入りゃいいんだよ:Game 71 vs ホークス【NBA_Pacers】

2013年03月26日 13:15

ウエストの腰に続き、ランスが股関節、ヒルが足の付け根の負傷で
スターター3人が欠場となった今日のアトランタ・ホークス戦。
ただでさえ苦手な相手で、スターターからすでにセカンドユニットみたいな
布陣で戦う前から諦めてしましたが、ATLはヒバートが苦手はザザ・パチュリアが
欠場。唯一攻められるのはここという感じがしました。

オーガスティン、グリーン、ポール、タイラー、ヒバートというスタートで
試合が始まってみると、開始5分でスターター全員が得点を決め、
ヒバートも良い形で試合に入りました。最初はリードを奪いながらも
後半にかけて追いつかれ、コーバーの4ポイントプレイで26-22とされますが、
直後にオーランド・ジョンソンも4ポイントプレイをお返しで26-26で終了。
珍しい事があるものです。

第2Qはペンディことジェフ・ペンダーグラフとオーランドが
予想外の活躍を見せ、ペンディは3PTまで決めて見せます。
途中、11-0のランもあり、43-58で前半が終わりました。

第3Q、外してもタイラーとヒバートがリバウンドを取り続け、
オフェンスを続けます。グリーンのタフなアリウープレイアップや、
ヒバートのスティールからのポールの3PTが決まって48-72。
が、この時、ヒバートの足はラインの外に出ていましたね。。。
続くアンソニー・トリバーも3PTを決めたのですが、そこでは
ラインクロスをしっかりと取っていました。ATLとしては
納得いかないでしょうね。。。

最大28点差を付けますが、最後はヒバートのレイアップで
63-85の22点リードで第3Q終了。

楽勝モードかと思いましたが、第4Qで大崩れします。
13-2のランで76-87となり、ジワジワ攻められます。
残り5分34秒でオーガスティンが3PTを決め、79-92と
一旦落ち着くかと思いましたが、INDはパスミスにシュートミスが
続き、残り1分には90-94と4点差まで詰められてしまいました。

28点が4点・・・
ディフェンスに苦しみ、タイラーの3PTというオフェンスを強いられ、
ミス、ATLがリバウンドを取って攻め上がりますが、ここでオーガスティンが
スティール。残り38秒で4点リード。

通常であればボールキープが最善策かと思いますが、フリーになっていた
グリーンにパスを出し、時間を使わずに3PTを放ちました。
愚策中の愚策でしたが、なんと、グリーンはこれを決めてしまいます。

残り34秒で90-97。結果的にこのポイントが勝敗を分けました。

が、ダメですよね。これは。残り38秒からだいたい20秒使って
残り20秒以下にさせるほうが良いと思いました。

決まったから良いのですが、外れていたら相手にチャンスを多く与えるだけですし、
時間を使ったあとに決めれば一番良い訳ですからね。
フリーでダンクができるならともかく、3PTを狙うシーンではありませんでした。

ボーゲルも「悪いショットではなかったよ。決まったからね。」と
結果論でしかコメントできていませんし、グリーン自身も
「疑問の残るショットだった。決まって良かったよ。」と
一応ミスは認めています。

大量リードから詰められて、ギャンブルというのでは
プレイオフを勝ち抜くのは厳しいかと思われます。
ベストメンバーではない中で、良いゲームをしましたが、
第4Qの崩れっぷりはCHI戦と全く同じでした。

続くATLのオフェンスですが、結果的に決められますが、
一度はヒバートがブロックで時間を使わせました。
何とか勝利しましたが、褒めにくい内容でしたね。

ただ、今日の勝ち自体は非常に大きいです。
プレイオフでATLと当たっても大丈夫(かもしれない)という
自信は作れたかもしれません。

ATL 94 - 100 IND 14336
Hawks 39-32
 FG 36/80(.450) 3PT 7/21(.333) FT 15/25(.600)
 10/28=38reb 18ast 11stl 16TO 7blk
J.スミス 20pts 3reb 4ast 4stl
J.ペトロ 5reb
A.ホーフォード 13pts 8reb
D.ジョーンズ 3pts
J.ティーグ 10pts
 S.マック 10pts 4ast

Pacers 44-27
 FG 40/84(.476) 3PT 8/23(.348) FT 12/15(.800)
 15/34=49reb 18ast 7stl 3,TO 6blk

P.ジョージ 13pts 6reb 4ast 6TO
T.ハンズブロー 12pts 11reb
R.ヒバート 17pts 13reb 3blk
G.グリーン 19pts 6reb
D.J.オーガスティン 6pts 5ast 6TO
 O.ジョンソン 15pts 5reb
 J.ペンダーグラフ 14pts 3reb

バックコート2人で12TOはまずいですね。
タイラーとヒバートが揃ってダブルダブル。
ホーフォードが全く目立たない試合にすることができました。
インサイドでゴリゴリやられる方が苦手なのでしょうかね。

オーランドとペンディの爆発は前半のみで、後半はさっぱりでしたが、
それでも勝利には十分貢献してくれました。
最後はグリーンが伸びてくれたので助かりましたね。

オーガスティンがスターター、ベンがベンチから出てくる布陣で
よく頑張りました。
関連記事


コメント

  1. mt | URL | -

    Re:入りゃいいんだよ:Game 71 vs ホークス【NBA_Pacers】

    4Qどうしたのってくらいミスパスが多かったですね(笑)
    ATLが連戦疲れか気持ち切らせてたのか主力を最後出してこなかったので助かりました

    ヒル、ランス欠いて無理かと思いましたがジョンソン君、ジェフといい活躍をしてくれてPTがふだん少ない選手もしっかり練習してるのだと思い感動しました!(ベンはちょっと残念でしたが)

    グリーンの最後のプレイに関してはブログ主さんがつけたタイトルどうりでしょうね(笑)見ててびっくりしましたが

  2. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > mtさん

    最後酷かったですね。ATLも本気出してれば追い抜かれたと思います。
    ヒバートも第4Qの崩れッぷりにはご立腹のようで、
    明日の練習でたっぷりケツを蹴っ飛ばしてやるとコメントしていたようです。
    丁度彼が休んでいた時間かと思います。
    今日の彼はオフェンスもディフェンスも素晴らしかったですし、
    言う権利はあると思います。

    前半だけでしたが、オーランドとペンディのステップアップにはビックリでしたね。

    最後のグリーンのシュートは結果オーライですが、スティールから
    ダンクというのもありましたし、スターターとしての働きは十分にこなしてくれましたね。
    アレが決まってなかったら、、、と思うとぞっとしますが。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1791-a61e0457
この記事へのトラックバック


New