C-Semi Finals Game 5 @ ニックス【NBA_Pacers】

2013年05月17日 10:21

王手をかけてMSGに乗り込んだペイサーズ。
ここで決めたい所ですが、前の試合でタイソン・チャンドラーの
エルボーを頭に食らったジョージ・ヒルが出場前になって脳しんとうが発覚。
NBAのテストをクリアできずに欠場と厳しい状況となりました。

試合も出だしはNYKのシュートが好調でリードを奪われますが、
何とか食らいつくIND。NYKのシュートにムラがあり、こちらの
オフェンスさえしっかりしていれば、、、と思うところではありますが、
前半をまとめると、

・FT外しすぎ
・サムやんの乱 再び

特に最後のチャンドラーのファールでFTを貰えたのは
ラッキーでしたが、これを1本しか決められず、しかも逆に
サムやんがJ.R.スミスにファール。何故か3PTへのファールとなり、
実況のレジー・ミラーも「ラリー・ジョンソンの4ポイントプレイを
彷彿とさせる。」と言ったとか言わなかったとか。
場所も同じですしね。正直微妙な判定ではありましたが、
これはファールにいったサムやんのあほプレイです。
批判は全てサムやんに集まるべきでしょうね。

なんだかんだいっても34-40というロースコアに持ち込めています。
相手次第では勝てる展開に持って行けると思いますが、
どうなるでしょうね。

第3Qオーガスティンとポールが3PTを決めますが、NYKも
決めてくるので40-45どまり。逆にコープランドに3PTを決められ、
44-53となると、点を決め合った後、NYKにリバウンドを取られ続け、
コープランドがリングにボールを押し込んで48-59。
ここまで使われてこなかった男が活躍を見せ始めます。

一気に持っていかれてもおかしくありませんでしたが、
NYKの好調もずっとキープする訳でもなく、しかし、INDのオフェンスも
酷いため、57-67で終了。

第4Q、ヒバートのFT2本とグリーンの3PTで62-69としますが、
コープランドがスティールに3PTとここでも活躍をみせ、62-72。
お互いに酷かった、というのがしっくりくるかもしれませんが、
5ファールとなったポールが少しの休憩の後にコートに戻り、
残り6分42秒に3PTを決めて71-75とします、

しかし、メロがジャンパーを決めて71-77と6点差へ。
勝負はここまででしたかね。

INDはFTを19/33で14点も損し、19TOという
酷い内容でしたが、75-85で敗戦。

考えようによっては勝てた試合だったかと思います。
ヒルの不在がいたかったですね。次、彼が戻ってきて
インディアナで勝ち上がりが決まるのであればよいですが。

負けた反面、ここまでひどくてもこれで済むのなら、、、
と思ってしまいますが、やはり甘いですかね。

ゲーム6は
・ファールトラブル
・メロのポストプレイ
・コープランドを黙らせる
・JRの不調をそのままに

これが出来ればいいですね。課題多すぎですが。

ヒルの代わりにスターターとして起用されたオーガスティンですが、
バックアップとしてベンが使われる事はありませんでした。
こういったきつい状態でも、大敗しなかったので、よく頑張ってくれたと
思います。

まぁオフェンスがボロボロだったので、合格点でもないのですが。

IND 75 - 85 NYK 19033
Pacers 3-2
 FG 25/69(.362) 3PT 6/19(.316) FT 19/33(.576)
 12/31=43reb 12ast 6stl 19TO 3blk

P.ジョージ 23pts 6reb 6ast
D.ウエスト 17pts 10reb 3stl
R.ヒバート 9pts 7reb
D.J.オーガスティン 12pts
L.スティーブンソン 4pts 8reb

Knicks 2-3
 FG 32/78(.410) 3PT 7/18(.389) FT 14/17(.824)
 10/30=40reb 12ast 12stl 10TO 5blk

C.アンソニー 28pts 6reb
I.シャンパート 5pts 6reb
T.チャンドラー 2pts 8reb
R.フェルトン 12pts 5reb 4ast
P.プリジオーニ 3pts 3ast
 J.R.スミス 13pts 6reb
 C.コープランド 13pts 4reb

ただ、4Q終盤の連続TOはあり得ませんね。
勝ち目が薄かったとしても、あんなプレイをしていてはいけません。
また、サムやんはメロのポストプレイに対し、ギャンブルディフェンスを仕掛け、
結果的にヒバートの5つ目のファールを引き出してしまいました。
今日も良いところがありませんでしたが、こういったプレイを続けていると
来年の自身の契約も危うくなりますよ。

昨年、RS中は大活躍を見せたバルボサもプレイオフでの行方不明となり、
BOSに拾われるまで結構時間が空きました。
元々広い手がいなくてINDに流れて来たこともあるので、
来年はNBAにいないかもしれません。

そうならない為にも頑張ってください。
ダニーがいない今、グリーンにディフェンスは任せられないし、
サムやんしかこの手薄な状態を救えるのはいない!
関連記事


コメント

  1. ももクマReDD | URL | -

    悔しい!

    Twitterで観戦していましたが、惜しかったです。
    G3が脳震盪で欠場ってのが痛かったですけど、そんな中でも頑張ってくれたと思いたいです。

    次、ホームでしっかり決めてくれれば。
    go pacers GO!!!

  2. す | URL | -

    Re:C-Semi Finals Game 5 @ ニックス【NBA_Pacers】

    結構きめられちゃいましたが、メロとポールのマッチアップは非常に見ごたえがありました。こうやって、ホールがレベルアップしていったらいいですね。今日は、ポールに関しては、オフェンスもなかなかだったと思いますし。

    それでも、ちょっとFT外し過ぎですよね。TOは相変わらずですし。さむやんもは?と思いましたが、4Qのグリーンの2本連続TOもは?でしたね~。まぁ、これだけの状況でも、この点差で粘れたのはよかったかと思います。土曜日決めちゃいましょう。

  3. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > ももクマReDD さん

    ヒルは明日も微妙という様子なので、厳しくなりますね。
    明日勝たないとNYKが有利ですし。。。

    FTとTOを改善すれば勝てたかもしれないというのが
    尚更悔しい所です。
    ホームのファンの声を後押しに頑張って欲しいですね。

  4. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > す さん

    ポールに関しては終盤の、なんとかしなきゃ、というオフェンスも
    評価できると思います。その後チームとしてTO連発だったり、
    ファールトラブルで思う様に試合を運べませんでしたが
    思った程酷い敗戦ではなかったように感じます。

    練習後に100本のFT練習をさせたそうですし、次は色々と
    改善して臨んでもらいたいですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1839-0fede549
この記事へのトラックバック


New