続・緑の日:Game 68 vs マジック【NBA_Pacers】

2013年03月20日 21:38

今日は2連戦二日目、オーランド・マジックをホームに迎えての
ゲームでしたが、デイビッド・ウエストが腰の痛みで2試合欠場。
大丈夫でしょうか。

試合の方は序盤、ORLのシュートがあまり決まりませんが、
ペイサーズも3PT乱発でそれが決まらず、ロースコアな展開となります。
最初はシュートタッチがあまり良くないと思われたポールでしたが、
3PTを決めて12-19で第1Q終了。

第2Q、両者合わせて5連続で決め、試合に動きが見え始めましたが、
INDがミス続きの間にORLは6点連取で21-25とされます。
ベンチからマヒンミがよく点を取り、グリーンが3PTを決めると、
今日もターンアラウンドのタフショットを決めて23-34と
リードを広げました。
スターター起用のタイラーもよく点に絡み、持ち前のしつこさが
良い方向に流れ、FTを獲得したり、リバウンドにも繋がりました。

最後はタイラーのチップインが決まり、29-42で前半終了。
やはりロースコアのままでした。

第3Q、しばらく突き放せない時間が続きましたが、
残り5分を過ぎてからポールのハイライトのサーカスショット、
ジャック・ボーンHCのテクニカル2回の退場のFTで点を重ね、
ポールとオーランドのショットで50-67と突き放しに成功。
第3Qの最後もタイラーのチップインで終了しました。

第4Qに入ると、INDのやる気スイッチが入り、ジェフ、
オーランドが2点ずつ決め、スティールからヒルの3PTが
決まって55-76とします。

残り6分半にはヒルのレイアップ、グリーンのターンアラウンド、
マヒンミのミドルで63-86となり、その後プラムリーやベンを出し、
実質勝敗が決定しました。

みんながプラムリーにお膳立てをしてどうにか得点させようとしますが、
結果FTの1点に終わってしまいました。
オーランドのピックがいかにラッキーだったかが分かります。

最後はグリーンの3PTで終了。
昨日程の爆発を見せた訳ではありませんが、ベンチから
19分に出場、これにより、ポールが28分と休みが多く取れたのは
この時期のチーム事情としては最適かと思います。

今日はランスとヒバートがいまいちでしたが、タイラーが
キャリアハイの14reb。セカンドユニットもマヒンミ9pts、
グリーン15ptsと良く取りました。

全体的に不調な流れでしたが、それの上を行く不調のORLが
相手だったのでなんとかなりましたね。

ORL 73 - 95 IND 14343

フランク・ボーゲル
「5日間で4試合目という今日、22点差で勝つというのは、
 よくやっている証拠だし、本当に、本当に彼らが努力している結果だ。
 今日の様な疲れの出る試合で、タイラーのような
 エナジーのある選手が必要となるんだよ。」

今後のスケジュール(現地時間)
金曜日 vs MIL
土曜日 @CHI
月曜日 vsATL
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1787-8768cbe5
    この記事へのトラックバック


    New