カンファレンスファイナルの日程【NBA_Pacers】

2013年05月21日 13:09

ずいぶんと間が空きますが、明後日から東のカンファレンスファイナルが
始まります。全て中1日で開催されますが、移動を考えると
なかなか厳しい日程となりそうです。

現地時間
ゲーム1 5/22(水) 8:30〜 @MIA
ゲーム2 5/24(金) 8:30〜 @MIA
ゲーム3 5/26(日) 8:30〜 @IND
ゲーム4 5/28(火) 8:30〜 @IND

ゲーム5 5/30(木) 8:30〜 @MIA
ゲーム6 6/1(土) 8:30〜 @IND
ゲーム7 6/3(月) 8:30〜 @MIA
---
今日の練習はウエストがふくらはぎを痛めたそうでお休み。
ペンディは子供が産まれたようで、こちらもお休みだそうです。
ウエストは試合には出られる程度のものとのことです。
日程も空いていたので助かりますね。
---
前の試合について。
ランス・スティーブンソン
「ゲーム5では自分の仕事をすることができなかった。
 今日は寝られなかったんだ。今日の試合にすごく集中していた。

 自分があんなプレイをしたなんて信じられないよ。良いプレイだった。
 ラリー・バードがリーグでプレイすることが出来るという自身を与えてくれた。
 この日の為に全てを教えてくれたんだ。彼はレジェンドであるし、
 自分が出来る事を指導してくれ、それらの全てが自身に繋がったんだ。
 彼には本当に感謝している。」

ロイ・ヒバート
「自分の仕事をしただけさ。いつもそうしている。
 オフの大型契約は、自分の今日の様な働きを期待してのことだしね。
 オフェンスが全てうまくいかなかったとしてもペイントは守ってみせるよ。」

デイビッド・ウエスト
「ランスはこの数ヶ月でもの凄い成長を遂げている。
 ダニーが怪我でいなくなってしまったことで、我々が
 ランスを必要としていることに気付いたんだろう。
 それが彼の成長に大きく関係していると思うよ。」

フランク・ボーゲル
「チームを信じていたけど、信じられない様なことが起こった。
 彼(ランス)はプレイオフの経験なんてほとんどない選手だった。
 それが自分が見てきた中でもベストの内の一つのプレイをしたんだ。
 あの子供にはガッツと素晴らしいバスケットボールの本能が
 備わっているようだ。」

マイク・ウッドソン
「今日の彼はいつもと違った。25点も取られてしまった。
 やられてしまったね。とてもアグレッシブだったし、
 我々はそれを止める事ができなかった。」

カーメロ・アンソニー(わざと意訳しています)
「すんげーブロックだった、ヒバートのビッグプレイだ。
 あれで勢いが変わってしまったね。
 ヒバートのペイント内での働きは凄まじかった。」

関連記事


コメント

  1. 甘栗 | URL | -

    Re:カンファレンスファイナルの日程【NBA_Pacers】

    ゲーム5だけを見た人なら、どうしてこのチームがここまで残ってたの?
    って思ったに違いない醜いゲームをしてしまったのに、ゲーム6では見事な立て直し。
    ヒルの存在のでかさ、というか、このチームはスターター5人が揃ってなんぼのチームなんだと改めて思いました。
    5人がそれぞれを補完し合える、すばらしい5人でした。
    MIAに勝つには、ベンチの誰かがこの5人に引けを取らない活躍を見せる、そしてポールの大爆発を期待してます。
    まだまだプレイオフ楽しめそうです。

  2. nykmsg | URL | FPS0ebGA

    Re:カンファレンスファイナルの日程【NBA_Pacers】

    31Iscreamさん

    IND準決勝進出おめでとうございます!

    第6戦はNYKらしいオフェンスがまずまずできたと思いますが、
    逆にINDオフェンスを止められませんでした。
    FG被成功率50%は問題です。
    序盤は特にINDオフェンスがボールを早く運び、
    チャンスあらばゴールまで一人でも
    果敢に狙ってきている印象でした。
    ポールはFT以外のオフェンスは複調してましたね。
    厳しい態勢からのシュートも決めていました。
    ランスにはやられました。
    正直、そこまで警戒していなっかたです。。。。。
    すいません、侮っていました(涙)ランスいい選手ですね。
    ただ、個人的に一番のハイライトはやはりヒバートの
    メロダンクに対するブロックでした。
    あのブロックが流れを変えたといってもいいほどの
    ビッグプレイでした。

    シリーズを振り返ってみると、
    NYKはINDにオフェンスディフェンスの両面で
    インサイドを圧倒されました。
    また、NYKはオフェンスが不調(INDにきっちり守られた)
    なのに対し、INDは毎試合活躍する選手が異なり、
    チーム全体がバランスよい布陣だと感じました。
    完敗です。。。参りました。。。。来年また出直します。。。。

    NYKファンとしては、今回のINDの強固なディフェンスを教訓に
    メロとJRのFG成功率上昇を来年に期待したいです!
    (JRはNYKに戻ってくるか不明ですが、、、)
    あと、アマレとメロの共存を願いたい所です。

    次は、ヒート戦ですが、インサイドを死守しヒートを倒して下さい!
    残りの試合はINDを応援させて頂きます!!
    ポールとレブロンのマッチアップは特にきになります!

    PS.
    私もアイザイア、ブーブリーの暗黒時代から
    NYKを応援していますので、31Iscreamさんの
    INDに対する情熱に共感できました(笑)

  3. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > 甘栗 さん

    ゲーム5のミスの多さは酷かったですね。。。
    ゲーム2はもっと救いようのない酷さでしたが、あれはかえって
    痛みが少なかったかもしれません。

    この5人の素晴らしさを感じると共に、やはりここからは
    5人だけではどうしても勝てないという舞台になってきます。

    このシリーズはオーガスティンがかなりやってくれましたが、
    次も後一人、二人は奮起してくれないとMIAの壁を崩すのは
    難しいと思います。

    あとはポールはFTしっかり決めないと、場合によっては負けた可能性も
    ありますからね。。。しっかりしてもらいたいです。

  4. 31Iscream | URL | gZ7cPoAA

    > nykmsgさん

    プレイオフの中でも名勝負の一つに仲間入りできた試合となったのではないでしょうか。
    あのシャンパートから始まった同点、そして逆転の瞬間はモニターの前で
    普通に真顔になりました。これこそが今年のニックスの怖さでしたね。

    結果的にINDは全員が最後にそれぞれの仕事、それもいつも以上の
    活躍を見せてくれました。このシリーズではスターター5人がそれぞれ
    チームハイのポイントを挙げたそうですし、今シーズンのINDの強さを
    出せたということだと思います。

    客観的に見ればメロ対レブロンも見たかったですが、組み合わせ上、
    負けるわけにはいきませんでした。挑戦権を得た以上、これまでの
    相手に恥ずかしくない試合をしてもらいたいです。

    コメントありがとうございました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://31iscream.blog2.fc2.com/tb.php/1842-5f0f7b83
この記事へのトラックバック


New