。これが実力だと
変に過信しないで、次に望んでもらいたいですね。

IND 111 - 90 CLE 13016
Pacers 41-26
 FG 39/88(.443) 3PT 8/22(.364) FT 25/29(.862)
 15/42=57reb 29ast 8stl 14TO 9blk

P.ジョージ 14pts 4reb 4ast 5TO
 25分の出場でFG5/9。第1Qから好調をアピールしましたが、
 ベンチから出たオーランドとグリーンがいつも以上の
 出来だった為、休みが多かったです。TOは多いですが、
 明日に備えられたのは大きいですね。

T.ハンズブロー 18pts 11reb
 よくリバウンドを拾い、よくねじ込みました。FTも6/7と
 24分の出場でこれだけできれば素晴らしいです。
 前回のスターター起用時も活躍しましたが、
 やはり気持ちの入れ方が違うのでしょうかね。
 これが続けられるのであればなかなかのものだと思いますが。

R.ヒバート 12pts 9reb 5blk
 FGは4/10と良くはありませんでしたが、それ以上にディフェンスでの
 貢献が大きかったです。ブロックへの意識が高く、
 時間さえあればダブルダブルも達成できたと思われます。

L.スティーブンソン 6pts 3reb 3ast
 派手なダンクがありました。3PTは決まりませんでしたが
 ステップバックのミドルは綺麗に決まりました。

G.ヒル 9pts 7ast 3stl
 今日は周りを良く活かしました。他のみんなが決めてくれたというのも
 ありますが、チーム全体のアシストが29と、試合を通して
 よくボールが回りましたね。

 J.ペンダーグラフ 11pts 7reb 4ast
  キャリア初の3PTを決め、その後もほぼ3PTというミドルを
  決めていました。シュートが決まるというイメージの
  フォームではないのですが、タイラーに欲しかった能力を
  ジェフが手に入れてしまうのでしょうか。

 G.グリーン 20pts 6reb
  今日はやりたい放題でしたね。最初のステップバックを決めたのが
  きっかけだったのか分かりませんが、3PT4本にアリウープと
  少ない時間で大爆発でした。
  久しぶりに視覚的に楽しいベンチタイムを見ることができました。

  また、試合が決まった後も、ルーズボールにしっかりと反応していました。
  取れませんでしたが、大量リードだからといって諦める事が
  無かったのは良いことだと思います。

Cavaliers 22-45
 FG 35/92(.380) 3PT 6/24(.250) FT 14/21(.667)
 16/29=45reb 21ast 6stl 11TO 7blk
A.ジー 7pts 6reb 3stl
T.トンプソン 20pts 11reb
T.ゼラー 8pts 6reb 4ast
D.ウェイターズ 4pts
S.リビングストン 8pts 3reb
 C.J.マイルズ 21pts

トンプソンのスクープショット気味のシュート。あれは良い武器に
なりそうですね。自信を持って放っている気がします。
彼自身が動けるビッグマンなので、シュートモーションなしで
いきなり打てるのはブロックしづらく、嫌らしいショットでした。

マイルズは12月の対戦同様に3PTをボコボコ決められました。
躊躇無く打ってきますが、決まらなくなってからは点差が
開きはじめました。

スペイツはポールのファストブレイクを止めるために
引き倒すだけの首へのアタックをしかけ、フレグラント2、
一発退場となりました。
あれファール後に支えておかないとファールの印象も悪いですし、
怪我をさせる危険もあります。出場停止でもオーバーではないと
思いますが、試合中にちゃんと処分を受けたのは良かったです。
最近後手後手の誤りジャッジが多いですからね。

---
で、他の試合の事にも突っ込んでおくと、DEN-CHIの
終盤のジャッジも酷いものでした。クーフォスの明らかな
ゴールテンディングは見逃し、ノアの(結果的には触ってる)場合は
レビューでしっかりチェック。これは公平じゃなかったですね。

また、ボールをキープしたチャンドラーだったか、押されて
表に出たのにノーファールでCHIボールとなる場面もありました。
取るレフリーと取らないレフリーはいるでしょうが、あれも微妙な
感じだったと思います。

で、ノアのテンディング判定後、シボドーがめちゃくちゃ切れていて、
テクニカル取られるんじゃないかと心配でしたが、それはありませんでした。

この日、CHIは緑のユニフォームを着ていましたが、元祖緑のBOS。
MIA相手に最後まで分からない勝負を演じましたが、緑の中の緑、
ジェフ・グリーンも43ptsの大爆発でした。
今日SAS(ダニー・グリーン)の試合がなかったのが残念です。
関連記事


コメント

  1. す | URL | -

    Re:緑の日:Game 67 @ キャバリアーズ【NBA_Pacers】

    テレビの故障で、グリーンの大活躍が見られなくて本当に残念です。
    やな試合が続いたので、これを機に調子を取り戻してもらいたいですね。

  2. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > すさん

    久しぶりに思うとおりにプレイできたので気持ちよかったと思います。
    これが続いてくれるといいのですけどね。
    特大のアリウープかましてくれましたよ!

  3. 6rock9 | URL | -

    お久しぶりです。

    インディアナ、集客に苦労してたんですね。知りませんでした。確かに今シーズンの成績であれば選手から嘆き節出ても文句は言えないですよね。日本でのペイサーズ人気ならあれかも知れないですが地元がそれとは正直驚きました。
    私は最近BSの放送なく寂しく思ってますがねぇ。

    レフリーの件はやっぱり時々話題になりますよね。話しはずれるのですが、リーグでも笛が優先されてる暗黙の選手の一人にKDも間違いなく入ると思うのですが、彼がファールの笛を吹いて貰えないときに直ぐレフリーの方を見てアピールするアレ。最近、多く感じて何だかイラッとすることあるんですよね、素晴らしいリーグを代表する選手であるだけに。充分、恩恵受けてるわけですし、跳ね返す能力もあるんですから。
    本当に只の小言ですみません。

    コービーも昔は良くやるイメージでしたけど、Pジョージにはそうなって欲しくないなぁ(笑)

    また、更新楽しみにしています。

  4. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > 6rock9さん

    お久しぶりです。
    勝てば客が戻ると信じてここまできたのに、大して変わりません。
    これではモチベーションの維持も難しいですよね。。。

    OKC、デュラントはよくそう言われますね。
    自分はOKCの試合はほとんど観ていないので分かりませんが、
    レブロンのトラベリング容認もよく指摘されるところだと思います。

    リプレイの有無の基準も良く分かりませんし、プレイオフで
    ミスジャッジで敗退となれば納得いきませんからね。。。
    しっかりやってもらいたいです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1786-df462082
この記事へのトラックバック


New